野村トーイの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ 野村トーイ高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
野村トーイ高額買取

野村トーイ高額買取


「野村トーイ」とは?

野村トーイはかつて日本に存在していたおもちゃメーカーです。
1950年代に創業し、合金のロボや戦艦からぬいぐるみ、アナログゲームや着せ替え人形など多岐にわたる商品を展開し、主要玩具メーカーの一つとして存在感を放つ会社でした。
特にチクタクバンバンやブタミントンといったユニークなアナログゲームはテレビでもCMが放送され、多くの人の記憶に残っています。

1992年に業績不振からハスブロージャパンに吸収されましたが、その後ハスブロージャパンも日本から一時撤退したために直系としてその系譜は残っていません。
しかし一部の商品は他者から復刻されているものもあります。

「野村トーイ」のシリーズとは?

野村トーイのおもちゃでは有名なものはパネルを操作して、時計が動く道を作っていくアナログゲームのチクタクバンバン、豚の鼻から出る空気でハネを操作するブタミントンなどがあります。
女児向けの玩具では鳴く犬のぬいぐるみとケースが一緒になったおしゃれ大好きお出かけわんわんなどのペットぬいぐるみも有名です。

男児向けの合金玩具では宇宙戦艦ヤマトや同じ製作者によるアニメ宇宙空母ブルーノア、また映画化もされた宇宙戦士バルディオスなどで、戦艦のダイキャスト模型や変形合体するロボットのおもちゃ、またプラモデルも展開していました。

「野村トーイ」の歴史とは?

野村トーイは1950年代から日本の玩具業界では著名なメーカーでした。
ブリキ製の玩具やミニカーから始まってセルロイドのおもちゃ、そして縫いぐるみやゲームなど、時代の変化に対応した商品を次々と発売していました。

テレビスポンサー作品としては1970年代のロンパールームで一躍存在感を増しました。
キャラクターものはそれほど出してはいなかったのですが1970年代末期に宇宙戦艦ヤマトで商品化に参戦。
しかしこの辺りの合金玩具は目立ったヒットを出せずに1080年代初頭には撤退しています。
その後も話題商品はありましたが、同社の柱になるメインの商品シリーズは確立できずに、1992年に吸収されることになります。

野村トーイの社長一族はその名の通り野村家です。ハスブロージャパンに野村トーイが吸収された後は、知育、女児玩具メーカートーホーの社長として、野村トーイの社長であった野村耕一氏は迎えられました。

トーホーではアンパンマンやサンリオキャラクターのおもちゃを中心にヒットを飛ばし、安定した経営で会社を大きくしました。
2009年にはトーホーは子供用自転車メーカーオークスと合併し、新たにジョイパレットという会社でスタートしています。このように野村トーイの息吹はまだ玩具業界の中で根付いています。
なおジョイパレットの社長であった杉浦太郎氏、はキャラクター玩具の生みの親として玩具業界でよく知られる、元バンダイ会長の杉浦幸昌氏の子息です。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!