遊☆戯☆王とは|キャラクター百科事典【買取コレクター】

おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
百科事典イメージ

遊☆戯☆王とは

「遊☆戯☆王」とは?

遊☆戯☆王とは、高橋和希によって生み出された漫画であり、掲載元は週刊少年ジャンプでした。主人公である武藤遊戯が、千年パズルを仕上げたことで生まれたもう一人の人格である闇遊戯とゲームを通じて格闘を繰り広げるストーリーになっています。最初は多様なゲームが描写されていたものの、その後はカードゲームを主体としたストーリーが描かれるようになりました。
また、この作品内で登場したカードゲームが実際に遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームとして売り出されたのです。そして、遊☆戯☆王は原作終了後もカードゲームを題材にした派生作品が登場しました。

「遊☆戯☆王」概要

遊☆戯☆王の主人公である武藤遊戯ともう一人の人格つまり闇遊戯が、ゲームという名の闘いを展開させていきます。当初は、武藤遊戯と闇遊戯がゲームで相手を打ち負かす話から始まりました。その後、武藤遊戯と闇遊戯のライバルとなる海馬瀬人が登場すると共に、数々のエピソードで絡んできます。
ゲームを通じて闘っていくうちに、闇遊戯に関する過去に触れていくのでした。ストーリーの終盤は闇遊戯に関するものになっており、そこで彼の名前が明らかになります。そして武藤遊戯は、闘いを介して闇遊戯が本来行くべきところへ向かわせました。

「遊☆戯☆王」に登場する人物

遊☆戯☆王の主人公は武藤遊戯であり、同時にもう一人の主役である闇遊戯です。彼らの友人である城之内克也はもともとは友達ではなかったものの、ある出来事を境に親友になります。
そして、遊☆戯☆王の登場人物の中に武藤遊戯と闇遊戯のライバルである海馬瀬人が出てくるのです。武藤遊戯及び闇遊戯は、様々なシーンで海馬瀬人と対峙することになります。
他にも、ヒロインである真崎杏子に本田ヒロトそして祖父の武藤双六が登場するなど、様々な人物が出てくると言えるでしょう。さらに、その時々のストーリーで多くの人間が登場します。
遊☆戯☆王を語る上で欠かせないのがカードゲームであり、原作で登場したモンスターが実際に生み出されて売られたのです。同時に、原作で登場した魔法や罠カードといったタイプも生まれました。カードゲームはパック販売のみならず、デッキという形でも販売されたのです。また、原作内でカードゲームの大会が開催されたように、現実でも開かれました。
遊☆戯☆王で生まれたカードゲームについては国内だけでなく、海外にも広がっていったのです。このように、遊☆戯☆王は原作のみならずカードゲームという観点で接触を図っていいかもしれません。

キャラクター一覧


日本一の高額査定を目指します!