テディベアの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
テディベア テディベア高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
テディベア驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
テディベア高額買取

テディベア高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

注力買取品一覧

買取項目一覧

テディベア高額買取


「テディベア」とは?

テディベアとは、基本的にはこれがテディベアと言う説明のある定義などはなく、ひとことで言うと熊のぬいぐるみ全般のことを指します。

伝統的なテディベアは、ドイツのシュタイフ社とイギリスのメリーソート社によるテディベアが有名で、丈夫で高い品質のもので、手や足、首がジョイントされそれぞれが動くことを特徴としています。

小さなお子さんからお年寄りまでが癒される抱き心地のよさと、振り回したり粗雑に取り扱っても壊れにくいことで、 100年以上経っていてもそのままの姿を残しているヴィンテージもののテディベアも存在しています。

「テディベア」の歴史とは?

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味の熊狩りに行きますが、瀕死のクマに出くわし、同行したハンターに止めの一発を撃つように言われましたが、 大統領は瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神に反すると言い、撃ち殺さずにその熊を助けました。
その一件が美談として同行していた新聞記者であったクリフォードベリーマンの挿絵とともにワシントンポスト紙に掲載され、この挿絵の熊をベリーマンベアと呼ばれたのがきっかけとされています。
その挿絵を見たお菓子屋さんが、手作りで一体のクマのぬいぐるみを作り、 セオドア・ルーズベルトのニックネームであるテディをもらってテディベアと名付けたのがテディベアの始まりとなったのです。

同じ時期に、ドイツのシュタイフ社がライプチッヒで行われたトイフェアに熊のぬいぐるみを出品し、アメリカのバイヤーの目にとまり、アメリカに輸入したことにより、アメリカでブームとなりテディベアとしてこの名前が定着しました。

「テディベア」のシリーズとは?

ドイツのシュタイフ社は、世界で初めてテディベアを作り、テディベアといえばシュタイフといわれるほど、これまでに数多くを作り出してきました。
その中には、今しか手に入らない限定品としての限られた数しか作られない貴重なテディベア、ロングセラーとして愛され続けてきた定番品、生まれたての赤ちゃんも安心して使えるベビーラインや、柔らかいふんわり手触りで優しい表情のキッズ向けのなど、限定品・定番・ベビー用・キッズ用として様々なテディベアを展開しています。

限定品のテディベアには、ドイツの職人の手作業により一体ごと丁寧に作られ、それぞれにシリアルナンバーが刻まれた証明書が付いています。
テディベアは、単なる熊のぬいぐるみの言う域を超えた古い歴史を持ち、ひとつひとつに職人の手の温もりと愛情がこもった伝統のあるぬいぐるみです。

もしもルーズベルト大統領があの時に、あの熊を射止めていたらテディベアは存在せず、本当に熊のぬいぐるみという名前だけであったでしょう。
アメリカでブームを呼び起こしてから現在に至るまで、世界中の人々に愛され続けてきたテディベアはその逸話とおりに人気を誇っているとも言えます。

これからも時代とともに表情を変え、代々受け継がれていくテディベアであることが期待できるでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!