戦闘機模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型 戦闘機模型高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
戦闘機模型高額買取

戦闘機模型 関連買取実績

ダイキャスト模型 注力買取品一覧

買取項目一覧

戦闘機模型高額買取

「戦闘機模型」とは?


戦闘機模型とは、第一次世界大戦、第二次世界大戦などで活躍した歴代の戦闘機や、現在使用されている最新鋭の戦闘機までの模型のことをいいます。
開発している主なメーカーとしては、「株式会社タミヤ」や「株式会社ハセガワ」などが有名どころです。タミヤでは、1/48スケール、1/72スケール、1/32スケール、1/100スケールなどのラインナップがあり、ハセガワでも、1/48スケール、1/72スケールモデルなどがあります。特に、第2次世界大戦当時のゼロ戦や現在でも活躍するトムキャットやF16、FA-18などのモデルが人気になっています。

「戦闘機模型」のシリーズとは?

戦闘機模型のシリーズには、1/48スケール、1/72スケール、1/32スケール、1/100透けるなどのラインナップがあります。
その中でもカテゴリー分けすると、B29などに代表されるような大型の爆撃機タイプと、ドッグファイトをしていたプロペラ機やジェット機などのタイプがあります。プロペラタイプの代表例としては、日本のゼロ戦や、アメリカのマスタングなどが挙げられます。ジェット機では、映画「トップガン」でも使用された、F14トムキャットや、日本の自衛隊でも導入されているF-15、アメリカの最新鋭機のFA-18などがあります。

「戦闘機模型」の歴史とは?

戦闘機模型を開発している、タミヤは1946年に創立され、開発当時は船舶や飛行機などの木材模型を販売していました。1950年になると、アメリカからプラモデルが輸入され始め、1960年よりタミヤでのプラモデルの開発に成功しました。タミヤとしてのプラモデルのデビュー作は「戦艦大和」でしたが、1960年代後半になると、戦闘機模型も開発されるようになりました。
一方、ハセガワは、1941年に創業し、やはり当初は木製の模型を販売していました。1961年にプラモデル業界に参入し、「グライダー」、「戦艦大和」などを開発しました。同じ年にはスターファイターやムスタングなどの戦闘機を開発し、1970年のイギリスIMA社との提携により、「飛行機のハセガワ」として有名になるようになりました。


戦闘機模型は、タミヤやハセガワから販売されていますが、車や船などの模型と比較すると、パーツが大きく組み立てやすい特徴があります。比較的初心者でも簡単に組み立てることができて、プラモデルの入門に適している模型といえます。
マニアの間では、より実機に見えるようにするために、塗装に工夫を施しています。特に戦闘機模型は迷彩色が使用されていることが多く、エアブラシでの絶妙なテクニックが必要になります。また、戦闘機で頻繁に使用されるシルバーの塗装は他の色に比べて塗料のノリが悪いので塗装が難しく、自動車模型や旅客機模型などとは一味違う腕試しができます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!