バンダイ フィギュアの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バンダイ フィギュア バンダイ高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バンダイ驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
バンダイ高額買取

バンダイ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

ALTER (アルター)
ALTER (アルター)
BEACH QUEENS
BEACH QUEENS
B-STYLE
B-STYLE
D-arts
D-arts
figma(フィグマ)
figma(フィグマ)
G.E.M.
G.E.M.
HGシリーズ
HGシリーズ
HOBBYMAX
HOBBYMAX
mensHdge(メンズエッヂ)
mensHdge(メンズエッヂ)
MMS(マルチムーバブルシステム)
MMS(マルチムーバブルシステム)
ONE PIECE
ONE PIECE
POP P.O.P (Portraits of Pirates) 
POP P.O.P (Portraits of Pirates) 
PUTITTO(プティット)
PUTITTO(プティット)
RAH DX
RAH DX
ROBOT魂
ROBOT魂
S.H.MonsterArts(モンスターアーツ)
S.H.MonsterArts(モンスターアーツ)
S.H.フィギュアーツ 真骨彫
S.H.フィギュアーツ 真骨彫
S.HフィギュアーツZERO
S.HフィギュアーツZERO
S.I.C
S.I.C
TIGER&BUNNY(タイバニ)
TIGER&BUNNY(タイバニ)
アートスピリッツ
アートスピリッツ
アートワークスモンスターズ
アートワークスモンスターズ
アクションフィギュア
アクションフィギュア
アニメフィギュア
アニメフィギュア
アミエグラン
アミエグラン
アメコミ
アメコミ
アメトイ(アメリカントイ)
アメトイ(アメリカントイ)
アルファオメガ
アルファオメガ
一番くじ
一番くじ
ヴァリアントプレイアーツ改(VARIANT PLAY ARTS)
ヴァリアントプレイアーツ改(VARIANT PLAY ARTS)
ヴェルテクス
ヴェルテクス
ウルトラマン
ウルトラマン
エヴァンゲリオン
エヴァンゲリオン
エンターブレイン(ENTERBRAIN)
エンターブレイン(ENTERBRAIN)
エンターベイ(ENTERBAY)
エンターベイ(ENTERBAY)
おとなプライズ
おとなプライズ
海洋堂
海洋堂
カプコン フィギュアビルダー
カプコン フィギュアビルダー
カプセルフィギュア
カプセルフィギュア
仮面ライダー
仮面ライダー
仮面之世界 マスカーワールド
仮面之世界 マスカーワールド
ガンダム
ガンダム
ガンダムガールズジェネレーション(GGG)
ガンダムガールズジェネレーション(GGG)
ギガパルス
ギガパルス
キューブリック(Kubrick)
キューブリック(Kubrick)
キューポッシュ
キューポッシュ
きゅんキャラ ちびきゅんキャラ
きゅんキャラ ちびきゅんキャラ
キン肉マン
キン肉マン
グッドスマイルカンパニー(グッスマ)
グッドスマイルカンパニー(グッスマ)
グリフォンエンタープライズ
グリフォンエンタープライズ
クローズ
クローズ
ゲームセンター
ゲームセンター
ゲームフィギュア
ゲームフィギュア
コトブキヤ(KOTOBUKIYA)
コトブキヤ(KOTOBUKIYA)
コレクト倶楽部
コレクト倶楽部
ジャンプ(JUMP)
ジャンプ(JUMP)
食玩
食玩
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険
進撃の巨人
進撃の巨人
スーパー戦隊
スーパー戦隊
スターウォーズ
スターウォーズ
スタジオ・ハーフ・アイ
スタジオ・ハーフ・アイ
スパイスシード
スパイスシード
聖闘士星矢
聖闘士星矢
セイントクロス(聖闘士聖衣大系)
セイントクロス(聖闘士聖衣大系)
セイントクロスマイス(聖闘士聖衣神話)
セイントクロスマイス(聖闘士聖衣神話)
聖闘士聖衣神話EX
聖闘士聖衣神話EX
セガラッキーくじ
セガラッキーくじ
千値練 センチネル
千値練 センチネル
ソルインターナショナル
ソルインターナショナル
タイトーくじ
タイトーくじ
魂ウェブ
魂ウェブ
超像可動
超像可動
デカッチュ ミニッチュ
デカッチュ ミニッチュ
デスクトップアーミー
デスクトップアーミー
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
刀剣乱舞
刀剣乱舞
特撮フィギュア
特撮フィギュア
ドラゴンボール
ドラゴンボール
ドラゴンボール 超造集
ドラゴンボール 超造集
ドラゴンボールカプセル(ドラカプ)
ドラゴンボールカプセル(ドラカプ)
ドラゴンボールギャルズ
ドラゴンボールギャルズ
ニューライン
ニューライン
ネクスエッジスタイル(NXEDGE STYLE)
ネクスエッジスタイル(NXEDGE STYLE)
ハイブリッドアクションフィギュア
ハイブリッドアクションフィギュア
バンダイ
バンダイ
バンプレスト
バンプレスト
フィギュア 未開封
フィギュア 未開封
フィギュアーツ(S.H.Figuarts)
フィギュアーツ(S.H.Figuarts)
フィギュアライズ
フィギュアライズ
フィギュレックス(FIGUREX)
フィギュレックス(FIGUREX)
プライズフィギュア
プライズフィギュア
フリュー
フリュー
ブリリアントステージ
ブリリアントステージ
プルクラ
プルクラ
プレイアーツ
プレイアーツ
プレイアーツ改
プレイアーツ改
ブロッコリー
ブロッコリー
ベアブリック(BE@RBRICK)
ベアブリック(BE@RBRICK)
ヘキサギア
ヘキサギア

