スーパー戦隊 フィギュアの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
スーパー戦隊 フィギュア スーパー戦隊高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
スーパー戦隊驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
スーパー戦隊高額買取

スーパー戦隊高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

ALTER (アルター)
ALTER (アルター)
BEACH QUEENS
BEACH QUEENS
B-STYLE
B-STYLE
D-arts
D-arts
figma(フィグマ)
figma(フィグマ)
G.E.M.
G.E.M.
HGシリーズ
HGシリーズ
HOBBYMAX
HOBBYMAX
mensHdge(メンズエッヂ)
mensHdge(メンズエッヂ)
MMS(マルチムーバブルシステム)
MMS(マルチムーバブルシステム)
ONE PIECE
ONE PIECE
POP P.O.P (Portraits of Pirates) 
POP P.O.P (Portraits of Pirates) 
PUTITTO(プティット)
PUTITTO(プティット)
RAH DX
RAH DX
ROBOT魂
ROBOT魂
S.H.MonsterArts(モンスターアーツ)
S.H.MonsterArts(モンスターアーツ)
S.H.フィギュアーツ 真骨彫
S.H.フィギュアーツ 真骨彫
S.HフィギュアーツZERO
S.HフィギュアーツZERO
S.I.C
S.I.C
TIGER&BUNNY(タイバニ)
TIGER&BUNNY(タイバニ)
アートスピリッツ
アートスピリッツ
アートワークスモンスターズ
アートワークスモンスターズ
アクションフィギュア
アクションフィギュア
アニメフィギュア
アニメフィギュア
アミエグラン
アミエグラン
アメコミ
アメコミ
アメトイ(アメリカントイ)
アメトイ(アメリカントイ)
アルファオメガ
アルファオメガ
一番くじ
一番くじ
ヴァリアントプレイアーツ改(VARIANT PLAY ARTS)
ヴァリアントプレイアーツ改(VARIANT PLAY ARTS)
ヴェルテクス
ヴェルテクス
ウルトラマン
ウルトラマン
エヴァンゲリオン
エヴァンゲリオン
エンターブレイン(ENTERBRAIN)
エンターブレイン(ENTERBRAIN)
エンターベイ(ENTERBAY)
エンターベイ(ENTERBAY)
おとなプライズ
おとなプライズ
海洋堂
海洋堂
カプコン フィギュアビルダー
カプコン フィギュアビルダー
カプセルフィギュア
カプセルフィギュア
仮面ライダー
仮面ライダー
仮面之世界 マスカーワールド
仮面之世界 マスカーワールド
ガンダム
ガンダム
ガンダムガールズジェネレーション(GGG)
ガンダムガールズジェネレーション(GGG)
ギガパルス
ギガパルス
キューブリック(Kubrick)
キューブリック(Kubrick)
キューポッシュ
キューポッシュ
きゅんキャラ ちびきゅんキャラ
きゅんキャラ ちびきゅんキャラ
キン肉マン
キン肉マン
グッドスマイルカンパニー(グッスマ)
グッドスマイルカンパニー(グッスマ)
グリフォンエンタープライズ
グリフォンエンタープライズ
クローズ
クローズ
ゲームセンター
ゲームセンター
ゲームフィギュア
ゲームフィギュア
コトブキヤ(KOTOBUKIYA)
コトブキヤ(KOTOBUKIYA)
コレクト倶楽部
コレクト倶楽部
ジャンプ(JUMP)
ジャンプ(JUMP)
食玩
食玩
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険
進撃の巨人
進撃の巨人
スーパー戦隊
スーパー戦隊
スターウォーズ
スターウォーズ
スタジオ・ハーフ・アイ
スタジオ・ハーフ・アイ
スパイスシード
スパイスシード
聖闘士星矢
聖闘士星矢
セイントクロス(聖闘士聖衣大系)
セイントクロス(聖闘士聖衣大系)
セイントクロスマイス(聖闘士聖衣神話)
セイントクロスマイス(聖闘士聖衣神話)
聖闘士聖衣神話EX
聖闘士聖衣神話EX
セガラッキーくじ
セガラッキーくじ
千値練 センチネル
千値練 センチネル
ソルインターナショナル
ソルインターナショナル
タイトーくじ
タイトーくじ
魂ウェブ
魂ウェブ
超像可動
超像可動
デカッチュ ミニッチュ
デカッチュ ミニッチュ
デスクトップアーミー
デスクトップアーミー
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
刀剣乱舞
刀剣乱舞
特撮フィギュア
特撮フィギュア
ドラゴンボール
ドラゴンボール
ドラゴンボール 超造集
ドラゴンボール 超造集
ドラゴンボールカプセル(ドラカプ)
ドラゴンボールカプセル(ドラカプ)
ドラゴンボールギャルズ
ドラゴンボールギャルズ
ニューライン
ニューライン
ネクスエッジスタイル(NXEDGE STYLE)
ネクスエッジスタイル(NXEDGE STYLE)
ハイブリッドアクションフィギュア
ハイブリッドアクションフィギュア
バンダイ
バンダイ
バンプレスト
バンプレスト
フィギュア 未開封
フィギュア 未開封
フィギュアーツ(S.H.Figuarts)
フィギュアーツ(S.H.Figuarts)
フィギュアライズ
フィギュアライズ
フィギュレックス(FIGUREX)
フィギュレックス(FIGUREX)
プライズフィギュア
プライズフィギュア
フリュー
フリュー
ブリリアントステージ
ブリリアントステージ
プルクラ
プルクラ
プレイアーツ
プレイアーツ
プレイアーツ改
プレイアーツ改
ブロッコリー
ブロッコリー
ベアブリック(BE@RBRICK)
ベアブリック(BE@RBRICK)
ヘキサギア
ヘキサギア

