ゲームボーイの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゲームボーイ ゲームボーイ高額買取
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゲームボーイ驚きの買取事例
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゲームボーイ高額買取

ゲームボーイ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

Nintendo(任天堂) 64DD
Nintendo(任天堂) 64DD
ワンダースワン クリスタル
ワンダースワン クリスタル
PCエンジン スーパーグラフィックス
PCエンジン スーパーグラフィックス
光速船
光速船
ピピンアットマーク
ピピンアットマーク
PCエンジンGT
PCエンジンGT
ぴゅう太
ぴゅう太
メガジェット(MEGA JET)
メガジェット(MEGA JET)
PCエンジンLT
PCエンジンLT
カセットビジョン
カセットビジョン
プレイディア Playdia
プレイディア Playdia
PCエンジンDUO
PCエンジンDUO
TV JACK
TV JACK
レーザーアクティブ
レーザーアクティブ
PCエンジンDUO-R
PCエンジンDUO-R
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームボーイアドバンスSP
ファミコン クラシックミニ
ファミコン クラシックミニ
ワンダーメガ RG-M2
ワンダーメガ RG-M2
スーパーCDロムロム
スーパーCDロムロム
オデッセイ(ODYSSEY)
オデッセイ(ODYSSEY)
アタリ  2600 8000
アタリ 2600 8000
テラドライブ
テラドライブ
アタリ リンクス Lynx
アタリ リンクス Lynx
PSP go
PSP go
テルスター(TELSTAR)
テルスター(TELSTAR)
PCエンジン シャトル
PCエンジン シャトル
ツインファミコン
ツインファミコン
Psone
Psone
プレイステーションVR(プレステVR)
プレイステーションVR(プレステVR)
PCエンジン コアグラフィックス
PCエンジン コアグラフィックス
ファミコン ディスクシステム
ファミコン ディスクシステム
MSX
MSX
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
セガ マスターシステム
セガ マスターシステム
PSX
PSX
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ポン(PONG)
ポン(PONG)
ゲームポケコン
ゲームポケコン
3DO
3DO
CDロムロム
CDロムロム
Hu-Card(ヒューカード)
Hu-Card(ヒューカード)
LSIゲーム
LSIゲーム
Nintendo(任天堂) 3DS
Nintendo(任天堂) 3DS
Nintendo(任天堂) 64
Nintendo(任天堂) 64
Nintendo(任天堂) DS
Nintendo(任天堂) DS
Nintendo(任天堂) DS Lite
Nintendo(任天堂) DS Lite
PC-FX
PC-FX
PCエンジン
PCエンジン
PS Vita
PS Vita
PSP
PSP
Wii
Wii
WiiU
WiiU
XBOX
XBOX
XBOX360
XBOX360
XBOX One
XBOX One
ゲームウォッチ
ゲームウォッチ
ゲームギア
ゲームギア
ゲームキューブ
ゲームキューブ
ゲームボーイ
ゲームボーイ
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンス
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
セガ・マークIII
セガ・マークIII
セガサターン
セガサターン
ディスクカートリッジ
ディスクカートリッジ
ドリームキャスト
ドリームキャスト
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
ファミコン
ファミコン
ファミコン カセット ソフト
ファミコン カセット ソフト
プレイステーション(プレステ・PS)
プレイステーション(プレステ・PS)
プレイステーション2(PS2)
プレイステーション2(PS2)
プレイステーション3(PS3)
プレイステーション3(PS3)
プレイステーション4(PS4)
プレイステーション4(PS4)
メガCD
メガCD
メガドライブ
メガドライブ
ワンダースワン
ワンダースワン

買取項目一覧

ゲームボーイ高額買取

「ゲームボーイ」とは?


