野村トーイ ダイキャスト合金 超合金の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ ダイキャスト合金 超合金 野村トーイ ダイキャスト合金高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ ダイキャスト合金驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ ダイキャスト合金高額買取

野村トーイ ダイキャスト合金 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! 野村トーイ ダイキャスト合金高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

野村トーイ ダイキャスト合金買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

栃木県 S・Tさん

買取依頼品:宇宙戦艦ヤマト

野村トーイのダイキャスト合金、戦艦をモチーフとしたフィギュアの買取をしてもらいました。こういうお店があるという事、郵送査定ができるという事を今まで知らなかったのですが、丁寧に説明をしてもらえて簡単に売ることができました。査定も丁寧にしてもらえて、とても良かったです。


長崎県 M・Kさん

買取依頼品:宇宙戦士バルディオス

野村トーイから出ているダイキャスト合金のフィギュアを、買い取ってもらいました。昔と趣味が変わった事もあり、眠っていた物を手放すことにしたのですが、こちらではきちんと妥当な値段をつけてもらう事ができました。入金までの対応もスピーディーで、良かったと思います。


山口県 K・Sさん

買取依頼品:宇宙戦艦ヤマト

野村トーイから出されていたダイキャスト合金というフィギュアを実家で見つけて、ここに買取してもらいました。父のものだという事でしたが、観賞用として大事にしていたのか状態も良く、結構な値段で買取ってもらう事ができました。また新しい持ち主の人に、大切にしてもらえればと思います。



超合金 注力買取品一覧

買取項目一覧

野村トーイ ダイキャスト合金買取のお取引方法を動画でご説明します!

野村トーイ ダイキャスト合金 超合金高額買取

「野村トーイダイキャスト合金」とは?

野村トーイは過去日本にあった玩具メーカーです。女児玩具、ボードゲーム、知育玩具、男児玩具など幅広いジャンルの玩具を発売していました。

その野村トーイが昭和40年台末期から流行した合金玩具の開発に乗り出し、男児向けに発売していたのがダイキャスト合金です。番組としては宇宙戦艦ヤマトをメインに発売していました。宇宙戦艦ヤマトはプラモデルはバンダイ模型が主に手がけていましたが、玩具は野村トーイほか数社から発売されていました。野村トーイはその後1992年にハズブロジャパンに吸収合併、ハズブロジャパンが1998年一時撤退したのと同時に消滅しました。

「野村トーイダイキャスト合金」のシリーズとは?

野村トーイが発売したダイキャスト合金のシリーズ商品としては宇宙戦艦ヤマトの1/850、1/1300スケールのヤマト、ロボットのアナライザーがあります。

ヤマトは放送から時間が経過し、映画化で人気が爆発していた1978年に発売しました。商品はディフォルメを避けて横から見た時に正確なヤマトのフォルムとなるような見せ方をコンセプトにしています。玩具ならではのミサイル発射ギミックも搭載しており、ダイキャストの質感と相まってプラモデルとは違った魅力を放つ逸品でした。アナライザーはマスコット的な合金アイテムでこれもアナライザーのフォルムを忠実に再現しています。

「野村トーイダイキャスト合金」の歴史とは?

野村トーイはダイキャスト合金を宇宙戦艦ヤマトで発売した後もいくつか合金製の玩具を発売しています。

宇宙戦艦ヤマトと同じプロデューサーが手がけたアニメ「宇宙空母ブルーノア」の玩具、プラモデルも1979年に発売していました。ブルーノアは合体ギミック、変形ギミック、艦載ギミックなど玩具としてのプレイバリューを詰め込んだ商品となっていましたが、番組の人気はヤマトに及ばず、あっさりと展開を終了しました。また巨大ロボットアニメ「宇宙戦士バルディオス」ではスタンダード版、合体ギミックを持ったDX版の2種類の合金ロボット玩具を発売していました。


野村トーイのダイキャスト合金などの合金玩具は宇宙戦艦ヤマト、宇宙空母ブルーノア、宇宙戦士バルディオスの3作のみと短命に終わってしまいましたが、いずれもファンは多く、特にバルディオスは変わった変形ギミックを再現した商品として玩具マニアの中でも人気を誇っています。

その変形ギミックとは戦車と空母という全く異なったフォルムを持つ機体2つが、蝶番を使った変形をしながら全く同じフォルムを持つバルディオスの両脚に変形するというものです。逆に脚から変形させると、同じフォルムを持つ2体が全く別の機体にそれぞれ変形するという変形玩具の妙を味わうことができます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!