ダイカストモデルの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル ダイカストモデル高額買取
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル驚きの買取事例
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル高額買取

ダイカストモデル高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

JALUX
JALUX
アエロクラシックス
アエロクラシックス
インフライト
インフライト
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウィッティーウイングス (Witty wings)
ウイングクラブ
ウイングクラブ
ガリバー
ガリバー
ゲインコープ
ゲインコープ
コーギー (CORGI)
コーギー (CORGI)
ゴールデンウイング
ゴールデンウイング
ジェットエックス (Jet-x)
ジェットエックス (Jet-x)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
ジェミニジェッツ (GeminiJets)
スタージェッツ (StarJets)
スタージェッツ (StarJets)
センチュリーウイングス
センチュリーウイングス
ダイカスト模型
ダイカスト模型
ダイカストモデル
ダイカストモデル
ダイキャスト模型
ダイキャスト模型
ダイキャストモデル
ダイキャストモデル
ドラゴン
ドラゴン
ドラゴンアーマー (DRAGON ARMOR)
ドラゴンアーマー (DRAGON ARMOR)
ドラゴンウイング (DragonWings)
ドラゴンウイング (DragonWings)
ネットモデル
ネットモデル
パックミン (pacmin)
パックミン (pacmin)
ビッグバード (Big bird)
ビッグバード (Big bird)
フェニックス (Phoenix)
フェニックス (Phoenix)
フランクリンミント
フランクリンミント
ブルーボックス
ブルーボックス
ヘルパ (herpaWings)
ヘルパ (herpaWings)
ホーガン (hogan)
ホーガン (hogan)
ホビーマスター (HM)
ホビーマスター (HM)
マッチボックス(MatchBox)
マッチボックス(MatchBox)
軍用機模型
軍用機模型
航空機模型
航空機模型
戦闘機模型
戦闘機模型
全日空商事
全日空商事
飛行機模型
飛行機模型
旅客機模型
旅客機模型

買取項目一覧

ダイカストモデル高額買取

「ダイカストモデル」とは?


ダイカストモデルとは、金型鋳造にて作られた、金属などのパーツをくみ上げて造られた模型のことです。
鉄道模型や、自動車模型、航空機模型などのラインナップがあります。金属製品ということと、ディテールまで再現されていて、本物により似せて作られているうえ、自動車であればドアが開くなどの機能も充実しています。

高級感があるため、子どものおもちゃというよりは、大人のおもちゃとしての位置づけが強くなっています。もともと、完成しているタイプのものや、自分で組み立てるタイプのものなどがあります。最近では、毎週少しずつパーツを販売する雑誌なども出ています。

「ダイカストモデル」のシリーズとは?

ダイカストモデルのモデルとしては、鉄道模型、自動車模型、航空機模型などがあります。
特に豊富な品ぞろえがあるのが、自動車模型です。自動車模型の場合、1/43スケールや、1/43スケール等のラインナップが豊富で、1/12スケールなどの大きなモデルまであります。
鉄道模型の場合は、Nゲージなどが主流な製品で、1/80から1/176スケールのサイズが中心となっています。航空機模型の場合は1/100スケールや1/200スケールなどが中心ですが、1/72スケールなどのビッグサイズなども存在しています。ラインナップとしては、外国製品から日本製品まで様々です。

「ダイカストモデル」の歴史とは?

ダイカストモデルの普及は、1838年に、もともと文字を印刷するための活字からはじまりました。日本でのダイカストの製造が開始されたのは、1917年です。1930年代には、軍事産業などに利用するために、ダイカスト製品が製造されるようになりました。
戦後には、1949年にカメラのボディーなどの民生品にダイカスト技術が生かされるようなり、1953年には日本での高純度亜鉛の開発に成功し、より精巧なダイカストモデルが開発できるようになりました。
模型などのホビー用品に、ダイカスト技術が応用されるようになったのは1960年代に入ってからです。


ダイカストモデルは、金属パーツにより組み立てられています。最近の模型は構造自体も、実物により近づけて造られていますので、自分で本物の構造を理解しながら組み立てる歓びも味わうことができます。また、組み立て後も、分解をして再組立てして、自分でメンテナンスができるなどの楽しみもあります。
また、自分でオリジナルの塗装を施したり、オリジナルのパーツを装着するなどの楽しみ方もあります。また、航空機模型などの分野では、縮尺をそろえた模型を用意することにより、ジオラマを造り空港などを再現して楽しむ人も多数います。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!