買取項目一覧

スーパー戦隊 フィギュア高額買取

『スーパー戦隊』とは?

味方は特徴的な戦闘服を着用し、必殺武器や巨大ロボットを駆使して悪と戦うシリーズが『スーパー戦隊』です。1975年にその第一作目となる「ゴレンジャー」が始まってからは毎年のように別作品へと入れ替わっているものの「5人で一組」「それぞれが違うイメージカラーを持っている」などの共通点があります。

合体する巨大ロボット兵器に乗って戦うことも特徴的であり、いわゆる「特撮」にも分類される作品です。戦う主人公たちやその敵のフィギュア、そして巨大ロボットなど、数々のおもちゃが作られ、当時から今の子どもたちにまで夢を与え続けています。

また、単純ながらも味わい深い描写が多く、スーパー戦隊シリーズにハマってしまう大人も少なくありません。

時代を反映したスーパー戦隊

スーパー戦隊は、時代に合わせてさまざまな形に変化しているのも特徴で、変身アイテムや合体ロボット、隊員のカラーなどを探れば、当時のことを知ることもできます。

・大戦隊ゴーグルファイブ
チームメンバーは、「赤」「青」「緑」「ピンク」などの明るい色が基本とされていますが、1982年放送のゴーグルファイブでは、シリーズで始めて「黒」が採用されました。

どちらかと言えば悪のイメージがある黒ですが、1980年ころは家電製品のカラーとして黒が採用されはじめ、当時の流行色にもなっています。

・魔法戦隊マジレンジャー
スーパー戦隊シリーズの29作目、2005年に放送開始されたマジレンジャーは「魔法」がテーマとなっています。携帯電話から魔法のステッキに変形する変身アイテムや、ドラゴンのような姿をした合体ロボットが登場します。

戦隊モノにはややミスマッチとも思える「魔法」ですが、2005年といえば「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の映画が公開された、ハリーポッターブームの真っ最中です。

『スーパー戦隊』よもやま話・マメ知識

戦隊モノ初作品であるゴレンジャーには、実は「巨大ロボット」がまだ存在しません。敵が巨大化し、巨大ロボットで戦うという流れを始めて採用したのは「スパイダーマン(東映版)」です。

日本で製作された東映のスパイダーマンは、著作元であるマーベルからの評価もとても高いものであり、近年の実写映画までは間違いなく最高峰のものでした。

しかし、その作中に登場する巨大ロボット「レオパルドン」で巨大化した敵と戦うシーンについては、かなり戸惑ったようです。このレオパルドンは2006年に超合金ロボが復刻され、現在でも入手可能です。

スーパー戦隊シリーズのおもちゃに子供が飽きてしまった、など手放すタイミングがあれば、「買取コレクター」で査定してみましょう! プロの手で鑑定するので他社よりも高額での買取が望めます!
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!