エポックの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
エポック エポック高額買取
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
エポック驚きの買取事例
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
エポック高額買取

エポック高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

注力買取品一覧

買取項目一覧

エポック高額買取


「エポック」とは?

エポックのおもちゃとは東京都台東区にある大手玩具メーカー、エポック社のおもちゃのことを指します。エポック社は老舗の玩具メーカーとして、数多くの人気商品を発売しているメーカーです。

特にシルバニアファミリーという女児向けドールハウスのシリーズは、1985年に発売されて以降、常に女児に高い支持を受けており、親子2世代で親しまれるシリーズになっていて、人形やハウスが数多く展開されています。
海外でもシルバニアファミリーは人気があり、そのコレクターも国内外に多くいます。また野球盤もエポック社の生み出した人気の玩具の一つです。

「エポック」のシリーズとは?

エポックが発売しているおもちゃのシリーズとしてはまずシルバニアファミリーが挙げられます。
かわいい動物たちの人形と、家やお店などのドールハウスを組み合わせておままごとやなりきりごっこが楽しめます。

その他にはロングセラー商品である野球盤を代表としたアナログゲームもエポック社の代表的な商品です。
またカプセルトイも多くのシリーズを発売しており、カプセルでしか出せないような個性的なミニチュア玩具も人気です。
過去にはデルタックスという金属板で作る男児向けホビーや、スーパーカセットビジョンというテレビゲーム機も発売していました。またドラえもんの玩具を長きに渡り発売していることでも知られています。

「エポック」の歴史とは?

エポックのおもちゃの第1弾は昭和33年、会社の創立と同時に発売された野球盤です。
当時は木製であり、サラリーマンの月給の5分の1ほどと非常に高価ながら、大ヒット商品となりました。そして玩具業界でも頭角を現し、野球盤を代表とするアナログゲームを続々と発売してきます。

日本初のテレビゲームとなるスーパーテニスなど、デジタルゲームも多く手がけていました。
1985年にはロングセラーシリーズであるシルバニアファミリーを発売。また1991年には小学生男児たちの間で大ヒットしたバーコードバトラーや生み出しました。
ファミコンやスーパーファミコンなどのテレビゲームも21世紀初頭まで多く発売していました。
21世紀に入ってからはアクアビーズアートやホイップるといった女児ホビーでヒットを飛ばしています。

エポックのおもちゃの代表とも言える野球盤ですが、玩具業界にとってもエポックとも言える出来事の第1号となりました。
昭和33年に野球盤が生まれたと同時にプロ野球界に生まれた戦後最大のスーパースター長嶋茂雄。その彼を野球盤のテレビCMに起用したのです。

これは玩具のテレビCM第1号であり、今では当たり前のようにテレビでもCMが流れていますが、これは玩具業界にとって大きな出来事でした。
長嶋氏にアポ無しでエポック社の社長がアタックし、巨人の長嶋茂雄ではなく、一個人である長嶋茂雄という特例扱いでCM契約にこぎつけたので、CMの長嶋氏は巨人のユニフォームを着ていないという逸話もあります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!