バイオハザードの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バイオハザード バイオハザード高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バイオハザード驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バイオハザード高額買取

バイオハザード高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

BOWEN ボウエン
BOWEN ボウエン
DCダイレクト
DCダイレクト
GIジョー
GIジョー
MAFEX(マフェックス)
MAFEX(マフェックス)
アイアンマン
アイアンマン
アタカス ATTAKUS
アタカス ATTAKUS
アベンジャーズ
アベンジャーズ
ウッドペッカー
ウッドペッカー
エイリアン
エイリアン
エネスコ
エネスコ
エレクトリックティキ
エレクトリックティキ
キャプテンアメリカ
キャプテンアメリカ
クアランティンスタジオ
クアランティンスタジオ
グレムリン
グレムリン
サイドショウ
サイドショウ
ジェントルジャイアント
ジェントルジャイアント
ジョーカー
ジョーカー
スターウォーズ マスターレプリカ
スターウォーズ マスターレプリカ
スタートレック
スタートレック
スヌーピー
スヌーピー
スパイダーマン
スパイダーマン
スポーン SPAWN
スポーン SPAWN
ターミネーター
ターミネーター
ダイアモンドセレクト
ダイアモンドセレクト
ディズニー
ディズニー
トイストーリー
トイストーリー
トイビズ(TOYBIZ)
トイビズ(TOYBIZ)
トゥイーティー
トゥイーティー
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ネカ フィギュア
ネカ フィギュア
バイオハザード
バイオハザード
ハズブロ Hasbro
ハズブロ Hasbro
バッグス・バニー
バッグス・バニー
バットマン
バットマン
ハルク
ハルク
ビフバンパウ
ビフバンパウ
ピンクパンサー
ピンクパンサー
ファンコ
ファンコ
ブラック・ウィドウ
ブラック・ウィドウ
プレデター
プレデター
プレデリアン
プレデリアン
ホークアイ
ホークアイ
ポップカルチャーショック
ポップカルチャーショック
ポパイ
ポパイ
マーベル
マーベル
マイティ・ソー
マイティ・ソー
マクファーレントイズ
マクファーレントイズ
ムーアスタジオ
ムーアスタジオ
メズコトイズ
メズコトイズ
ライトセーバー
ライトセーバー
リビングデッドドールズ
リビングデッドドールズ
ロボコップ
ロボコップ

買取項目一覧

バイオハザード高額買取

バイオハザードの直接の意味は、有害な生物による危険性のことを指し、「生物災害」を意味しています。
日本国外のタイトルとなっている「ResidentEvil」は、「邪悪なる居住者」という意味もあります。

1998年7月23日のアメリカ中西部に位置するアークレイ山の洋館が舞台となっていて、そこで殺人事件の捜査のために潜入した隊員たちが、バイオハザードのウイルスに感染したゾンビたちに見舞われながら戦う姿が描かれた、ホラーアドベンチャーゲームです。
現在は、バイオハザードの実写版映画や、小説、アニメ、パチスロなどもあります。

「バイオハザード」の歴史とは?

バイオハザードは、1996年にカプコンという日本のゲームメーカーがPlayStation用のホラーアドベンチャーゲームとして発売しました。
当初、大ヒットというよりは、とことんマニアックなゲームを作ることを目的としていましたが、発売後、ミリオンセールスを記録し、一躍社会現象となりました。

映画のワンシーンのような第三者目線でキャラクターを捜査する、いわゆるラジコン操作であったため最初はユーザーの戸惑いも多かったようですが、シリーズ作品や、同システムの定着で人気が衰えることもなく、現在もさまざまな商品展開がされています。

「バイオハザード」のシリーズとは?

バイオハザードは、1996年に1作目がプレイステーションで発売されてから、シリーズごとに全く違った変化をとげ、ユーザーを魅了し続けています。

テレビゲームでは、本編シリーズから、リベレーションズなどさまざまで、実写映画でも、毎回舞台が変わり、ウイルスを研究していたアンブレラ社であったり、砂漠地帯であったり、日本の東京もその一つになっています。
毎回、アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチが魅せるアクションは最高にかっこいいです。
映画の内容は続いていますが、シリーズごとに一つ一つ見ても十分楽しめる作品になっています。


バイオハザードは、いつ現れるかわからないゾンビたちにドキドキしながらも、前に進んでいかなければならないスリルや、登場人物であるアリスやジルが戦う姿がとてもかっこよくて、実写版の映画にしてもゲームにしても、最初から最後まで全然飽きることがありません。

シリーズが進むごとにゾンビたちも進化しているし、登場人物もシリーズによっては同じ人物が違った形で登場したりと、どのシーンをとっても見逃せないし、絶対にあなたを楽しませてくれること間違いありません!
バイオハザードは子供から大人までいくつになっても、何回見ても面白い作品です。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!