キン消し 応募超人 募集超人の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
キン消し 応募超人 募集超人 キン消し 応募超人 募集超人高額買取
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
キン消し 応募超人 募集超人驚きの買取事例
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
キン消し 応募超人 募集超人高額買取

キン消し 応募超人 募集超人 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! キン消し 応募超人 募集超人高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

キン消し 応募超人 募集超人買取の査定の裏側を動画で大公開します!



キン消し 注力買取品一覧

買取項目一覧

キン消し 応募超人 募集超人買取のお取引方法を動画でご説明します!

キン消し 応募超人 募集超人高額買取

「キン消し応募超人募集超人」とは?


「キン消し」とは、ゆでたまご原作の漫画『キン肉マン』のアニメヒットに伴い、様々なおもちゃメーカーが作製した消しゴム人形で、主にカプセルトイとして販売されていました。消しゴムとは言っていますが、文房具としての消しゴムの機能はありません。
漫画連載中、読者から送られた応募超人も、採用されれば作者がデザインした上で作中に登場し、キン消しが作られたものも数多くあります。そういった読者参加型で楽しめる背景もあり、子供たちから爆発的な人気を博していました。
作中で募集超人が活躍する場面も多く、とても魅力的に移ります。

「キン消し応募超人募集超人」の歴史とは?

1983年からキン消しは発売され、販売個数は1987年の5年間でおよそ1億8000個にも及びました。キン消しの寸法は大体約4~5センチのもので、バンダイをはじめとする各メーカーで作られており、メーカーによって大きさもことなりました。「キン消し」は当時、正式名称ではなく子供たちからの愛称だったようです(現在はバンダイの商標となっています)。カプセルトイ以外でも食玩など、販売されていました。バンダイで作られた正規品だけでも、全418種類があります。
応募超人は、マイナーなものからメジャーなものまでさまざまで、カプセルトイの最初のパート1の中でも、すでにキン消しとして販売されていました。その後、漫画の雑誌連載が終わり、次第に姿を見かけなくなりました。そして、1998年以降は復刻版が出始めます。かつて集めていた子供たちが大人になり、再度集め始めたのです。今はキン消しは製造されていませんが、募集超人は現在の連載中の雑誌でも行われています。

「キン消し応募超人募集超人」のシリーズとは?

キン消しはいくつかのシリーズに分かれ、種類も豊富です。メーカーも初期はバンダイ以外のものもあります。レギュラーシリーズは、バンダイの正規品で、パート1~30まであり、全418種あります。1983~87年まで販売されていたものです。応募超人のキン消しもあります。後に復刻版として1部のキン消しがつくられます。また、キン肉星王位争奪編:1991~1992年にかけて製造されたもので、パート1~3までの全36種があります。他にもデカケシシリーズ、チビケシシリーズ、SDシリーズなどもあり、いずれも通常のものよりも特徴を大きくとらえてデフォルメし、かわいらしく仕上げたものです。中でもSDシリーズはパート1~7まであり、全84種類があります。ここでも読者からの募集超人がキン消しになりました。 キン消しの製造がカプセルトイで行われなくなってからは、プライズの景品(何個かずつ詰め合わせたものなど)やゲームなどの予約特典として扱われることが多くなったようです。

昔はどの家にも1つはキン消し、ありましたよね。特に兄や弟のいる家にはよく見られたのではないでしょうか。当時、子供たちが遊びにも使っていたので、当時販売されたキン消しは残っているものがかなり少ないです。手元に残っている人も、1つ1つに思い入れがあるようです。
自分が考えた応募超人が、漫画の中で動いたり、キン消しのような玩具になるというのはとても魅力的なことだったでしょう。現在も漫画の連載を再開し、キン消しの復刻版などが販売されるのは、多くの人に愛されているからです。今も募集超人が漫画の中に登場するシステムが残っているのは、キン肉マンの大切な魅力の1つです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!