タカトク Z合金 超合金の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトク Z合金 超合金 タカトク Z合金高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトク Z合金驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトク Z合金高額買取

タカトク Z合金 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! タカトク Z合金高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

タカトク Z合金買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

東京都 J・Kさん

買取依頼品:ヤッターマン ヤッターアンコウ など

タカトクトイスから出ているZ合金のフィギュアを昔集めていたのですが、大掃除の際にしまわれていたものを発見し、こちらで査定をしてもらいました。数が結構あったのでまとめ売りのような形になるかな、と思ったのですが、それぞれの玩具に価値があるようで細かく査定してもらう事ができました。


島根県 N・Tさん

買取依頼品:超人ビビューン スタージンガー

タカトクから出されているZ合金の玩具が出てきて、試しに査定をしてもらいました。おもちゃの価値等にはあまり詳しくなかったのですが、送られてきた査定結果を見て驚きました。取りあえず捨てるよりはと思って売ったのですが、結果としてこちらのお店に頼んで良かったと思います。


埼玉県 N・Kさん

買取依頼品:タイムボカン ドタバッタン など

タカトクトイスから出されているZ合金のロボフィギュアを集めています。昔から好きで結構な数を収集していたのですが、中には被っているものもあったので、整頓ついでに買い取ってもらう事にしました。こちらのお店は郵送から入金までの流れもスムーズで、とても使いやすかったです。



超合金 注力買取品一覧

買取項目一覧

タカトク Z合金買取のお取引方法を動画でご説明します!

タカトク Z合金 超合金高額買取

「タカトクZ合金」とは?

タカトクとイスはかつて存在した日本の玩具メーカーです。男児玩具を中心にキャラクター玩具を多く発売していました。仮面ライダーなどの商品化もポピー(現バンダイ)に先駆けて行っており、キャラクター玩具に関しては日本でもパイオニアともいえる存在でしたが、キャラクター玩具の宿命である”番組の人気に売上が左右されやすい”点が弱点となり、1984年にスポンサー番組が不振だったことが大きく影響し倒産をしました。

Z合金は同社が展開していた合金玩具のブランドです。1970年代からはじまった合金玩具ブームにのりタカトクトイスでもメイン商材として1975年頃から倒産まで発売されていました。

「タカトクZ合金」のシリーズとは?

タカトクトイスのZ合金は主に同社がメインスポンサーを務めていたタイムボカンシリーズを中心に発売されていました。

シリーズ第1作のタイムボカンから最終作であるイタダキマンまで一貫してコミカルなメカをタカトクトイスがZ合金を発売しています。その他にXボンバーやメガロマンなどの特撮ヒーローもの、戦国魔神ゴーショーグンやJ9シリーズといったスーパーロボットものなど当時のポピーに負けないほどのキャラクター玩具を発売していました。
また合金玩具のくくりとは別ですが、超時空要塞マクロスの可変バルキリーはその実在戦闘機のようなフォルムに番組通りの3段変形を実現し、大ヒット商品となりました。

「タカトクZ合金」の歴史とは?

タカトクのZ合金はタイムボカンを中心に発売されていましたが、特にヤッターマンでは番組人気と相まって大ヒットを記録しました。一方でXボンバーなどの特撮作品の商品はポピーのスーパー戦隊やウルトラマンに押されることとなり、特撮の商品化は1980年前後でストップしました。

その後は番組に頼らないコンテンツである龍虎巨人ゴーカイザーや、タイムボカンシリーズでもヤットデタマンやイッパツマンではヒロイックなロボットを登場させるなど様々な商品展開を行い、マクロスでは玩具史にも残る可変バルキリーという大ヒット商品を生み出しました。しかしタカトクトイスは一見好調でしたが、マクロスの後番組であるオーガスやイタダキマン、サスライガーといった番組の不振で商品も売上が落ち込み、倒産することとなりました。


タカトクのZ合金は可動範囲やプレイバリューにこだわっていたこともあり、現在でも多くの玩具ファンに愛されています。宇宙魔神ダイケンゴーのZ合金は2形態との合体や、アニメと違和感ないプロポーション、広い可動範囲などそのクオリティは高く評価され、21世紀になって同社の商品を踏襲する形で他メーカーからも商品化が行われています。

またタイムボカンシリーズでもコミカルなメカから力強い頭身のスーパーロボットへの変形ギミックを入れるなど、クオリティや変形ギミックへの追求心が傑作玩具バルキリーの開発につながったとの定評が玩具ファンの中では根付いています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!