フェニックス (Phoenix) 模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
フェニックス (Phoenix) 模型 フェニックス (Phoenix)高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
フェニックス (Phoenix)驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
フェニックス (Phoenix)高額買取

フェニックス (Phoenix) 関連買取実績

ダイキャスト模型 注力買取品一覧

買取項目一覧

フェニックス (Phoenix) 模型高額買取

「フェニックス(Phoenix)模型」とは?


フェニックス(Phoenix)とは、航空機模型を専門に扱うショップです。主力製品としては、旅客機となりボーイング・エアバス・マクドネルダグラス社など多数の取り扱いがあります。それぞれの機体に対して、世界各国の航空会社のカラーリングのモデルラインナップがあります。その他、戦闘機・ヘリコプターなどの取り扱いもあります。縮窄サイズも1/200スケールから1/400スケールまで品ぞろえも豊富です。
全てがダイキャストモデルとなっていて、独特の質感と高級感を感じられるモデルばかりです。飛行中の飛行機の状態を展示するためのスタンドなどのアクセサリーの品ぞろえもあります。

「フェニックス(Phoenix)模型」のシリーズとは?

フェニックス(Phoenix)の取り扱う模型の主力製品としては、旅客機となります。
1/200スケール・1/250スケール・1/400スケールのラインナップがあり、それぞれについて、ボーイング・エアバス・マクドネルダグラス社などの名機の品ぞろえがあります。世界各国の航空会社のカラーリングモデルがそろっていて、中にはイベント時のオリジナルペイントモデルなどもあります。
その他、FA-18 Honetなどの最新鋭のジェット機や、Super Pumaなどの銭湯ヘリコプターなどの品ぞろえもあります。
アクセサリーとしては展示用スタンドが用意されています。

「フェニックス(Phoenix)模型」の歴史とは?

ダイキャスト関連製品の開発は1900年ころから始まりましたが、1935年前後では、軍事産業にて積極的にこの技術が採用されるようになりました。1950年ころには、カメラなどの民需成人などにダイキャスト技術が採用されるようになり、一般的に普及されるようになりました。
ダイキャスト技術を使用した、模型などが登場したのは、1960年くらいからになります。最初は自動車模型が多かったですが、その後、航空機モデルも開発・販売されるようになりました。このような時代背景を受け、フェニックス(Phoenix)では、飛行機関連のダイキャストモデルを中心に取り扱う販売店として誕生しました。


フェニックス(Phoenix)は、模型のインターネット販売に力を入れています。1/200スケール・1/250スケール・1/400スケールとカテゴリー分けされていて、B747など機体ごとにラインナップが整理されているのが特徴です。
よって、自分の好きな型式の機体をホームページ上で容易に見つけることができます。それぞれの機体について、写真付きで期待が表示されているため、世界各国のカラーリングの機体の中から、自分の好きな機体をすぐに見つけることができます。
ラインナップの中には、現在現役を引退した懐かしの名機などの品ぞろえもあります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!