タカラトミーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラトミー タカラトミー高額買取
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラトミー驚きの買取事例
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラトミー高額買取

タカラトミー高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

注力買取品一覧

買取項目一覧

タカラトミー高額買取


「タカラトミー」とは?

株式会社タカラトミーは90年以上の歴史を持つ日本のおもちゃメーカーです。
東京都葛飾区に本社があり、資本金は34億5953万円、従業員数は2,086人(2015年3月)です。事業内容は、玩具、雑貨、カードゲームや乳幼児関連商品などの企画、製造及び販売となっています。

タカラトミーは、社会の変化とテクノロジーの進化がめざましい中、子供をとりまく環境、ニーズの変化に合わせて、提供するおもちゃを進化させつつも、子供たちの笑顔を最優先に、安全と細部にこだわる職人魂を持ち続け、ブランドとしての価値を育ててきました。

「タカラトミー」のシリーズとは?

タカラトミーのおもちゃには数々の人気シリーズがあります。
乗用車や働く車など140種類のラインナップを揃えているミニカーシリーズ「トミカ」は、長い歴史を持ちながらいつの時代も男の子に人気があります。トミカの道路シリーズ「トミカシステム」やコラボ商品など関連商品も多くあります。

レールをつなげて憧れの鉄道の世界を作り上げる「プラレール」も、男の子に人気のある50年以上の歴史を持つロングセラー商品です。関連商品も多く、実際の鉄道車両を模した新商品もファンの心をつかみます。
女の子に人気のシリーズが人形遊びができる「リカちゃん」シリーズです。細部までデザインにこだわった洋服やアクセサリーを着せ替えたり、ヘアアレンジを楽しんだりできます。
親子二代に渡って、リカちゃんが好きな人も多くいます。
「こえだちゃん」シリーズも長い間、女の子に愛されているおもちゃです。自然をテーマに世界観が展開された、小さなお人形とカラフルなドールハウスに小さな女の子が夢中になります。

他にも「ポケットモンスター」「トランスフォーマー」「ディズニー」「サンリオ」などのキャラクターが人気のシリーズ、「黒ひげ危機一髪」「人生ゲーム」などのおなじみのゲームのシリーズと、多くのよく知られたシリーズがあります。

「タカラトミー」の歴史とは?

タカラトミーの歴史は、1924年にトミーの前身となる富山玩具製作所が創設されたことから始まります。ここは飛行機玩具の製作で有名でした。
戦後は、大型フリクション玩具が大ヒット、1959年には、プラレールの原型となるおもちゃを発売します。

タカラの前身である佐藤ビニール工業所は、1955年に設立されました。
タカラは、ビニール加工技術を駆使して、ヒット商品を生み、総合玩具メーカーに発展していきました。
トミーも世界に進出していき、国内にも製造拠点を増やしていきます。

1970年代は、両社とも数々のロングセラーのおもちゃを作り出し、世に送り出していきます。
その後、両社は経営の方向を探り、改革や転換を行いながら、新たな道を模索しながら商品を展開していきます。
2006年、タカラとトミーは、相互の得意分野を合わせてさらに発展させるために合併し、おもちゃメーカー「タカラトミー」が生まれました。

タカラトミーのおもちゃは、長い歴史を持つ商品が数多くあります。
子供たちの成長を願って、こだわって作り出したからこそ、いつの時代も愛されるロングセラーが存在するのでしょう。
さらに、時代に沿って、基本を大事にしながらもアレンジを加えることによって、どの時代の子供たちにも新しい感動を持って受け入れられています。

それは、例えば女の子に人気の「こえだちゃん」シリーズにも現れています。
「こえだちゃん」という女の子の人形や「木のおうち」という大きな木を模したドールハウスという基本はそのまま受け継がれていますが、カラーやデザインや機能は時代に合わせて変わり、遊びやすくなっています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!