買取項目一覧

バンダイ フィギュア高額買取

『バンダイ』とは?

もはや説明するまでもないほど有名ですが、「バンダイ」はキャラクタープラモデルでお馴染みのおもちゃメーカーです。2005年にはアミューズメント事業を展開するナムコと経営統合されバンダイナムコグループとなり、その中の一企業として今も続いています。

特にガンダム関連のプラモデル販売に特化しており、「プラモデル」という、それまで日本ではほとんどなかった遊び方を広めた功績が注目されています。人気アニメ作品を商品化し、クオリティーの高いおもちゃを販売することについては、日本随一といえるでしょう。

また、バンダイナムコグループ傘下にアニメ製作会社である「サンライズ」を抱えています。ガンダムをはじめとしたロボットアニメ作品や、近年では「アイカツ!」「ラブライブ!」などの人気作品のグッズ販売に特化しているのもバンダイの特徴です。

ガンプラはなぜ売れたのか?

ガンプラには他のプラモデルにはあまり見られない特徴があり、それらがプラモデル人気そのものを支えていると言ってもよいでしょう。

・いろプラ(システムインジェクション技術)の導入
プラモデルといえば、当初は「塗料を自分で用意し、塗装をする」ことが普通でした。しかしキャラクター系モデルの購入層には子供も多くいるものであり、より簡単に組み立て可能にしてほしいという要求は多くありました。

そこでバンダイでは、あらかじめモデルのパーツに合わせた色のプラスチックを作ることで、色を塗る手間そのものを省いてしまったのです。
その技術は今でも進化しており、現在販売されているキャラクター系プラモデルの箱を開ければ、そのカラフルさに驚くことでしょう。

・接着剤不要のはめ込み式(スナップフィット技術)の導入
昔はプラモデルの組み立てには接着剤が必須でした。ガンプラも発売当初は少量の接着剤こそ同梱されていましたが、やはり色塗りと同じく、子供が組み立てるにはとても難易度の高いものだったのです。

バンダイで導入したのは「スナップフィット技術」です。組み合わされるパーツにはそれぞれ凹凸が付いており、それらをはめ合わせることでしっかり固定されるため、接着剤を塗る必要がないのです。

ガンプラによりプラモデル製作の敷居が下がったため、多くのプラモデルファンが生まれました。本格的に接着剤や塗料を用意して、プラモデル作成に没頭するコアなファンを多数産んだことも功績の一部といえるでしょう。

バンダイよもやま話・マメ知識

バンダイといえば、昔はゲームソフトやゲーム機を作成、販売していたこともありました。バンダイ販売のファミコンソフトは、アニメ作品人気に便乗することで100万本を超えるセールスを何本も記録しているものの、ゲームの内容そのものは「低評価ゲーム」として今もなお語り継がれています。

実はゲームハードも販売していたことはマニアに有名です。「ピピンアットマーク」「アルカディア」「RX-78 GUNDAM(堂々とガンダムの名をつけたゲームパソコン)」など販売していましたが、どれも鳴かず飛ばずの業績でした。

ゲーム製作においてはほとんど実績と呼べるものではないバンダイは、やはりプラモデルやフィギュアなどの立体おもちゃこそが真髄です。

フィギュアはもちろん、組み立て済みのプラモデルも「買取コレクター」なら査定可能です! これらには長い歴史があるため、査定するためには特別な知識が必要です。高額買取を狙いたいならぜひご相談を。

買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!