ダイヤブロックの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
ダイヤブロック ダイヤブロック高額買取
ダイヤブロックWANTED

ダイヤブロック 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ダイヤブロック高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ダイヤブロック買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

大阪府 R・Sさん

買取依頼品:ダイヤブロック エヴァンゲリオン 初号機 新劇場版バージョン

宅配買取を初めて体験しました。子供が大きくなって遊ばなくなったダイヤブロック、乱暴に扱っていたので傷が多少ありましたが、すべて買い取っていただけました。買取手順の説明もとても分かりやすく、スムーズに入金まで済みました。今度は自分のものも売ろうと思います。


滋賀県 J・Kさん

買取依頼品:コムサデモード限定 ダイヤブロック 車 飛行機 ロボット

子供が使っていて今はもう遊ばなくなってしまったダイヤブロックを、箱にまとめて宅配買取しました。スタッフの方も親切に方法を教えてくれたし、まさかこんなに売れるなんて!うれしかったので、また利用します。


山梨県 H・Aさん

買取依頼品:ダイヤブロック モデルハウスシリーズ NO.3 3DKセット 他

子供が遊んでいたダイヤブロックを買取してくれると聞き、査定をお願いしました。これまでDVDやフィギュアなども買取してもらったことがありましたが、買取額は他店より高めで対応も神!!ありがとうございます。



ホビー 注力買取品一覧

買取項目一覧

ダイヤブロック買取のお取引方法を動画でご説明します!

ダイヤブロック高額買取


「ダイヤブロック」とは?

「ダイヤブロック」は日本の玩具メーカーである株式会社河田から、1960年代に発売されました。小さなブロックを組み合わせることで、様々な作品を自由に作ることができることから、発売以降子供に人気の玩具となっています。現在でもレゴと並ぶ人気のブロックとして、「ダイヤブロック」はたくさんの方に支持されています。

「ダイヤブロック」のシリーズとは?

「ダイヤブロック」の人気シリーズは子供向けのものが多く、その中でもアニメに出てきそうなロボットを組み立てることができる「ダイヤドロイド」シリーズが男の子に大人気となりました。様々なロボットを作ることができ、ブロックのみで変形ロボットを作れるということで話題にもなりました。また、「ダイヤドロイド」はゲームボーイアドバンスのゲームソフトにもなり、こちらも人気ソフトとなりました。

「ダイヤブロック」の歴史とは?

「ダイヤブロック」を制作した株式会社河田では鉛筆のキャップを製造していました。鉛筆の色に合わせて赤と黒のキャップを販売しましたが、思うようにヒットせずに在庫として残ってしまいました。このキャップに工夫をして、いくつもキャップをつなげて遊べるブロックキャップを販売したのが、「ダイヤブロック」の原型です。その後、「ダイヤブロック」は商品化され、子供に人気の玩具となっていきました。
1967年にはモーターつきモデルが登場し、風車や戦車などの可動式商品が登場。1970年代には子供のお小遣いでも買える低価格の商品も登場しました。1980年代には耳に残るCMソングとともに「みんなのまち」シリーズがヒットし、1990年代からはロボットや乗り物のシリーズが人気となりました。大人向けの商品も2005年に登場し、これまでの商品とは桁違いのパーツ数の大型セットとなりました。そして2008年には「ナノブロック」が発売となり、小さなブロックで細かな作品が作れるということで人気となりました。

「ダイヤブロック」は幅広い年齢層のファンがおり、その商品数は数え切れないほどです。大人向けの商品も多数発売されており、子供では組み立てるのが難しい細かな作品シリーズも人気を集めています。中古・買取店での取り扱いは、基本的に未開封・組立前のもの、知育・教育玩具がほとんどで、組立済みのものが売られているのは希です。またこのようなお店では古い未開封商品は高額にて取引されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!