マシンロボの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マシンロボ マシンロボ高額買取
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マシンロボ驚きの買取事例
5月30日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マシンロボ高額買取

マシンロボ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

BUDDY LEE バディーリー ドール
BUDDY LEE バディーリー ドール
アンティーク おもちゃ 玩具
アンティーク おもちゃ 玩具
ヴィンテージ ビンテージ 玩具
ヴィンテージ ビンテージ 玩具
エンゼル坊や
エンゼル坊や
がんばれ!!ロボコン
がんばれ!!ロボコン
キューピー人形 ドール
キューピー人形 ドール
グリコのおまけ
グリコのおまけ
ケロちゃん
ケロちゃん
サトちゃん
サトちゃん
サンガッツ本舗
サンガッツ本舗
シルバニアファミリー
シルバニアファミリー
セルロイド玩具 人形
セルロイド玩具 人形
ゼンマイ おもちゃ
ゼンマイ おもちゃ
ソニー坊や
ソニー坊や
ダイアクロン
ダイアクロン
タイムスリップグリコ
タイムスリップグリコ
タマゴラス
タマゴラス
ちゃ卵ぽ卵 ウルトラエッグ
ちゃ卵ぽ卵 ウルトラエッグ
ナショナル坊や
ナショナル坊や
プラデラ
プラデラ
ペコちゃん人形 ペコちゃんグッズ
ペコちゃん人形 ペコちゃんグッズ
ホーロー看板 レトロ看板
ホーロー看板 レトロ看板
マシンロボ
マシンロボ
マドレーヌちゃん
マドレーヌちゃん
ミクロマン
ミクロマン
メンコ 面子
メンコ 面子
ラインマー 玩具 おもちゃ
ラインマー 玩具 おもちゃ
レゴ LEGO ブロック
レゴ LEGO ブロック
レトロなおもちゃ
レトロなおもちゃ
広告ノベルティ
広告ノベルティ
昭和のおもちゃ 昭和の玩具
昭和のおもちゃ 昭和の玩具
昭和レトロ
昭和レトロ
古いおもちゃ
古いおもちゃ
変身サイボーグ
変身サイボーグ
昔のおもちゃ
昔のおもちゃ
野球盤
野球盤

買取項目一覧

マシンロボ高額買取

「マシンロボ」とは?
「マシンロボ」は「トランスフォーマー」シリーズのように自動車などの乗り物や戦闘機などが人間型のロボットに変形する玩具で、バンダイから発売されています。

長期に渡って展開されたシリーズで、「テレビランド」などの雑誌でも連載されていましたが、後にアニメ制作会社である「葦プロダクション」によってテレビアニメ版が制作され人気を博しました。アニメ上の設定は正義のロボットと悪の侵略者との戦いを描いた勧善懲悪ストーリーで、2012年には生誕30周年を向かえ食玩としてブランドが復帰され、今尚高い人気を誇るロボットシリーズです。

「マシンロボ」のシリーズとは?

「マシンロボ」はアニメなどのさまざまなメディアで展開され、ポピー(現在はバンダイ)から変形可能なロボット玩具が発売されました。

当時は比較的安く購入することができたので子供たちの間で人気が出て、「ゴーボッツ(GOBOTS)」という名で海外にも進出した作品です。

その後テレビアニメ化され「マシンロボクロノスの大逆襲」が放映されることになり生命を持つロボットの群像劇として制作され、雑誌としては「えれびくん」や「テレビマガジン」で連載されました。

「超合金魂」シリーズとしても発売されていて、子供から大人まで好かれています。

「マシンロボ」の歴史とは?

「マシンロボ」は1982年にポピー(現代のバンダイ)からロボット玩具として発売され、1984年から秘密基地ごっこができるような玩具も登場しています。

1985年に海外進出し、翌年テレビアニメとして「マシンロボクロノスの大逆襲」が放送され、1987年にテレビアニメとして2作目となる「マシンロボぶっちぎりバトルハッカーズ」が放送され、さまざまなロボットが登場しました。

1980年代に一旦マシンロボシリーズは終了しましたが、1992年~1994年に復活版が発売され、1999年~2001年に「出撃!マシンロボレスキュー」が放送され今なお人気が伺えます。

「マシンロボ」の魅力は登場するロボットたちにあり、アニメ版では人気のある「バイカンフー」は主人公ロムに呼び出されることによって登場し、地上のエネルギーとシンクロすることにより自然現象を変えることができる超絶パワーを手にします。

さまざまな必殺技を持ち、「サンダーボルトスクリュー」は空中から蹴り技を繰り出し敵を倒し、『サンダーパンチ」は光と共に敵にパンチを食らわすことが可能です。「天空宙心拳唐竹割り」は敵を真っ二つにする豪快な技で、アクションフィギュアが制作されるなど人気のあるキャラクターの1つで、年月が経っていますが高価買取が期待できます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!