プレイディア Playdiaの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
プレイディア Playdia プレイディア Playdia高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
プレイディア Playdia驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
プレイディア Playdia高額買取

高額査定の秘密はこちらの漫画で! プレイディア Playdia高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

プレイディア Playdia買取の査定の裏側を動画で大公開します!



ゲーム 注力買取品一覧

3DO
3DO
CDロムロム
CDロムロム
GENESIS ジェネシス
GENESIS ジェネシス
Hu-Card(ヒューカード)
Hu-Card(ヒューカード)
LCDゲーム
LCDゲーム
LSIゲーム
LSIゲーム
MSX
MSX
Newニンテンドー2DS LL
Newニンテンドー2DS LL
Nintendo(任天堂)3DS
Nintendo(任天堂)3DS
Nintendo(任天堂)64
Nintendo(任天堂)64
Nintendo(任天堂)DS
Nintendo(任天堂)DS
Nintendo(任天堂)DS Lite
Nintendo(任天堂)DS Lite
Nintendo(任天堂) 64DD
Nintendo(任天堂) 64DD
PC-FX
PC-FX
PCエンジン
PCエンジン
PCエンジン コアグラフィックス
PCエンジン コアグラフィックス
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
PCエンジン コアグラフィックスⅡ
PCエンジン シャトル
PCエンジン シャトル
PCエンジン スーパーグラフィックス
PCエンジン スーパーグラフィックス
PCエンジンDUO
PCエンジンDUO
PCエンジンDUO-R
PCエンジンDUO-R
PCエンジンGT
PCエンジンGT
PCエンジンLT
PCエンジンLT
PS one
PS one
PS Vita
PS Vita
PS(プレステ)
PS(プレステ)
PS2(プレステ2)
PS2(プレステ2)
PS3(プレステ3)
PS3(プレステ3)
PS4(プレステ4)
PS4(プレステ4)
PSP
PSP
PSP go
PSP go
PSX
PSX
TRPG
TRPG
TV JACK
TV JACK
Wii
Wii
Wii U
Wii U
XBOX
XBOX
XBOX 360
XBOX 360
XBOX One
XBOX One
アタリ 2600 8000
アタリ 2600 8000
アタリ リンクス Lynx
アタリ リンクス Lynx
アミーボ(amiibo)
アミーボ(amiibo)
オデッセイ(ODYSSEY)
オデッセイ(ODYSSEY)
カセットビジョン
カセットビジョン
クラブニンテンドー (クラニン)
クラブニンテンドー (クラニン)
ゲーム CD
ゲーム CD
ゲーム アジア版
ゲーム アジア版
ゲーム サントラ(サウンドトラック)
ゲーム サントラ(サウンドトラック)
ゲーム 周辺機器
ゲーム 周辺機器
ゲーム 北米版
ゲーム 北米版
ゲームウォッチ
ゲームウォッチ
ゲームギア
ゲームギア
ゲームキューブ
ゲームキューブ
ゲームボーイ
ゲームボーイ
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームボーイアドバンスSP
ゲームポケコン
ゲームポケコン
光速船
光速船
スーパーCDロムロム
スーパーCDロムロム
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ)
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
スーパーファミコン(スーファミ) カセット ソフト
セガ マスターシステム
セガ マスターシステム
セガ・マークIII
セガ・マークIII
セガサターン
セガサターン
ツインファミコン
ツインファミコン
ディスクカートリッジ
ディスクカートリッジ
テラドライブ
テラドライブ
テルスター(TELSTAR)
テルスター(TELSTAR)
ドリームキャスト
ドリームキャスト
ニンテンドー DSi(Nintendo DSi)
ニンテンドー DSi(Nintendo DSi)
ニンテンドー NEW3DS
ニンテンドー NEW3DS
ニンテンドー NEW3DS LL
ニンテンドー NEW3DS LL
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオ(NEOGEO)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオCD(NEOGEO CD)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
ネオジオポケット(NEOGEOポケット)
バーチャルボーイ
バーチャルボーイ
ピピンアットマーク
ピピンアットマーク
ぴゅう太
ぴゅう太
ファミコン
ファミコン
ファミコン カセット ソフト
ファミコン カセット ソフト
ファミコン クラシックミニ
ファミコン クラシックミニ
ファミコン ディスクシステム
ファミコン ディスクシステム
古いゲーム
古いゲーム
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
プレイステーション4 PRO (プレステ4プロ)
プレイステーションVR(プレステVR)
プレイステーションVR(プレステVR)
プレイディア Playdia
プレイディア Playdia
プレミアゲーム
プレミアゲーム
ポン(PONG)
ポン(PONG)
メガCD
メガCD
メガジェット(MEGA JET)
メガジェット(MEGA JET)
メガドライブ
メガドライブ
レーザーアクティブ
レーザーアクティブ
レトロゲーム
レトロゲーム
レトロフリーク
レトロフリーク
ワンダースワン
ワンダースワン
ワンダースワン クリスタル
ワンダースワン クリスタル
ワンダーメガ
ワンダーメガ
ワンダーメガ RG-M2
ワンダーメガ RG-M2

