ガシャポン戦士 ガチャポン戦士の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン戦士 ガチャポン戦士 ガシャポン戦士 ガチャポン戦士高額買取
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン戦士 ガチャポン戦士驚きの買取事例
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン戦士 ガチャポン戦士高額買取

ガシャポン戦士 ガチャポン戦士高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

買取項目一覧

ガシャポン戦士 ガチャポン戦士高額買取

「ガシャポン戦士 ガチャポン戦士」とは?


ガシャポン戦士は大手玩具メーカー、バンダイの発売している塩ビ製のミニフィギュアシリーズです。ちなみにガチャポン戦士は正式な名称ではありません。バンダイが商標を持つカプセルトイの名称がガシャポンであり、それになぞらえたネーミングになっています。主な販売はカプセル自動販売機で行われています。
商品は機動戦士ガンダムなど人気のあるロボットアニメを中心に、イラストレーター横井孝二氏がディフォルメした二頭身のロボットデザインを塩ビ製フィギュアで立体化。可愛くコミカルなその姿と、2個で100円という手頃な価格が子供たちに受け、商品形態を変えつつ息の長いシリーズになっています。

「ガシャポン戦士 ガチャポン戦士」の歴史とは?

ガシャポン戦士(ガチャポン戦士)がシリーズとしてリリースされたのは1985年が最初です。機動戦士Zガンダムの放送開始と同時期にシリーズが展開され、無彩色フィギュアのシリーズは1996年頃まで続きました。
その後はより1997年よりハイクオリティで彩色済みのSDガンダムフルカラーシリーズとして進歩した商品形態で発売されました。2010年からは可動と組み立てを盛り込んだガシャポン戦士NEXTが発売され、価格は1個200円に、2015年から展開されているガシャポン戦士DASHはより可動と造形をクオリティアップして1個300円で発売されています。

「ガシャポン戦士 ガチャポン戦士」のシリーズとは?

ガシャポン戦士(ガチャポン戦士)は機動戦士ガンダムを中心に発売されていますが、過去には様々なロボットアニメがシリーズ展開されていました。例を挙げると聖戦士ダンバイン、重戦機エルガイム、戦闘メカザブングル、機甲戦記ドラグナーなどが発売されました。中にはガンダムシリーズの商品にシークレットとしてドラグナーが混ざって販売されたこともあります。
またSDガンダムシリーズの中でも通常のガンダムシリーズの他にSD戦国伝シリーズ、SDガンダム外伝シリーズ、ガンドランダーなどガンダムをモチーフにした多様なシリーズがあり、子どもたちの高い支持をえました。

ガシャポン戦士(ガチャポン戦士が)無彩色だった時代は、塩ビに様々な色がついていました、赤や青、黄色といった原色以外にも白やグレーに肌色もありました。
これら基本的にランダムで封入されていたのですが、マニアはそれぞれの商品で色違いを収集する人もいて、その結果、非常にレアなカラーが有ることもわかってきています。また地域により封入されているカラーが違っていたという研究も挙がってきており、マニアによる研究はまだまだ進んでいきそうです。各弾の種類ごとのの封入率もバージョンにより異なっていたことも、明らかになっています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!