戦隊 超合金の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦隊 超合金 戦隊 超合金高額買取
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦隊 超合金驚きの買取事例
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦隊 超合金高額買取

戦隊 超合金 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! 戦隊 超合金高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

戦隊 超合金買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

和歌山県 T・Aさん

買取依頼品:トッキュウオー

息子が全く遊ばなくなった烈車戦隊トッキュウジャーのトッキュウオーの超合金がありますので、買取依頼をしました。査定は、私が昔からお世話になっている買取コレクターさんにお願いしました。やはり戦隊物にはとても強い印象があり、今回もとても良い査定で取引しました。


埼玉県 M・Kさん

買取依頼品:忍空戦隊ハリケンジャー 旋風神、轟雷神など

忍風戦隊ハリケンジャーが好きで超合金を持っていましたが、おもちゃ整理のため買取査定に出しました。古いものなのでキズ等はありましたが、できるだけ綺麗にして買取コレクターさんにお願いしました。そしたら、とても高価な買取となりましたので、良かったです。


大阪府 Y・Hさん

買取依頼品:勇者王ガオガイガー

昔、購入した戦隊物の超合金で勇者王ガオガイガーが家にありましたので、買取に出すことにしました。欠品はある状態でしたが、現役で可動や合体ができるので、まずまずの査定だと踏んでいました。買取コレクターに依頼をしましたが、想定以上の査定となり大変満足しています。



超合金 注力買取品一覧

買取項目一覧

戦隊 超合金買取のお取引方法を動画でご説明します!

戦隊 超合金高額買取

「戦隊超合金」とは?

スーパー戦隊といえば1979年のシリーズ開始以来一度も途絶えることがなくシリーズが常に作られ続けている日本の代表的な特撮ヒーロー番組です。

等身大の戦隊ヒーローがクライマックスで巨大なロボに乗り怪人を倒すのが特徴ですが、その巨大ロボが超合金ブランドでポピー(現バンダイ)から商品化をされたのがシリーズの始まりとなります。また戦隊ヒーローの人形も超合金ブランドで発売をされていました。
その後材質の高騰や消費者の嗜好の変化により、超合金ブランドは一旦中止されましたが、時代の流れを受けて復活することもあり、根強いファンがいるシリーズとなっています。

「戦隊超合金」のシリーズとは?

戦隊での超合金は戦隊ヒーローが乗り込む巨大ロボとヒーローの可動フィギュアが発売されていました。戦隊ヒーローの玩具としてはその他に戦隊ロボが発進する戦艦がビッグスケールとして、戦隊ヒーローが乗り込むバイクがポピニカとして、また超新星フラッシュマン以降登場した2号ロボは超合金の名を冠しないDXロボとして発売されることがありました。

バトルフィーバーJ、デンジマンの初期2作品ではビッグスケールがメイン商品であったため、超合金は発進遊びを楽しむサブ商品であり、サイズも小さいものが発売されていましたが、サンバルカン以降は合体機能を搭載し、20センチ台の大型商品となりました。

「戦隊超合金」の歴史とは?

戦隊の超合金は1979年の初代バトルフィーバーJから1991年の鳥人戦隊ジェットマンまでは1号ロボは必ず超合金の名を冠して発売されていました。しかし1992年のジュウレンジャーで1号ロボからそのブランド名が冠されなくなり、超合金の名が復活したのは1998年の星獣戦隊ギンガマンまで7年間待つ必要がありました。
その後はゴーゴーV、ガオレンジャー、ハリケンジャーでは超合金としてロボが発売されましたが、以降再びロボットからそのブランド名は外されています。

一方で戦隊ヒーローも合金を使用した可動フィギュアが超合金ブランドで発売されていましたが、1997年のメガレンジャーを最後に発売はされておらず、その後は戦隊ヒーローはソフビ人形が中心となっています。


超合金というブランド名には根強いファンが多くおり、戦隊でも例外ではありません。バンダイでは戦隊職人というカテゴリを新たに設け、ネットでの受注生産で戦隊の超合金を一部復活させています。

トッキュウジャーでは関節部や一部パーツを子供向けの商品からダイキャスト素材の藻に差し替えたDX超合金トッキュウオー、シンケンジャーでもDX超合金シンケンオーが発売となっています。
またニンニンジャーではオトモ忍シノビ丸やロデオ丸を新規製作し、超合金で発売するなど子供だけではない、大人の戦隊ファンに向けての熱いアプローチを行っています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!