買取項目一覧

プレイディア Playdia買取のお取引方法を動画でご説明します!

プレイディア Playdia高額買取

「プレイディア Playdia」とは?
「プレイディア Playdia」は、バンダイから発売されたゲーム機です。プレイステーションやセガサターンの発売により、32bitゲーム機が市場の中心となる中で、8bitというファミリーコンピュータと同程度の処理速度しか持たなかったことから、市場の評価は得られませんでしたが、アニメーション映像の再生技術は高いものがありました。アドベンチャーゲームなど、映像の美しさが求められるジャンルや、声優に焦点を当てたゲームなど、当時の主流とは一線を画したゲームタイトルが中心になっていました。

また、発売元のバンダイが「プレイディア Playdia」をCD‐ROMと称していたことから、ゲームに映像作品としての価値を模索していたことがうかがえます。

「プレイディア Playdia」のシリーズとは?

「プレイディア Playdia」のソフトは、バンダイが版権を持っていたキャラクターもののゲーム、声優とのデートやメイキング映像が楽しめるエレメントボイスシリーズがあります。ハードの発売は1996年を最後に終了しますが、後期は幼児教育をテーマにしたキャラクターゲームが中心になりました。

これらのシリーズは後にPCゲームやプレイステーションに受け継がれました。「プレイディア Playdia」のコンセプトとして、アニメーションや映像を見ることをメインとしながら遊ぶというものがあり、高い映像技術が楽しめるものになっています。

「プレイディア Playdia」の歴史とは?

「プレイディア Playdia」は、1994年9月に販売されました。当時「家なき子」がヒットしていた安達祐実をCМに起用し、CGを使った印象的なものでした。コントローラーに無線を使用したことなど、新しい取り組みがなされていますが、盛んに操作をするものではなく、選択肢を選ぶためのリモコンの要素が強くなっています。

1996年までに計33タイトルが発売され、エレメントボイスシリーズや図鑑を映像化したゲーム以外は、ほぼ全てがキャラクターゲームです。あまりゲームショップで取り扱われることがなく、商業的に成功したとは言えませんでした。

「プレイディア Playdia」は、ソフトの数は少ないですが、メジャーなゲームソフトとは異なり、現在では他の方法でプレイできないソフトばかりです。

特にエレメントボイスシリーズは、当時の声優ブームの中心となった声優の方が出演しており、ぜひその映像を見てみたいという方の需要があります。発売台数が少ないことから現役で稼働する台数も少なく、現在でも高値で買取される可能性があります。当時はメインユーザーを小学生にしていましたが、その年齢層の方が30代になっていることで、懐古する楽しみという点で需要があるゲームハードです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!