ネットモデル 模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ネットモデル 模型 ネットモデル高額買取
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ネットモデル驚きの買取事例
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ネットモデル高額買取

ネットモデル高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

JALUX
JALUX
アエロクラシックス
アエロクラシックス
インフライト
インフライト
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウイングクラブ
ウイングクラブ
ガリバー
ガリバー
ゲインコープ
ゲインコープ
コーギー (CORGI)
コーギー (CORGI)
ゴールデンウイング
ゴールデンウイング
ジェットエックス (Jet-x)
ジェットエックス (Jet-x)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
スタージェッツ (StarJets)
スタージェッツ (StarJets)
センチュリーウイングス
センチュリーウイングス
ダイカスト模型
ダイカスト模型
ダイカストモデル
ダイカストモデル
ダイキャスト模型
ダイキャスト模型
ダイキャストモデル
ダイキャストモデル
ドラゴン
ドラゴン
ドラゴンウイング (DragonWings)
ドラゴンウイング (DragonWings)
ネットモデル
ネットモデル
パックミン (pacmin)
パックミン (pacmin)
ビッグバード (Big bird)
ビッグバード (Big bird)
フェニックス (Phoenix)
フェニックス (Phoenix)
フランクリンミント
フランクリンミント
ブルーボックス
ブルーボックス
ヘルパ (herpaWings)
ヘルパ (herpaWings)
ホーガン (hogan)
ホーガン (hogan)
ホビーマスター (HM)
ホビーマスター (HM)
マッチボックス(MatchBox)
マッチボックス(MatchBox)
軍用機模型
軍用機模型
航空機模型
航空機模型
戦闘機模型
戦闘機模型
全日空商事
全日空商事
飛行機模型
飛行機模型
旅客機模型
旅客機模型

買取項目一覧

ネットモデル 模型高額買取

「ネットモデル模型」とは?


模型のインターネットネットモデル販売会社は検索すればかなりの数でヒットします。
模型は鉄道、飛行機、戦闘機、艦船、自動車などあらゆる種類のものがあります。
自分で組み立てるよりも技術が段違いですので、完成度も高く実際のスケールの100分の1などの精巧さで本物と同じ部品を使っていたり、実際にショールームで飾られていたりとアートやインテリアとしての意味合いもあります。
海外の輸入モデルや軍用機などは実際に目にすることが少ないため、スケールの違いはあっても本物の実態を想像することができ、実際に走行できたりもするためコレクションだけでなく趣味としても活用できます。

「ネットモデル模型」のシリーズとは?

ネットモデルの模型は製造会社が専門にシリーズを作っていることが多く、コレクションを楽しむことができます。
例えば同じスケールにして車種を異なるシリーズを発売したり、軍用機を国別に販売したり、カーレースの車両を年度別にグランプリをとったものだけを製造したりと見ていて飽きることなく、知識も増やすことができます。
スプレーの仕上げの工程を同じにして、エアブラシの質感を同じ仕上げにしたりと技術面での工夫をしている場合もあります。
同じスケールの場合には付属やオプションの飾り台を購入することで、一定の間隔で飾ることができます。

「ネットモデル模型」の歴史とは?

ネットモデルの模型のオリジナルは日本では1950年ごろに流行したアメリカからの輸入品だと考えられます。男子のおもちゃとしてプラモデルが発売されるようになりましたが、海外では1930年代にすでに飛行機メーカーが戦闘機や爆撃機を72分の1スケールで発売していたことが知られています。
鉄道模型ではもっと歴史が古く、最初にブリキのおもちゃが発売されていたといわれています。鉄道制度がスタートしたのは欧米では19世紀末で鉄道模型もそのころに発売されていました。日本でも明治時代に鉄道模型が作られたといわれています。


ネットモデルでは模型をコレクションしていくうちに、それぞれの歴史を知ることになります。
単なるおもちゃや飾り物としてだけでなく、知識も身に着けることができ、それに関わってきた多くの人物の足跡をたどることになります。
1体数万円と値段もはるものが多いですが、自分で手作りしたプラモデルとの完成度の違いについては目にも明らかなはずですし、実際のモデルと同様の部品を利用していたり、細部まで再現していたりする精巧さについてはまさに芸術作品といえます。
金属を金型に流し込んで固めるダイキャストという鋳造方法を用いていることが多く、工業技術の発達の過程にも興味がわいてくるようになるはずです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!