ポピー 超合金の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ポピー 超合金 ポピー 超合金高額買取
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ポピー 超合金驚きの買取事例
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ポピー 超合金高額買取

ポピー 超合金 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ポピー 超合金高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ポピー 超合金買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

長崎県 T・Tさん

買取依頼品:UFOスペイザー

ポピーから出ている超合金のフィギュアの買取を、お願いしました。大掃除をした時に偶然見つけた物で、状態もそこまでいいとは言えませんでしたが、このまま置いておくのも勿体無いと思い郵送で査定をしてもらいました。個人的にはいらないものだったので、誰か欲しい人に行ってくれると嬉しいです。


埼玉県 I・Sさん

買取依頼品:がんばれロボコン

ポピーから出ている、超合金のおもちゃの買取査定をしてもらいました。いつ買ってもらったのかも忘れるくらい古いものだったのですが、箱も割合綺麗に残っていたので、もしかしたら高く売れるかなと思い売りました。買取価格は思っていたよりも良い値が付いて、売って良かったと思います。


京都府 J・Kさん

買取依頼品:ウルトラセブン 怪獣消しゴム付き

ポピーの超合金ロボを買い取ってもらいました。品物は少し古いものでしたが今まで大切に保管をしていたもので、査定額もその辺りを考慮してもらえたのか思ったよりもいい値段を付けてもらう事ができました。次回から、こちらのお店を利用させてもらおうかと思っています。



超合金 注力買取品一覧

買取項目一覧

ポピー 超合金買取のお取引方法を動画でご説明します!

ポピー 超合金高額買取

「ポピー超合金」とは?

超合金は当時バンダイのキャラクター玩具部門子会社であったポピーが発売した合金製玩具のブランドです。商品はダイキャストと呼ばれる合金を使用したもので、TVアニメ・マジンガーZの作中に出てくる「超合金Z」の名称を流用しています。
この超合金はマジンガーZの硬質感、重量感を見事に再現したことで子どもたちに大いに支持され大ヒットを記録しました。

超合金のヒットにより、玩具業界では同様の合金玩具が多くのメーカーから発売され、男児玩具の定番商品となりました。その後ポピーはバンダイグループの統合により1983年にバンダイ本社の一部となり、現在は超合金はバンダイが所有する商標となっています。

「ポピー超合金」のシリーズとは?

ポピーの超合金にはいくつかのシリーズが有ります。まずは10センチ台のサイズのスタンダード、そして派生として同じくダイキャスト合金を用いた乗り物玩具であるポピニカ、20センチ台の大型商品であるDXです。

DXは当初はスタンダードサイズで変形ギミックを初搭載した勇者ライディーンが発売されましたが、その後簡易ギミック搭載で安価なスタンダード超合金と、劇中の合体や変形ギミックを忠実に再現し、付属品も充実しているまさにデラックスな仕様のDX超合金と分かれていきました。
その他に超合金バッジや世界最小超合金といった小物玩具のシリーズも発売されていました。

「ポピー超合金」の歴史とは?

ポピーから超合金が発売されたのは1974年、その後1975年に変形ギミックを備えた第1号の勇者ライディーンが、1976年には合体ギミックを備えた第1号のコンバトラーVが発売されました。
その後世界の超合金と銘打って海外にも輸出され、未来ロボダルタニアスや六神合体ゴッドマーズなどアニメロボット玩具の定番となりました。
アニメロボットが衰退した後もスーパー戦隊シリーズで発売されていましたが、材料の高騰などで1991年でブランド名が付いた商品の発売が一旦休止されました。

しかし1997年、折から盛り上がっていたお宝ブームや懐かしロボブームを受け、超合金魂と銘打った大人向けのブランドが復活。
マジンガーZが再び大ヒットを記録しました。
その後子供向け商品でも復活し、その後スーパーロボット超合金や大人の超合金といった派生ブランドも現れるなど、日本人の心に根付いたフレーズとして愛されています。


超合金の発売された背景にはオイルショックの影響がありました。1974年当時、前年から発売され大ヒットを記録していたマジンガーZのジャンボマシンダーと呼ばれるポリプロピレン製の60センチ大の商品がありました。しかしオイルショックの影響で材料不足で十分な数の供給ができず、また材料費自体も高騰していました。

その対策として小サイズの商品をポピーでは検討しましたが、ただ小さくしただけでは子供は振り向いてはくれないということで新たな魅力を持った商品の開発が進みました。それがくろがねの城と呼ばれるマジンガーZの鋼鉄感を余すことなく再現できるダイキャスト素材を使用したこぶりなサイズの玩具でした。

ポピーでは劇中の用語を流用し、これを「超合金」と名づけ、子どもたちはさも番組中で使われている素材が本当に使用されたかのように錯覚し、こぞってこの超合金を買い求めたのでした。当時はダイキャストの成形技術も未発達で、マジンガーZは合計4バージョン作られ、その度に仕様が進歩しています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!