タカトクトイス(タカトク)の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトクトイス(タカトク) タカトクトイス(タカトク)高額買取
8月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
8月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトクトイス(タカトク)WANTED
8月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカトクトイス(タカトク)驚きの買取事例

高額査定の秘密はこちらの漫画で! タカトクトイス(タカトク)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

タカトクトイス(タカトク)買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

愛媛県 N・Oさん

買取依頼品:1/3000 SDF-1 マクロス他

マクロスが初期から好きで、タカトクトイスの製品も以前集めていました。今回大掃除で押入れから当時のものが見つかり、懐かしさもありましたが、既に興味が薄くなっていたため買取査定に出しました。結果、思った以上の値段をつけてもらえたのでとても満足です。


愛知県 T・Iさん

買取依頼品:ヤットデタマン タイムカーゴ

タカトクトイスから出ていた、Z合金のヤットデタマンを荷物整理をしていると見つけました。とても昔のものでしたが、保存状態が良くて比較的綺麗だと思います。そこで、こちらの買取査定をしてもらうことにしました。スタッフの方の迅速な対応と査定に、非常に満足しています。


福島県 J・Kさん

買取依頼品:アクマイザー3 ソフビ他

ちまちまと古いソフビを集めていましたが、引越しのためいくつか手放すことにしました。今回はタカトクトイス製のアクマイザー3のソフビなどを申し込みましたが、適正な価格をつけてくださって安心しました。次のコレクターの方に大切にしてもらいたいです。



メーカー別 注力買取品一覧

買取項目一覧

タカトクトイス(タカトク)買取のお取引方法を動画でご説明します!

タカトクトイス(タカトク)高額買取


「タカトクトイス(タカトク)」とは?

タカトクトイス(タカトク)は昭和50年代後半まで東京都台東区にあったおもちゃメーカーです。
キャラクター玩具の先駆けとして玩具業界でも有名だったメーカーであり、多数のキャラクター玩具を発売していました。
中でも昭和30年代前半位発売した赤胴鈴之助のポリ製の刀は日本におけるキャラクター玩具の第1号ともいわれています。

昭和57年には超時空要塞マクロスの変形バルキリーを大ヒットさせましたが、わずかその2年後である昭和59年に負債を抱えて倒産しました。
その商品や金型は多数のメーカーに受け継がれ、マクロスはバンダイから同じ金型の商品が発売されています。

「タカトクトイス(タカトク)」のシリーズとは?

タカトクトイス(タカトク)は様々なキャラクターおもちゃのシリーズを発売していました。
ウルトラマンから始まるウルトラシリーズでは戦闘機や防衛隊基地の玩具、仮面ライダーではポピーに先駆けてソフビ人形やベルトの玩具を出していました。
タイムボカンシリーズでは全作を通してメインスポンサーを務め個性的かつコミカルなメーカーたちを変形ギミックまで再現。

超時空シリーズもマクロスからオーガス、サザンクロス、J9シリーズはブライガー、バクシンガー、サスライガーと発売しました。
また電子ゲームのゲームロボット25も百万代を売る人気商品となり、21世紀になって他の玩具メーカーから復刻されています。

「タカトクトイス(タカトク)」の歴史とは?

タカトクトイス(タカトク)は創業は1917年で、戦後間もないころまではブリキやセルロイド製の玩具やままごとセットを発売していました。
昭和30年代初頭には赤胴鈴之助の刀を発売し、これがヒット商品となりキャラクター玩具を手がけていきます。
ウルトラマンや仮面ライダーといった特撮番組からガッチャマン、タイムボカンシリーズなど、バンダイグループのポピーと真正面から対決するように様々なキャラクターのおもちゃを発売していました。

しかし徐々に人気番組をポピーに独占され、人気を博した超時空要塞マクロスも次作のオーガスで失敗。スポンサー番組に恵まれずに倒産しました。
タカトクトイス(タカトク)のおもちゃで最高傑作といわれるのが超時空要塞マクロスの変形玩具、バルキリーです。
実物の戦闘機さながらのフォルムを持った飛行形態から、これまたプロポーションが優れたロボット形態へ完全変形。
変形時のパーツの差し替えもなく、強度にも優れ子どもでも取り扱いがしやすい傑作玩具です。
個性的なガウォーク形態への変形も可能で、アメリカ兵がおみやげによく買っていったという逸話も残っています。

メカデザイナー河森正治氏の出世作にもなり、河森氏はその後も様々なロボットアニメでメカニックデザイナーを務めています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!