タカラ製 マグネモ 超合金の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ製 マグネモ 超合金 タカラ製 マグネモ高額買取
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ製 マグネモ驚きの買取事例
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ製 マグネモ高額買取

タカラ製 マグネモ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

DX超合金
DX超合金
アーク アークロン合金
アーク アークロン合金
ガイキング 超合金
ガイキング 超合金
グレンダイザー 超合金
グレンダイザー 超合金
クローバー ダイカスト合金
クローバー ダイカスト合金
ゲッターロボ 超合金
ゲッターロボ 超合金
ゴールドライタン
ゴールドライタン
ゴレンジャー 超合金
ゴレンジャー 超合金
コンバトラーV 超合金
コンバトラーV 超合金
スーパーロボット超合金
スーパーロボット超合金
ダイモス 超合金
ダイモス 超合金
タカトク Z合金
タカトク Z合金
タカラ製 マグネモ
タカラ製 マグネモ
タケミ製 ビッガー合金
タケミ製 ビッガー合金
ダルタニアス 超合金
ダルタニアス 超合金
トミー 超合金
トミー 超合金
ブルマァク Z合金 ジンクロン合金
ブルマァク Z合金 ジンクロン合金
ポピー 超合金
ポピー 超合金
ポピニカ魂
ポピニカ魂
ボルテスV 超合金
ボルテスV 超合金
マクロス 超合金
マクロス 超合金
マジンガーZ 超合金
マジンガーZ 超合金
ヨネザワ ダイカスト合金
ヨネザワ ダイカスト合金
ロボコン 超合金
ロボコン 超合金
大人の超合金
大人の超合金
仮面ライダー 超合金
仮面ライダー 超合金
戦隊 超合金
戦隊 超合金
魂SPEC
魂SPEC
超合金楽
超合金楽
超合金魂
超合金魂
電脳超合金
電脳超合金
中嶋製作所製 ウルトラ合金
中嶋製作所製 ウルトラ合金
野村トーイ ダイキャスト合金
野村トーイ ダイキャスト合金
丸越 ビクトラー合金
丸越 ビクトラー合金
勇者ライディーン 超合金
勇者ライディーン 超合金

買取項目一覧

タカラ製 マグネモ 超合金高額買取

「タカラ製マグネモ」とは?

タカラ製のマグネモは、1970年代に現在のタカラトミーであるタカラがスポンサーとなって放送された、マグネモ規格のロボットアニメシリーズとなっています。

これはその後続編も放送されています。その中でタカラ製のロボット玩具のことをマグネモといいますが、その特長は次のようになっています。金属製の丸い関節と、永久磁石によって各パーツの脱着や交換をすることができます。これは当時の子供達にとっては非常に画期的なおもちゃとなっていました。パーツの交換に関しては、ほかの製品の同じ部位と交換をすることができるようになっています。

「タカラ製マグネモ」のシリーズとは?

タカラ製のマグネモにはいくつかのシリーズが発売されています。

主要金属球をジョイントさせるミリメートル単位の直径を表す数字が付いているマグネモ8や11があります。マグネロ簿という名前は、第2作となっているマグネロボガ・キーンから付けられています。クリア鉄鋼ジーグやブラック鉄鋼ジーク、このほかにはパーンサロイドやマリンスタイルやビッグシューターなどのシリーズがあります。

各パーツを交換させることができるので、いくつものアレンジを楽しむことができるのが大きな特長です。またマグネモのコンセプトとはほかの会社のロボットにも影響を与えています。

「タカラ製マグネモ」の歴史とは?

タカラ製のマグネモはロボット玩具として非常に人気があります。

1976年から1977年に放送された第2作のマグネロボガ・キーンからこの名前が付いていますが、1作目の鉄鋼ジーグの時には存在しませんでした。しかしこれは最終的に映画で3作まで製作されています。
したがって最終的にマグネロボシリーズと呼ばれるようになりました。この中でも鉄鋼ジーグはとくに人気が高くなっており、1988年に復刻されています。そしてスーパーロボット大戦シリーズにも登場し、作品やおもちゃを知らない人たちにも知れ渡ります。そして続編が2007年から放送されおもちゃの発売も行われています。


現在でもたくさんのおもちゃがありますが、タカラ製のマグネモは会社のほかのおもちゃに活かされるだけではなく、ほかの会社のロボットにも影響しています。

ロボットの主な関節は丸い球のマグネット関節となっているので、磁力が大切です。タカラトミー製のマグネロボとのパーツ交換に関しては、バンダイのほうが少し磁力が弱くなっています。パーツ交換に関しては、ジョイントさせる径が少し違うなどもあります。
2008年9月にジーエムズコーポレーションから発売されたBRAVE合金は、マグネモ11とマグネモ8との互換性があります。このように商品の展開は広がりを見せています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!