川端企画 ミニカーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
川端企画 ミニカー 川端企画高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
川端企画驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
川端企画高額買取

川端企画 関連買取実績

ミニカー 注力買取品一覧

1/18 ミニカー
1/18 ミニカー
1/43 ミニカー
1/43 ミニカー
1/64 ミニカー
1/64 ミニカー
BBR
BBR
CMC
CMC
DyDo(ダイドー)
DyDo(ダイドー)
EXOT(エグゾト)
EXOT(エグゾト)
F1
F1
HPI
HPI
ixo(イクソ)
ixo(イクソ)
LESNEY(レズニー)
LESNEY(レズニー)
MRコレクション
MRコレクション
NZG
NZG
PMA
PMA
WELLY(ウィリー)
WELLY(ウィリー)
アーテル(ERTL)
アーテル(ERTL)
アシェット(Hachette)
アシェット(Hachette)
アマルガム(Amalgam)
アマルガム(Amalgam)
イーグルモス
イーグルモス
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
エイムス(AIMS)
エイムス(AIMS)
エブロ(EBBRO)
エブロ(EBBRO)
エムテック(MTECH)
エムテック(MTECH)
オートアート(AUTOart)
オートアート(AUTOart)
大盛屋
大盛屋
川端企画
川端企画
キャラウィール
キャラウィール
京商(KYOSHO)
京商(KYOSHO)
国産車名鑑
国産車名鑑
サクラペット
サクラペット
シュコー(Schuco)
シュコー(Schuco)
シンセイ
シンセイ
スパーク(SPARK)
スパーク(SPARK)
スロットカー
スロットカー
ダイヤペット(DIAPET)
ダイヤペット(DIAPET)
タメオキット
タメオキット
チョロQ
チョロQ
ディズニートミカ
ディズニートミカ
デコトラ
デコトラ
童友社(DOYUSHA)
童友社(DOYUSHA)
特注トミカ
特注トミカ
トミカ 黒箱
トミカ 黒箱
トミカ 青箱
トミカ 青箱
トミカ 赤箱
トミカ 赤箱
トミカ 日本製
トミカ 日本製
トミカ(tomica)
トミカ(tomica)
トミカダンディ
トミカダンディ
トミカリミテッド(TLV)
トミカリミテッド(TLV)
ノレブ(NOREV)
ノレブ(NOREV)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイストーリー(Hi-story)
ハイストーリー(Hi-story)
ビアンテ(BIANTE)
ビアンテ(BIANTE)
ビテス(VITESSE)
ビテス(VITESSE)
非売品 ミニカー
非売品 ミニカー
ビンテージトミカ
ビンテージトミカ
フェラーリ
フェラーリ
ブラーゴ(Bburago)
ブラーゴ(Bburago)
フランクリンミント
フランクリンミント
プルバックカー
プルバックカー
フロンティアート
フロンティアート
別注トミカ
別注トミカ
ホットウィール(Hot Wheels)
ホットウィール(Hot Wheels)
ポリスティル(Polistil)
ポリスティル(Polistil)
ポルシェ
ポルシェ
香港 トミカ
香港 トミカ
マイスト(MAISTO)
マイスト(MAISTO)
マジョレット(MAJORETTE)
マジョレット(MAJORETTE)
マッチボックス(MATCHBOX)
マッチボックス(MATCHBOX)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニ四駆
ミニ四駆
ミニ四駆 組立済み
ミニ四駆 組立済み
メイクアップ(MAKE UP)
メイクアップ(MAKE UP)
モデルカー
モデルカー
モデルペット(Modelpet)
モデルペット(Modelpet)
ヨネザワ
ヨネザワ
ランボルギーニ
ランボルギーニ
ルックスマート(LOOKSMART)
ルックスマート(LOOKSMART)
レイズ(RAI'S)
レイズ(RAI'S)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レーヴコレクション(Reve Collection)

買取項目一覧

川端企画 ミニカー高額買取


「川端企画ミニカー買取」とは?

ミニカーは子供のだけのおもちゃではありません。品質や繊細な作りにこだわった大人やマニアに向けたものまであります。

また、そのミニカーの種類は国産車だけに留まらず、海外の車をモデルとしたものも。
それにくわえ、普通では購入できない公用車は、ミニカーならコレクションできるのでその人気は高いです。
具体的な公用車は、パトカーや消防車、バスなど。

そのため、ミニカーはコレクターの多いジャンルと言えます。
特に、大人になってから自分の愛車や憧れの車をディスプレイする愛好者も多いです。
そのコレクターに人気があるミニカーの一つに「川端企画」があります。

「川端企画ミニカー買取」のシリーズとは?

川端企画の独自のシリーズは「J-43」シリーズです。
これは、1/43モデルのミニカーです。
「J-43」シリーズの人気はその希少価値の高さにあります。希少価値が高い理由は、その素材に秘密があります。

ミニカーと言えば、耐久性の高く、軽いプラスチック製でしょう。
一方、川端企画のミニカーは、アンチモニーという合金製です。
こちらは、日本独自の素材でアンチモニーに使用されるアンチモンという金属が特殊なため大量生産できません。
したがって、わずかな台数しか製造されないため、高価な値段で販売されるブランドです。まさに、大人のためミニカーと言えるでしょう。

「川端企画ミニカー買取」の歴史とは?

丁寧に細やかなミニカーを制作している川端企画の歴史は、1990代後半に始まりました。元ダイヤペットの開発担当だった川端昭男氏によって作られたブランドです。

最初に登場したのは、「マツダのコスモ・スポーツ」です。これは、60年代を代表する名車でした。
次に登場したのは、「ホンダのS600・クーペ」と「ホンダのS600・クーペ」です。
レトロなフォルムとその質感は味わいあります。
また、丸みあるデザインが可愛らしい「スバルの360」と「スバルの360・ヤングSS」なども作られました。
2000年以降からは、観音開きの初代クラウンなどクラウン中心に販売されました。

60年代のレトロなミニカーを販売してきた川端企画は、現在アイアイアドカンパニーに引き継がれています。
というのも、2000年代後半に生産が終了されてしまったからです。
そのため、もともと希少価値が高かった川端企画のミニカーはさらに入手困難なものになり、コレクターの中には喉から手が出るほど欲しい人もいるでしょう。

そんな、川端企画のミニカーを引っ越しや子整理しなくてはならなくなったときは、思いきって買い取りしてもらうといいですね。
そうすれば、思わぬお金が舞い込みあなたのお財布を温めてくれるかもしれません。
さらに、大切なコレクションたちも新たなコレクターに愛されるでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!