戦闘機模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型 戦闘機模型高額買取
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型驚きの買取事例
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型高額買取

戦闘機模型高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

JALUX
JALUX
アエロクラシックス
アエロクラシックス
インフライト
インフライト
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウイングクラブ
ウイングクラブ
ガリバー
ガリバー
ゲインコープ
ゲインコープ
コーギー (CORGI)
コーギー (CORGI)
ゴールデンウイング
ゴールデンウイング
ジェットエックス (Jet-x)
ジェットエックス (Jet-x)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
スタージェッツ (StarJets)
スタージェッツ (StarJets)
センチュリーウイングス
センチュリーウイングス
ダイカスト模型
ダイカスト模型
ダイカストモデル
ダイカストモデル
ダイキャスト模型
ダイキャスト模型
ダイキャストモデル
ダイキャストモデル
ドラゴン
ドラゴン
ドラゴンアーマー (DRAGON ARMOR)
ドラゴンアーマー (DRAGON ARMOR)
ドラゴンウイング (DragonWings)
ドラゴンウイング (DragonWings)
ネットモデル
ネットモデル
パックミン (pacmin)
パックミン (pacmin)
ビッグバード (Big bird)
ビッグバード (Big bird)
フェニックス (Phoenix)
フェニックス (Phoenix)
フランクリンミント
フランクリンミント
ブルーボックス
ブルーボックス
ヘルパ (herpaWings)
ヘルパ (herpaWings)
ホーガン (hogan)
ホーガン (hogan)
ホビーマスター (HM)
ホビーマスター (HM)
マッチボックス(MatchBox)
マッチボックス(MatchBox)
軍用機模型
軍用機模型
航空機模型
航空機模型
戦闘機模型
戦闘機模型
全日空商事
全日空商事
飛行機模型
飛行機模型
旅客機模型
旅客機模型

買取項目一覧

戦闘機模型高額買取

「戦闘機模型」とは?


戦闘機模型とは、第一次世界大戦、第二次世界大戦などで活躍した歴代の戦闘機や、現在使用されている最新鋭の戦闘機までの模型のことをいいます。
開発している主なメーカーとしては、「株式会社タミヤ」や「株式会社ハセガワ」などが有名どころです。タミヤでは、1/48スケール、1/72スケール、1/32スケール、1/100スケールなどのラインナップがあり、ハセガワでも、1/48スケール、1/72スケールモデルなどがあります。特に、第2次世界大戦当時のゼロ戦や現在でも活躍するトムキャットやF16、FA-18などのモデルが人気になっています。

「戦闘機模型」のシリーズとは?

戦闘機模型のシリーズには、1/48スケール、1/72スケール、1/32スケール、1/100透けるなどのラインナップがあります。
その中でもカテゴリー分けすると、B29などに代表されるような大型の爆撃機タイプと、ドッグファイトをしていたプロペラ機やジェット機などのタイプがあります。プロペラタイプの代表例としては、日本のゼロ戦や、アメリカのマスタングなどが挙げられます。ジェット機では、映画「トップガン」でも使用された、F14トムキャットや、日本の自衛隊でも導入されているF-15、アメリカの最新鋭機のFA-18などがあります。

「戦闘機模型」の歴史とは?

戦闘機模型を開発している、タミヤは1946年に創立され、開発当時は船舶や飛行機などの木材模型を販売していました。1950年になると、アメリカからプラモデルが輸入され始め、1960年よりタミヤでのプラモデルの開発に成功しました。タミヤとしてのプラモデルのデビュー作は「戦艦大和」でしたが、1960年代後半になると、戦闘機模型も開発されるようになりました。
一方、ハセガワは、1941年に創業し、やはり当初は木製の模型を販売していました。1961年にプラモデル業界に参入し、「グライダー」、「戦艦大和」などを開発しました。同じ年にはスターファイターやムスタングなどの戦闘機を開発し、1970年のイギリスIMA社との提携により、「飛行機のハセガワ」として有名になるようになりました。


戦闘機模型は、タミヤやハセガワから販売されていますが、車や船などの模型と比較すると、パーツが大きく組み立てやすい特徴があります。比較的初心者でも簡単に組み立てることができて、プラモデルの入門に適している模型といえます。
マニアの間では、より実機に見えるようにするために、塗装に工夫を施しています。特に戦闘機模型は迷彩色が使用されていることが多く、エアブラシでの絶妙なテクニックが必要になります。また、戦闘機で頻繁に使用されるシルバーの塗装は他の色に比べて塗料のノリが悪いので塗装が難しく、自動車模型や旅客機模型などとは一味違う腕試しができます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!