GIジョーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
GIジョー GIジョー高額買取
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
GIジョー驚きの買取事例
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
GIジョー高額買取

GIジョー高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

買取項目一覧

GIジョー高額買取


「GIジョー買取」とは?

GIジョーは元々アメリカ生まれのアクションフィギュアです。
身体の全関節が動くリアルさと、全長29センチと言う大柄のサイズで日本でも非常に人気がある玩具です。
日本での販売の歴史は1966年に三栄貿易株式会社によって始めて輸入され、その後、1969年にタカラから販売されるようになりました。
その当時、テレビではアメリカの人気連続テレビドラマ「コンバット」が大人気で、その影響もありGIジョーも大変人気の玩具となりました。

しかし、大柄のサイズゆえ当時の価格でフィギュアは1500円前後、フィギュアが乗るジープなどは5000円以上の価格で子供にとっては高値の花の存在でした。
しかし精密で高級感溢れるフィギュアは今尚、多くの人気を集める商品となっておりますので高価買取が可能となっております。

「GIジョー買取」のシリーズとは?

そんなGIジョーですが最初のシリーズは高価すぎるというイメージがついてしまった為、1970年にはタカラは日本向け商品としてブランド名を「ニューGIジョー」に改めて、顔の造形を日本人好みに改良を加えて発売しました。

また、軍服姿だけでなく「スポーツジョー」シリーズとして、ボクサーやプロレスラーなど当時の日本の子供に親しみやすい方向のモデルも生まれ、ついには当時大流行の「変身」の要素を取り入れた「正義の味方」シリーズも発売されました。
しかしこの路線が大ヒット。
その為、初期のミリタリー色はだんだんと薄くなり、1972年には変身サイボーグシリーズが誕生することとなりました。
そんな幅広いラインナップをお持ちの方、是非買取させて下さい。

「GIジョー買取」の歴史とは?

1963年、米海兵隊を舞台にした人気TVドラマ「The Lieutenant」の放送をきっかけに、それまで女性向けの着せ替え人形として存在していたバービー人形をヒントに男児向けの稼動人形として1964年に発売されたのがGIジョーです。
GIジョーの名前の由来は、古くからアメリカ軍兵士を表す「Government Issue」の頭文字を取って付けられました。
当時のバービー人形は首と肩の一部だけが稼動していましたが、GIジョーは肘・膝を含む全関節が動くように設計されていました。
これにより銃を持ってのリアルで複雑な動きが可能になり、大ヒット商品になりました。
そんなGIジョーの高価買取をお考えの方、是非ご相談下さい。

近年のフィギュアブームによりGIジョーが再評価されるようになりました。
特に1960年~1970年初期のアメリカ、ハズブロー社製の軍隊モデルは保存状態の良いものが少ないので高値で取引されています。

また、GIジョーはそのリアルさから、ユーザーによるカスタムモデルも数多くあります。
顔の部分を映画俳優に似せたモデルやより細かく作成された銃や軍装や装備品などを取り付けたモデルなどが登場しています。
現在のGIジョーはコレクションするだけでなくカスタムベースやハンドメイドカスタムメーカーによってカスタムされ、プレミアがついた製品も登場しています。
そんな、精密でリアルなGIジョーをお持ちであれば是非、買取をご検討下さい。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!