ホットウィール(Hot Wheels) ミニカーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ホットウィール(Hot Wheels) ミニカー ホットウィール(Hot Wheels)高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ホットウィール(Hot Wheels)驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ホットウィール(Hot Wheels)高額買取

ホットウィール(Hot Wheels) 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ホットウィール(Hot Wheels)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ホットウィール(Hot Wheels)買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

埼玉県 M・Mさん

買取依頼品:フェラーリ、ディアブロ、コルベットなど

ホットウィール(HotWeels)を含む、趣味部屋を丸ごと査定していただきました。下手に触ると何か壊れそうだったので査定までそのままにしていたのですが、嫌な顔一つせず爽やかに作業してもらえたので感動しました。価格も多分他で頼むより高額取引だったと思い、満足しています。


山口県 H・Nさん

買取依頼品:スピードレーサーシリーズ

大事にしていたホットウィール(HotWeels)を引き取ってもらいました。こういったお店を利用するのは初めてでしたが、事前の問合せや商品発送後の対応もとてもよくしていただけたのでユーザーを大切にしているお店だな、と思いました。次回もお願いします。


東京都 K・Aさん

買取依頼品:1/20 シェビー シルバラード など

ホットウィール(HotWeels)を買い取っていただきました!商品を送るにしてはモノが多くて手間だし、来てもらうには少ないかな…という程度の商品量だったのですが、相談すると気持ちよく引き取りに来てもらえました。価格も満足のいくもので、その場で手渡しだったので良かったです!



ミニカー 注力買取品一覧

1/18 ミニカー
1/18 ミニカー
1/43 ミニカー
1/43 ミニカー
1/64 ミニカー
1/64 ミニカー
BBR
BBR
CMC
CMC
DyDo(ダイドー)
DyDo(ダイドー)
EXOTO(エグゾト)
EXOTO(エグゾト)
F1
F1
ホットワークス(HOT WORKS)
ホットワークス(HOT WORKS)
HPI
HPI
ixo(イクソ)
ixo(イクソ)
LESNEY(レズニー)
LESNEY(レズニー)
MRコレクション
MRコレクション
NZG
NZG
PMA
PMA
WELLY(ウィリー)
WELLY(ウィリー)
アーテル(ERTL)
アーテル(ERTL)
アシェット(Hachette)
アシェット(Hachette)
アマルガム(Amalgam)
アマルガム(Amalgam)
イーグルモス
イーグルモス
インターアライド
インターアライド
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
エイムス(AIMS)
エイムス(AIMS)
エブロ(EBBRO)
エブロ(EBBRO)
エムテック(MTECH)
エムテック(MTECH)
オートアート(AUTOart)
オートアート(AUTOart)
大盛屋
大盛屋
カーズトミカ
カーズトミカ
川端企画
川端企画
キャラウィール
キャラウィール
京商(KYOSHO)
京商(KYOSHO)
グリーンライト(GREENLIGHT)
グリーンライト(GREENLIGHT)
国産車名鑑
国産車名鑑
サクラペット
サクラペット
サンスター(SunStar)
サンスター(SunStar)
シュコー(Schuco)
シュコー(Schuco)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
シンセイ
シンセイ
スパーク(SPARK)
スパーク(SPARK)
スロットカー
スロットカー
ダイヤペット(DIAPET)
ダイヤペット(DIAPET)
タメオキット
タメオキット
チョロQ
チョロQ
デイズゴーン(DAYS GONE)
デイズゴーン(DAYS GONE)
ディズニートミカ
ディズニートミカ
デコトラ
デコトラ
童友社(DOYUSHA)
童友社(DOYUSHA)
特注トミカ
特注トミカ
トミカ 黒箱
トミカ 黒箱
トミカ 青箱
トミカ 青箱
トミカ 赤箱
トミカ 赤箱
トミカ 日本製
トミカ 日本製
トミカ(tomica)
トミカ(tomica)
トミカダンディ
トミカダンディ
トミカリミテッド(TLV)
トミカリミテッド(TLV)
ドライブヘッド トミカ
ドライブヘッド トミカ
ドリームトミカ
ドリームトミカ
ノレブ(NOREV)
ノレブ(NOREV)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイストーリー(Hi-story)
ハイストーリー(Hi-story)
ビアンテ(BIANTE)
ビアンテ(BIANTE)
ビテス(VITESSE)
ビテス(VITESSE)
非売品 ミニカー
非売品 ミニカー
ビンテージトミカ
ビンテージトミカ
ファインモデル(FINE MODEL)
ファインモデル(FINE MODEL)
フェラーリ
フェラーリ
ブラーゴ(Bburago)
ブラーゴ(Bburago)
フランクリンミント
フランクリンミント
プルバックカー
プルバックカー
プレーンズトミカ
プレーンズトミカ
フロンティアート
フロンティアート
別注トミカ
別注トミカ
ポストホビー
ポストホビー
ホットウィール(Hot Wheels)
ホットウィール(Hot Wheels)
ポリスティル(Polistil)
ポリスティル(Polistil)
ポルシェ
ポルシェ
香港 トミカ
香港 トミカ
マーベルチューン
マーベルチューン
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイスト(MAISTO)
マイスト(MAISTO)
マジョレット(MAJORETTE)
マジョレット(MAJORETTE)
マッチボックス(MATCHBOX)
マッチボックス(MATCHBOX)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニ四駆
ミニ四駆
ミニ四駆 組立済み
ミニ四駆 組立済み
メイクアップ(MAKE UP)
メイクアップ(MAKE UP)
モデルカー
モデルカー
モデルペット(Modelpet)
モデルペット(Modelpet)
ヨネザワ
ヨネザワ
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ランボルギーニ
ランボルギーニ
ルックスマート(LOOKSMART)
ルックスマート(LOOKSMART)
レイズ(RAI'S)
レイズ(RAI'S)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レッドラインモデルス(Red Line Models)
レッドラインモデルス(Red Line Models)