ゲームボーイとは、任天堂が1989年4月21日に発売した携帯ゲーム機です。
1980年から発売されていたゲーム&ウォッチの後継機種として開発され、以降、任天堂を代表する携帯ゲーム機へと進化していきました。

ゲームボーイの発表以降、日本国内で3247万台、世界累計で1億1869万台の売り上げを達成し、ゲーム業界における1大ムーブメントを巻き起こしました。

初代機は、モノクロの反射式SNT液晶やロムカセット方式を採用、別売りのロムカセット(ゲームソフト)とゲームボーイ本体を組み合わセル形式です。
これは、1983年に発売されたファミリーコンピュータと同じ方式でした。

また、単3乾電池4本、あるいは専用充電池を接続すればどこでもプレイできることや専用ケーブルを接続すれば、友人と対戦できることが人気を呼びました。

「ゲームボーイ」の歴史とは?

ゲームボーイの歴史は、携帯ゲーム機の歴史でもあります。
1980年台に一世を風靡したゲーム&ウォッチは、本体とソフト一体型でした。
1つのゲームを遊ぶためには1つの本体を購入しなければならず、別のゲームで遊びたい時には、新しく本体を購入しなければなリませんでした。

1989年のゲームボーイの発売以降、本体とロムカセットの別売り主流となります。
複数のロムカセットを購入して、アクションゲームやロールプレイングゲーム、シミュレーションゲームやアドベンチャーゲームなど様々なジャンルのゲームを遊べるようになり、利便性が大きく向上し、好みのゲームや得意なゲームを楽しめるようになったのです。

友人同士で遊べる通信機能も導入されました。
通信ケーブルを用いて対戦するだけでなく、キャラクター情報をやり取りするようになり、一人で遊ぶだけでなく、友人で集まって遊ぶゲームという新しい境地を開いたのです。

「ゲームボーイ」のシリーズとは?

1989年に発売された初代機は、画面のコントラストも自分に合わせて調整が必要でした。
初期型では単三電池4本とイヤホンを付属したパッケージが販売されていましたが、後期型では別売りになりました。

1996年7月に発売された2代目ゲームボーイポケットは、軽量化コンパクトを実現しポケットに入るサイズになりました。
はっきりとした白黒のモノクロ液晶に変更され、単4電池2本で稼働します。
後期型は電池残量を表示するランプを搭載し、手頃な価格が評判を呼びました。
1998年4月に発表された3代目ゲームボーイライトは、初めてのバックライト搭載モデルです。
青緑色のバックライトを採用したことで暗い部屋でも愉しめる性能を備えており、単三電池2本で稼働しました。

1998年10月に発売されたのが4代目ゲームボーイカラーです。
待望のカラーTFT液晶を搭載しコントラスト調整も不要になりました。
カラー専用のロムカセットが必要になりましたが、既存のロムカセットでも遊べるほか、赤外線通信機能を搭載していました。

2001年になると横長へとデザイン変更された5代目ゲームボーイアドバンスが発売されました。
筐体の左右上辺にL・Rの2つのボタンを追加、容量の大きいロムカセットを採用し、表現力あるゲームを楽しめます。
ゲームキューブやカード読み込みアダプター、ワイヤレス通信アダプターなど周辺機器が充実しており、様々な新しい遊び方が提案されたことから、評判を呼びました。

折りたたみ式でコンパクトな6代目がアドバンスSPです。
2003年に発表され、後のニンテンドーDSのスタイルに継承されるモデルとなりました。
無色のバックライトでより鮮明なゲームを楽しめることや、充電方式が注目を集めました。

2005年には、ゲームボーイミクロが発表されています。
見た目はファミコンのコントローラーに似ており、胸ポケットにしまえる超コンパクトサイズです。

ゲームボーイは、発売当初から液晶サイズや発色などの色合い、ロムカセットの容量など、携帯ゲーム機ならではの制限との格闘の連続でした。
其の限界を、新たな発想と技術開発により乗り越え、ゲーム人口を拡大したと評価されています。

据え置きゲームにはない持ち運び性能、当時画期的であった友人との通信対戦、乾電池や充電池で稼働し、テレビ本体がなくとも遊べるという利便性は、現在のオンラインゲームやスマホゲームに通じるものがあり、日本やアメリカ、欧州などの先進国だけでなく、途上国にも親しまれる携帯ゲーム機となり、ニンテンドーDSや3DSにも確実に継承されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!