ガシャポン ガチャガチャの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン ガチャガチャ ガシャポン ガチャガチャ ガン消し高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン ガチャガチャ ガン消し驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ガシャポン ガチャガチャ ガン消し高額買取

ガシャポン ガチャガチャ高額買取

「ガシャポン戦士 ガチャポン戦士」とは?


ガシャポン戦士は大手玩具メーカー、バンダイの発売している塩ビ製のミニフィギュアシリーズです。ちなみにガチャポン戦士は正式な名称ではありません。バンダイが商標を持つカプセルトイの名称がガシャポンであり、それになぞらえたネーミングになっています。主な販売はカプセル自動販売機で行われています。
商品は機動戦士ガンダムなど人気のあるロボットアニメを中心に、イラストレーター横井孝二氏がディフォルメした二頭身のロボットデザインを塩ビ製フィギュアで立体化。可愛くコミカルなその姿と、2個で100円という手頃な価格が子供たちに受け、商品形態を変えつつ息の長いシリーズになっています。

「ガシャポン ガチャガチャ」の歴史とは?

ガチャガチャの歴史は海外では20世紀初頭になります。ガムの粒を丸いカプセル型自動販売機に入れてコインで販売していたのが発祥となります。形状は未だにその頃のものを色濃く受け継いでいるのです。
日本では1970年頃に展開が開始されました。当初は10円ほどの雑玩と呼ばれるものが多く、クオリティも低かったのですが、スーパーカー消しゴムやアニメキャラクターなどが販売されるようになると、子どもたちの支持も受けるようになりました。その後バンダイが1994年から展開した彩色済みシリーズ「ガシャポンHGウルトラマン」の大ヒットで大人にも人気を博すようになり、現在に至っています。

「ガシャポン ガチャガチャ」のシリーズとは?

ガチャガチャの中でもガシャポンはバンダイの商品のみを指すため、そこに絞った説明をします。
ガシャポンという商標をバンダイが獲得したのは1985年になります。そして人気のあったSDガンダムの塩ビ製消しゴムシリーズに「ガシャポン戦士」というブランド名を付けました。その後この名称はバンダイのカプセルトイ全般に付けられるようになり、リアルなガシャポンHGシリーズ、ゲーム筐体と一体化したDATAP、メダルやピンズなど塩ビ製玩具以外にも名称が付けられています。
また烈車戦隊トッキュウジャーのカプセルトイでは、電車型の玩具を入れるために球状ではなく、筒状のカプセルを用意して「ガシャポンカン」という専用販売機も作られています。

カプセルトイのことをガチャガチャというのは、今ではスマホやブラウザゲームのキャラクターくじを「ガチャを引く」などというように、一般的に定着しています。実際にはスマホゲーム上ではデジタルデータなので、レバーをひねることも、カプセルが出てくることもないのですが、日本人の幼き日の思い出として、ガシャポンなどのカプセルトイは大きく印象に残るものになっていることが伺えます。
好きな玩具が出てくるか、それともハズレなのか、カプセルを開ける時のドキドキ感は小さな子供でも買えるちょっとした宝くじ感があるものなのでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!