買取項目一覧

ホットウィール(Hot Wheels)買取のお取引方法を動画でご説明します!

ホットウィール(Hot Wheels) ミニカー高額買取

「ホットウィール(Hot Wheels)」とは?


ホットウィール(Hot Wheels)とはアメリカのおもちゃメーカー、マテル社が展開するミニカーのブランドです。1968年に発売を開始して以来、1/64スケールのベーシックカーを中心に1/18スケールから1/87スケールまで、車だけでなく2輪車や飛行機など車輪のつくあらゆる乗り物を商品化してきました。それまでのミニカーは実在の車を忠実に再現する模型的要素が強いものでしたが、ホットウィールはデザイン性を重視し、見た目にかっこいい設計になっているのが特徴です。
現在では子供のおもちゃからコレクターアイテムへと発展し、子供から大人まで幅広い年齢層に親しまれています。

「ホットウィール(Hot Wheels)」のシリーズとは?

ホットウィール(Hot Wheels)の発売当初はキャンディペイントという手法の「スペクトラフレーム」シリーズを展開していました。1970年代に入ると「スペクトラフレーム」が廃止され、ボディに直接デザインを印刷する手法が用いられた「フライングカラーズ」がスタートします。
その後もタイヤの種類が変わったり、車高調節が可能になったり、あるいは走行性能がレベルアップしたシリーズは発売されたりと、技術革新の度に次々に新しいシリーズが発売されました。
現在でもベーシックカーを中心にトレジャーハントシリーズやセグメントシリーズなどミニカーとは思えないラインナップの充実度で、幅広い年代の人々を楽しませています。

「ホットウィール(Hot Wheels)」の歴史とは?

1960年代、それまでバービー人形で女の子向けおもちゃの分野では成功を収めていたマテル社が男の子向けのおもちゃとしてミニカーを企画したことが始まりです。1968年にホットウィール(Hot Wheels)の最初のシリーズとして16車種が発売されると、マテル社は多額の広告費を投じアメリカ国内のテレビCMで大掛かりな広告展開を行い、大ヒットへとつながりました。1970年代以降は数々の派生シリーズが発売され、レーシングカータイプのものや映画キャラクター車など多種多様なミニカーを生み出しています。
近年ではフェラーリとの版権契約を結んだり日本のバンダイと提携したりとユニークで先進的なデザインを昇華する一方、実車を忠実にデザインする車種も増え、ますます人気を集めています。


1968年の発売以来全世界の人々に愛され、40億台以上を製造してきたマテル社のホットウィール(Hot Wheels)。それまでのミニカーの常識を覆し、アメリカ流のスタイルを前面に押し出しかっこよさを追求したそのコンセプトで、現在でも多くのファンを抱えています。日本でもアメリカとほぼ同時期に発売を開始し、子供のおもちゃとしてだけでなく大人のコレクターをも楽しませています。
新シリーズだけでなく日本国内専用モデルを発売したり、現状に満足することなく次々と新製品を開発するその探究心によって、いつまでも人々の心を掴み続けているのかもしれません。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!