七つの大罪 フィギュアの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
七つの大罪 フィギュア 七つの大罪 フィギュア高額買取
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
七つの大罪 フィギュア驚きの買取事例
10月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
七つの大罪 フィギュア高額買取

七つの大罪 フィギュア 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! 七つの大罪 フィギュア高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

七つの大罪 フィギュア買取の査定の裏側を動画で大公開します!



美少女フィギュア 注力買取品一覧

買取項目一覧

七つの大罪 フィギュア買取のお取引方法を動画でご説明します!

七つの大罪 フィギュア高額買取


「七つの大罪 フィギュア 」とは?

「七つの大罪」のフィギュアとは、ホビージャパンによるWeb・漫画・アニメ連動のメディアミックス作品「七つの大罪」をモチーフとしたフィギュアのことです。
「七つの大罪」は、ホビージャパンによれば、魔王崇拝型コンテンツと称されています。これは、キリスト教における七つの大罪(傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲)をそれぞれ司る魔王という設定の女性キャラクター達がメインに据えられているからです。「七つの大罪」のフィギュアは、「邪心象」シリーズと「新約邪神像」シリーズ、「魔王黙示録」シリーズと、合計3つのシリーズが作成される人気を誇っています。

「七つの大罪 フィギュア 」のシリーズとは?

「七つの大罪」のフィギュアには、オリジナル版となる「邪神像」シリーズ、アニメ化記念で発売されたリニューアル版「新約・邪神像」シリーズ、魔王様たちの日常を描く番外編「魔王黙示録」シリーズの合計3つのシリーズがあります。
「邪神像」シリーズは、「七つの大罪」を司る魔王達がすべて揃えられているシリーズです。その他、同シリーズには、はぐれ魔王として魔王2体が入り、計9種のラインナップが揃っています。「新約・邪神像」シリーズは、人気が高い傲慢のルシファーなど、計4種のフィギュアがリニューアルされたラインナップです。

「七つの大罪 フィギュア 」の歴史とは?

「七つの大罪」は、ホビージャパンにより2011年にWebサイトが開設されたのが始まりです。
2012年には「邪神像」シリーズのフィギュア販売が開始されました。2012年10月にはOVAの企画が発表されましたが実現はされず、2017年4月に改めてテレビアニメ化されました。魔王様たちの隠された日常の姿を描く「魔王黙示録」シリーズは、2014年12月から発売されています。このシリーズでは、傲慢のルシファーの「傲慢の章」、色欲のアスモデウスの「色欲の章」、嫉妬のレヴィアタンの「嫉妬の章」、強欲のマモンの「強欲の章」などが販売されました。

「七つの大罪」は、フィギュアを邪神像と呼ぶほか、ファンを信者、フィギュアを飾ることを安置と呼ぶなど世界観の構築に力を入れています。Webサイトでは、魔王崇拝や黒ミサ(サバト)などを説明しています。それが功を奏し、「七つの大罪」はWebサイトや漫画などで、じわじわと人気を集めてテレビアニメ化を果たしました。
また「魔王黙示録」シリーズはフィギュア作品としても、リアルなポージングと細かな作りこみが目立つ作品が多く、高評価を得ています。買取においては、フィギュア作品としての評価のほかに、メディアミックス作品としての人気の高さを評価されることも多いです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!