バービー人形の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バービー人形 バービー人形高額買取
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バービー人形驚きの買取事例
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バービー人形高額買取

バービー人形 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! バービー人形高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

バービー人形買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

北海道 M・Tさん

買取依頼品:ラプンツェル など

バービー人形を買い取ってもらいました。親に買ってもらった物ですが、状態が比較的良かった事もあり、捨てるのが勿体なく思いこちらに査定をしてもらいました。正直あまり期待はしていなかったのですが、しっかりした値段が付いて驚きました。お願いして良かったと思います。


大阪府 H・Hさん

買取依頼品:バービー人形本体、服、小物等

バービー人形の買取をしてもらいました。数は結構あり、パッケージの残っている子もいれば、残っていない子もあって様々でした。査定ではそれらを丁寧に見てもらう事ができて、しっかりした値段を付けてもらえたと思います。初めて利用しましたが、良いお店だったと思います。


群馬県 N・Iさん

買取依頼品:BMFC トレンチセッター・バービー

バービー人形を数体、こちらのお店に買取してもらいました。最初は普通のリサイクルショップで売ろうと思っていたのですが、値段が付きそうになかったのでお願いしました。それぞれの人形に個別に値段を付けてもらえて、結果的にもこちらへお願いして良かったと思います。



ドール 注力買取品一覧

買取項目一覧

バービー人形買取のお取引方法を動画でご説明します!

バービー人形高額買取

「バービー人形」とは?


バービー(Barbie)人形とは、1950年代後半にマテル創始者のルース・ハンドラーによって考案され、日本で開発し製造された立体的なドールです。アメリカの玩具メーカーマテル社が販売し、全長30cmの着せ替え人形として1959年3月9日に販売を始めました。
ルース・ハンドラーが人形遊びが好きな娘の為にバービー人形を考案した由縁から、娘の名前にちなんで「バービー」と名付けたといわれています。世界中の少女の夢を叶える着せ替え人形だけだはなく、大人の女性がコレクションとして買い求める事も多く、幅広い世代の女性を魅了するファッションドールとして今も愛されています。

「バービー人形」の歴史とは?

1950年後半に考案者ルース・ハンドラーが、スイス旅行に行った際に娘の為にお土産として購入したセクシードール・リリィ(Lilly)が元になったといわれています。
初期のバービー人形は日本で製造し販売をしていました。当時の日本はアメリカや他国と比べ人件費も安く、繊維作業も発展していたので人形本体だけでなく着せ替え衣装も同時に発注出来るメリットがあり、日本で製造することが決定しました。
1959年に発売開始をし爆発的なヒットを記録、1980年代半ばには大人のコレクター向けの商品展開も始め、全世界の販売数は10億を超えています。

「バービー人形」のシリーズとは?

沢山の種類の中でも一番ナチュラルであり正統派なバービー人形は『ピンクボックス』と呼ばれています。名前の通り、ピンクの箱に入れて販売していることから、この愛称が生まれました。
1985年代に販売されたコレクション向けとして有名ブランドとコラボレーションしたり、映画を題材としたモデルの種類もある『コレクタブルバービー』があり、ピンクレーベル・シルバーレーベル・ゴールドレーベル・プラチナレーベルという4つの種類に分かれます。生産数が後者になる程少なくなり、一番希少とされるプラチナレーベルは生産数1000体以下または限定1体のドールにつけられるレーベルです。
他にも世界の民族衣装や文化を取り上げた『ワールドカルチャー』、シルクストーンとよばれる独特な素材を使用したビンテージフェイスの人気シリーズ『ファッションモデルコレクション』など、まだまだ幅広い種類のバービー人形があります。

バービー人形は1959年代から現代まで長く支持を受けていますが、バービーの顔やスタイル、ファッションセンスはその時代の女性を象徴した細かくも大胆な変化と進化をしています。初代である第一号のバービー人形は流し目で素っ気なくクールな印象を受けますが、77年には歯を見せて笑う明るい表情になりました。男女平等の意識や、女性の社会進出の風潮という当時の社会をバービー人形を通して感じることができます。
米マテル社が掲げたスローガンである『we girls can do anything.』(私たち女の子は何でもできる)という言葉は全世界の全ての女性に夢を叶えてほしいという願いをバービー人形で表現し、それは確実に世界の女性進出の機運を力強く後押ししています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!