おもちゃのカンヅメの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
おもちゃのカンヅメ おもちゃのカンヅメ高額買取
おもちゃのカンヅメWANTED

おもちゃのカンヅメ 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! おもちゃのカンヅメ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

おもちゃのカンヅメ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

東京都 K・Tさん

買取依頼品:くるくるカン 他

子供の頃にエンゼルを集めてもらったおもちゃのカンヅメ、当時はみんな欲しくてチョコボールを買っていました。初期のものは特に人気みたいで、30年前にもらった私の物もこちらの査定では高い評価でした。缶の状態や中身によって違うらしいですが、コレクターが今も多いですね。


熊本県 S・Yさん

買取依頼品:女の子缶、男の子缶

昔、銀のエンゼルを集めてもらったおもちゃのカンヅメを2個持っています。一つは開封していますが、もう一つは未開封のままです。男の子用と女の子用が分かれていた時の物で、中古品の買取で人気のあるこちらでは、未開封分をかなり高い査定にしてくれました。開けなくて良かった!


埼玉県 K・Nさん

買取依頼品:キョロ缶・ピーナッツ など

キョロちゃんが大好きで、長年おもちゃのカンヅメをせっせと集めていましたが、今回引越しをすることになり、コレクションを手放すことにしました。大切なものなので好きな人の手に渡ったらいいなとこちらに買取をお願いしました。数があったのでなかなかいい値段をつけてもらえて嬉しかったです!ありがとうございます



ホビー 注力買取品一覧

買取項目一覧

おもちゃのカンヅメ買取のお取引方法を動画でご説明します!

おもちゃのカンヅメ高額買取


「おもちゃのカンヅメ」とは?

おもちゃのカンヅメとは、森永製菓より販売されているお菓子「チョコボール」についている応募券を集めて、応募することで貰えるプレゼント商品になります。チョコボールの元のお菓子は、1963年に「SKIP」という商品が発売されています。1969年に、現在よく知られるようになったチョコボールという名前に改名されました。おもちゃのカンヅメは、1967年から始まったプレゼント企画です。チョコボールの箱についた、お菓子の取りだし口にプリントされた当たりマークを集めることで応募できます。当たり券は「金のエンゼル」と「銀のエンゼル」の二種類に分けられており、金のエンゼルの場合は1枚、銀のエンゼルの場合は5枚で応募することができます。

「おもちゃのカンヅメ」のシリーズとは?

おもちゃのカンヅメは、チョコボールの最初の景品である「まんがのカンヅメ」が1967年2月登場した2年後に、「おもちゃのカンヅメ」が作られ新しい景品として今に至っています。その後も数年ごとにカンヅメの中身は変更され、一番新しい物(2017年8月現在)では、2016年7月に「ダマされちゃうカンヅメ」が登場しています。2016年7月までに、約30種類のおもちゃのカンヅメシリーズが用意されており、現代でも子供に人気のお菓子です。

「おもちゃのカンヅメ」の歴史とは?

1967年に初めて「まんがのカンヅメ」という名前のカンヅメが登場してから、2016年までに様々な種類のカンヅメが登場しています。 今後も順次制作予定となっており、新作の登場を待たれている方も多いかと思いますが、カンヅメの内容は社員も知らないというシークレットなのが特徴です。
また、こちらのアイテムは内容がその時々により変わっていますが、パッケージにも工夫が加えられる物が多く、可愛らしい物もたくさんあります。 もし、手元に持っている方で買取査定に出す際には、できる限り未開封の状態で出しましょう。 未開封の方が、商品の価値が上がりやすくなっています。

おもちゃのカンヅメは森永製菓の商品の中でも、誰でも知っているお菓子「チョコボール」の当選プレゼント商品として用意されています。 現在まで様々なシリーズがリリースされていますが、特に未開封品や市場に出回っている数が少ない商品は査定でも高い値段が付きやすい傾向があります。 エンゼル券を当てた人は企画に応募して、その時のカンヅメ商品を手に入れてみてください。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!