ダイカストモデルの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル ダイカストモデル高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ダイカストモデル高額買取

ダイカストモデル高額買取

「ダイカストモデル」とは?


ダイカストモデルとは、金型鋳造にて作られた、金属などのパーツをくみ上げて造られた模型のことです。
鉄道模型や、自動車模型、航空機模型などのラインナップがあります。金属製品ということと、ディテールまで再現されていて、本物により似せて作られているうえ、自動車であればドアが開くなどの機能も充実しています。

高級感があるため、子どものおもちゃというよりは、大人のおもちゃとしての位置づけが強くなっています。もともと、完成しているタイプのものや、自分で組み立てるタイプのものなどがあります。最近では、毎週少しずつパーツを販売する雑誌なども出ています。

「ダイカストモデル」のシリーズとは?

ダイカストモデルのモデルとしては、鉄道模型、自動車模型、航空機模型などがあります。
特に豊富な品ぞろえがあるのが、自動車模型です。自動車模型の場合、1/43スケールや、1/43スケール等のラインナップが豊富で、1/12スケールなどの大きなモデルまであります。
鉄道模型の場合は、Nゲージなどが主流な製品で、1/80から1/176スケールのサイズが中心となっています。航空機模型の場合は1/100スケールや1/200スケールなどが中心ですが、1/72スケールなどのビッグサイズなども存在しています。ラインナップとしては、外国製品から日本製品まで様々です。

「ダイカストモデル」の歴史とは?

ダイカストモデルの普及は、1838年に、もともと文字を印刷するための活字からはじまりました。日本でのダイカストの製造が開始されたのは、1917年です。1930年代には、軍事産業などに利用するために、ダイカスト製品が製造されるようになりました。
戦後には、1949年にカメラのボディーなどの民生品にダイカスト技術が生かされるようなり、1953年には日本での高純度亜鉛の開発に成功し、より精巧なダイカストモデルが開発できるようになりました。
模型などのホビー用品に、ダイカスト技術が応用されるようになったのは1960年代に入ってからです。


ダイカストモデルは、金属パーツにより組み立てられています。最近の模型は構造自体も、実物により近づけて造られていますので、自分で本物の構造を理解しながら組み立てる歓びも味わうことができます。また、組み立て後も、分解をして再組立てして、自分でメンテナンスができるなどの楽しみもあります。
また、自分でオリジナルの塗装を施したり、オリジナルのパーツを装着するなどの楽しみ方もあります。また、航空機模型などの分野では、縮尺をそろえた模型を用意することにより、ジオラマを造り空港などを再現して楽しむ人も多数います。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!