遊星王子 ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
4月4日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
遊星王子 ブリキのおもちゃ 遊星王子高額買取
4月4日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
4月4日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
遊星王子驚きの買取事例
4月4日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
遊星王子高額買取

遊星王子高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

ASC
ASC
ATD
ATD
アオシン
アオシン
アルプス
アルプス
あんそにい
あんそにい
イチダ
イチダ
ウルトラ怪獣
ウルトラ怪獣
ウルトラマン
ウルトラマン
エンゼル
エンゼル
カナメ産業
カナメ産業
ゴジラ
ゴジラ
タイガーマスク
タイガーマスク
ダイトー
ダイトー
タイヨー
タイヨー
タカトク
タカトク
タカラ
タカラ
タダ 多田
タダ 多田
ツクダ
ツクダ
トープレ(東プレ)
トープレ(東プレ)
バンダイ
バンダイ
ビッグX
ビッグX
ビリケン商会
ビリケン商会
ブリキ玩具
ブリキ玩具
ブリキの車・自動車
ブリキの車・自動車
ブリキの戦闘機
ブリキの戦闘機
ブリキの人形
ブリキの人形
ブリキのロボット
ブリキのロボット
ブルマァク
ブルマァク
ポピー
ポピー
ホリカワ 堀川玩具
ホリカワ 堀川玩具
マグマ大使
マグマ大使
マスダヤ(増田屋)
マスダヤ(増田屋)
マルサン
マルサン
ミラーマン
ミラーマン
メグロ オートバイ
メグロ オートバイ
モダントイズ
モダントイズ
ヨシヤ(吉屋)
ヨシヤ(吉屋)
ヨネザワ(米澤玩具)
ヨネザワ(米澤玩具)
ラインマー
ラインマー
ワコー
ワコー
浅草玩具
浅草玩具
黄金バット
黄金バット
大阪ブリキ
大阪ブリキ
仮面ライダー
仮面ライダー
桑原製作所
桑原製作所
月光仮面
月光仮面
鉄人28号
鉄人28号
鉄腕アトム
鉄腕アトム
寺井商店(ダイヤ)
寺井商店(ダイヤ)
日光玩具
日光玩具
野村トーイ
野村トーイ
光球商会
光球商会
松代玩具
松代玩具
三浦トーイ
三浦トーイ
遊星王子
遊星王子

買取項目一覧

遊星王子 ブリキのおもちゃ高額買取


「遊星王子」のブリキ玩具を売るならお任せください!

「遊星王子」は、1958年から1959年の1年間日本テレビ系列で放映された、日本の特撮・連続テレビ映画です。
主人公は、遊星からやってきた王子。地球での仮の姿は「ワクさん」という、銀座の街角で靴磨きをしている青年です。顔が隠れないコスチュームながら、その正体はあくまで不明という、どこかミステリアスな部分も。

遊星王子はストーリーごとに、それぞれ「~篇」というタイトルでDVD-BOXが発売されていますが、中にはフィルム紛失のために未収録な話もあります。 テレビ版に続いて、劇場版も2作品制作されました。

テレビ放映版と劇場版、2種類の「遊星王子」のちがい

遊星王子は、三村俊夫(現:村上不二夫)氏が主役の遊星王子を演じるテレビ版と、梅宮辰夫氏が演じる劇場版で、コスチュームや設定が大きく異なる作品です。

テレビ版の遊星王子は、顔の部分が全く隠れていないコスチュームですが、劇中ではあくまで「正体不明のヒーロー」でした。当時の「ロボット」のイメージを反映して、劇中では大量のブリキのロボットたちが登場し、遊星王子と戦っています。
特筆すべきは、遊星王子の取る両腕を振りかざし,腰を落とした独特の決めポーズ。このファイティングポーズは、のちの特撮ヒーローたちが取る変身ポーズにも大きく影響を与えたといわれています。

劇場版の遊星王子は、目元にマスクをした、よりヒーローらしいコスチュームとなり、宇宙船を所有するなど、よりSF色の強い作風に変更されています。その人気はアメリカまで及び、「プリンス・オブ・スペース」というタイトルで、83分の編集版がテレビ放映されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!