ピピンアットマークの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ピピンアットマーク ピピンアットマーク高額買取
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ピピンアットマーク驚きの買取事例
5月2日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ピピンアットマーク高額買取

ピピンアットマーク高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

3DO
3DO
CDロムロム
CDロムロム
Hu-Card(ヒューカード)
Hu-Card(ヒューカード)
LSIゲーム
LSIゲーム
MSX
MSX
Nintendo(任天堂)3DS
Nintendo(任天堂)3DS
Nintendo(任天堂)64
Nintendo(任天堂)64
Nintendo(任天堂) 64DD
Nintendo(任天堂) 64DD
Nintendo(任天堂)DS
Nintendo(任天堂)DS
Nintendo(任天堂)DS Lite
Nintendo(任天堂)DS Lite
PC-FX
PC-FX
PCエンジン
PCエンジン
PCエンジンDUO
PCエンジンDUO
PCエンジンDUO-R
PCエンジンDUO-R
PCエンジンGT
PCエンジンGT
PCエンジンLT
PCエンジンLT
PCエンジン コアグラフィックス
PCエンジン コアグラフィックス
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
PCエンジン シャトル
PCエンジン シャトル
PCエンジン スーパーグラフィックス
PCエンジン スーパーグラフィックス
PS(プレステ)
PS(プレステ)
PS2(プレステ2)
PS2(プレステ2)
PS3(プレステ3)
PS3(プレステ3)
PS4(プレステ4)
PS4(プレステ4)
PS one
PS one
PS Vita
PS Vita
PSX
PSX
PSP
PSP
PSP go
PSP go
TV JACK
TV JACK
Wii
Wii
Wii U
Wii U
XBOX
XBOX
XBOX 360
XBOX 360
XBOX One
XBOX One
アタリ 2600 8000
アタリ 2600 8000
アタリ リンクス Lynx
アタリ リンクス Lynx
オデッセイ(ODYSSEY)
オデッセイ(ODYSSEY)
カセットビジョン
カセットビジョン
ゲームウォッチ
ゲームウォッチ
ゲームギア
ゲームギア
ゲームキューブ
ゲームキューブ
ゲームボーイ
ゲームボーイ
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームポケコン
ゲームポケコン
スーパーCDロムロム
スーパーCDロムロム
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
セガ・マークIII
セガ・マークIII
セガサターン
セガサターン
セガ マスターシステム
セガ マスターシステム
ツインファミコン
ツインファミコン
ディスクカートリッジ
ディスクカートリッジ
テラドライブ
テラドライブ
テルスター(TELSTAR)
テルスター(TELSTAR)
ドリームキャスト
ドリームキャスト
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
ピピンアットマーク
ピピンアットマーク
ぴゅう太
ぴゅう太
ファミコン
ファミコン
ファミコン カセット ソフト
ファミコン カセット ソフト
ファミコン クラシックミニ
ファミコン クラシックミニ
ファミコン ディスクシステム
ファミコン ディスクシステム
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
プレイステーションVR(プレステVR)
プレイステーションVR(プレステVR)
プレイディア Playdia
プレイディア Playdia
ポン(PONG)
ポン(PONG)
メガジェット(MEGA JET)
メガジェット(MEGA JET)
メガCD
メガCD
メガドライブ
メガドライブ
レーザーアクティブ
レーザーアクティブ
ワンダースワン
ワンダースワン
ワンダースワン クリスタル
ワンダースワン クリスタル
ワンダーメガ RG-M2
ワンダーメガ RG-M2
光速船
光速船

買取項目一覧

ピピンアットマーク高額買取

「ピピンアットマーク」とは?
「ピピンアットマーク」とは、1996年に発売された家庭用ゲーム機です。

ピピンアットマークの開発にあたっては、日本の玩具メーカーにして強力なコンテンツホルダーである「バンダイ」と、当時としては先進的な操作性に優れたGUIを誇り、画像処理や出版関係に強い「アップルコンピュータ」がタッグを組みました。

ピピンアットマークは、家庭用ゲーム機でありながら(当時の)パソコン用OSである「Mac OS7.5.x」と互換性のあるOSを採用し、Machintosh向けのゲームソフトが動作する強みがあります。

また家庭用ゲーム機でありながら、専用モデムを介してインターネットに接続できます。

ピピンアットマークは、単なるゲーム機というだけでなく、本格的マルチメディア端末の入門機としての位置づけであったと言えます。

「ピピンアットマーク」のシリーズとは?

ピピンアットマークのシリーズは、2種類があります。
1996年3月に発売されたモデム同梱のモデルと、1996年6月に発売されたモデム無しのモデルです。

どちらのモデルもCPUにPower PC 603を搭載して66MHzで駆動し、外部記憶メディアとして当時としては高速な4倍速のCD-ROMを備えていました。データ保存エリアであるストレージにはフラッシュメモリを採用し、ハードディスクは備えていません。

ビデオ出力は、日本のテレビに対応するNTSC、アメリカのテレビに対応するPALのほか、パソコン用モニタの規格であるVGAにも対応しています。モデムは14400bpsで、当時としてもやや控えめな性能ですが、まだ動画配信が行われていなかった時期のことなので、これでも実用上は十分な性能であったのです。

オプションには、(モデム無しモデルに対応する)ATMARKモデム、A6サイズのキーボード、フロッピードライブ(まだ当時は記録メディアとしてフロッピーディスクが主流でした)などがあります。

ピピンアットマーク専用のオプショオンではありませんが、アップルコンピュータ製のプリンタである、Color StyleWriter Apple StyleWriter IIが、ピピンアットマークに接続して利用可能です。

「ピピンアットマーク」の歴史とは?

ピピンアットマークの開発は、1990年代前半から中盤です。その頃パソコンと言えばまだテキスト表示が中心で、例外的にアップルのMachintoshがグラフィクスに強く、主にデザインの現場で活躍していました。

インターネットはまだ黎明期といえる状態で、インターネットよりも「パソコン通信」の方が普及していましたが、少しずつ家庭にインターネットが普及し始めた頃でもあります。

グラフィクスに強いMacとOSレベルで互換性を持ち、インターネットへのアクセスも視野に入れたピピンアットマークは、実に先進的かつ意欲的なゲーム機であったと言えます。

ピピンアットマークの最初のモデルが発売されたのは1996年3月です。
ついで、廉価版として、モデムを省略したモデルが1996年6月に発売されました。
後継機はありません。先進的な可能性を秘めたまま市場を去った、いわば「悲運のゲーム機」ともいえるのが、ピピンアットマークです。

ピピンアットマークの魅力は、グラフィクスの美しさと、MacOS互換のOSにあります。
ピピンアットマークは、その希少性からゲーム機のコレクターの間ではレア物として価値が認められ、買取価格は比較的高額です。

また、別の視点から見ると、ガンダムとの関連性が注目されます。ピピンアットマークの開発にバンダイがかかわっていたことから、ガンダムをテーマとしたゲームソフトのラインナップが充実しています。

ガンダムの版権はバンダイの子会社であるサンライズが保有しているため、ガンダムの版権を利用する製品は、事実上バンダイの独占市場となっています。

ガンダムファンにはたまらない、レアなゲーム機。それが、ピピンアットマークの大きな魅力です。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!