HPI ミニカーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
10月31日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
HPI ミニカー HPI高額買取
10月31日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
10月31日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
HPI驚きの買取事例
10月31日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
HPI高額買取

HPI 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! HPI高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

HPI買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

香川県 H・Fさん

買取依頼品:HPI ミラージュ 1/43 他

HPIを昔にやっていたのですが最近あまり触れない事もあり、ずっとしまいっぱなしだったので売りに出すことにしました。パーツも結構こだわっていたのですが、その辺りも考慮してもらえたようで、思ったよりも良い値段を付けてもらう事ができたのが嬉しかったです。


滋賀県 Y・Aさん

買取依頼品:1/43 マクラーレン F1 GTR など

HPIのパーツを集める事に一時はまっていて在庫が結構あったのですが、最近HPIに触れていないこともあり、整頓の意味も込めて一部を売ることにしました。あまりこういう物は普通のショップで売っても値段が付かないことが多いのですが、こちらではしっかりとした査定をしてもらう事ができました。


群馬県 H・Hさん

買取依頼品:1/43 メルセデスベンツ 他

HPIを査定していただきました。扱いには気を使っていたもので、元値も結構かかっているものだったのですが、思ったよりも良い値段で買取してもらう事ができ満足しています。郵送査定でできるという点も、手間が省けてとても使いやすかったです。また利用させてもらう予定です。



ミニカー 注力買取品一覧

1/18 ミニカー
1/18 ミニカー
1/43 ミニカー
1/43 ミニカー
1/64 ミニカー
1/64 ミニカー
BBR
BBR
CMC
CMC
DyDo(ダイドー)
DyDo(ダイドー)
EXOTO(エグゾト)
EXOTO(エグゾト)
F1
F1
ホットワークス(HOT WORKS)
ホットワークス(HOT WORKS)
HPI
HPI
ixo(イクソ)
ixo(イクソ)
LESNEY(レズニー)
LESNEY(レズニー)
MRコレクション
MRコレクション
NZG
NZG
PMA
PMA
WELLY(ウィリー)
WELLY(ウィリー)
アーテル(ERTL)
アーテル(ERTL)
アシェット(Hachette)
アシェット(Hachette)
アマルガム(Amalgam)
アマルガム(Amalgam)
イーグルモス
イーグルモス
インターアライド
インターアライド
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
エイムス(AIMS)
エイムス(AIMS)
エブロ(EBBRO)
エブロ(EBBRO)
エムテック(MTECH)
エムテック(MTECH)
オートアート(AUTOart)
オートアート(AUTOart)
大盛屋
大盛屋
カーズトミカ
カーズトミカ
川端企画
川端企画
キャラウィール
キャラウィール
京商(KYOSHO)
京商(KYOSHO)
グリーンライト(GREENLIGHT)
グリーンライト(GREENLIGHT)
国産車名鑑
国産車名鑑
サクラペット
サクラペット
サンスター(SunStar)
サンスター(SunStar)
シュコー(Schuco)
シュコー(Schuco)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
シンセイ
シンセイ
スパーク(SPARK)
スパーク(SPARK)
スロットカー
スロットカー
ダイヤペット(DIAPET)
ダイヤペット(DIAPET)
タメオキット
タメオキット
チョロQ
チョロQ
デイズゴーン(DAYS GONE)
デイズゴーン(DAYS GONE)
ディズニートミカ
ディズニートミカ
デコトラ
デコトラ
童友社(DOYUSHA)
童友社(DOYUSHA)
特注トミカ
特注トミカ
トミカ 黒箱
トミカ 黒箱
トミカ 青箱
トミカ 青箱
トミカ 赤箱
トミカ 赤箱
トミカ 日本製
トミカ 日本製
トミカ(tomica)
トミカ(tomica)
トミカダンディ
トミカダンディ
トミカリミテッド(TLV)
トミカリミテッド(TLV)
ドライブヘッド トミカ
ドライブヘッド トミカ
ドリームトミカ
ドリームトミカ
ノレブ(NOREV)
ノレブ(NOREV)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイストーリー(Hi-story)
ハイストーリー(Hi-story)
ビアンテ(BIANTE)
ビアンテ(BIANTE)
ビテス(VITESSE)
ビテス(VITESSE)
非売品 ミニカー
非売品 ミニカー
ビンテージトミカ
ビンテージトミカ
ファインモデル(FINE MODEL)
ファインモデル(FINE MODEL)
フェラーリ
フェラーリ
ブラーゴ(Bburago)
ブラーゴ(Bburago)
フランクリンミント
フランクリンミント
プルバックカー
プルバックカー
プレーンズトミカ
プレーンズトミカ
フロンティアート
フロンティアート
別注トミカ
別注トミカ
ポストホビー
ポストホビー
ホットウィール(Hot Wheels)
ホットウィール(Hot Wheels)
ポリスティル(Polistil)
ポリスティル(Polistil)
ポルシェ
ポルシェ
香港 トミカ
香港 トミカ
マーベルチューン
マーベルチューン
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイスト(MAISTO)
マイスト(MAISTO)
マジョレット(MAJORETTE)
マジョレット(MAJORETTE)
マッチボックス(MATCHBOX)
マッチボックス(MATCHBOX)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニ四駆
ミニ四駆
ミニ四駆 組立済み
ミニ四駆 組立済み
メイクアップ(MAKE UP)
メイクアップ(MAKE UP)
モデルカー
モデルカー
モデルペット(Modelpet)
モデルペット(Modelpet)
ヨネザワ
ヨネザワ
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ランボルギーニ
ランボルギーニ
ルックスマート(LOOKSMART)
ルックスマート(LOOKSMART)
レイズ(RAI'S)
レイズ(RAI'S)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レッドラインモデルス(Red Line Models)
レッドラインモデルス(Red Line Models)

買取項目一覧

HPI買取のお取引方法を動画でご説明します!

HPI ミニカー高額買取

「HPIミニカー」とは?


HPIは元々がアメリカのラジオコントロール車を発売しているメーカーです。2006年からダイキャストミニカー市場に参入し、メインは1/43スケールのダイキャストミニカーを発売していました。「ディスプレイ台から外しても楽しむ」ユーザーの嗜好を念頭に置きシャーシ裏面までディテールの再現にこだわったハイクオリティミニカーで人気を博していました。
また「市場で決定版となるダイキャストミニカー」を発売する考えのもとに、他社で決定版的な商品が発売されていれば敢えてその車種は発売しない、というユニークなコンセプトも持っていました。

「HPIミニカー」のシリーズとは?

HPIのミニカーは主にラリーカー、GTカー、ツーリングカー、スポーツカー、フォミュラカーなど元々がラジオコントロールカーを発売していただけに、レースで用いられるような車種のシリーズを展開していました。一方ファミリーカーや大衆車などは発売されておりませんでした。また大型の1/18スケールミニカー、1/6スケールのオートバイ模型が発売されています。
ラリーカーやGTカーなどはタンポ印刷で実車に施されているマーキング等を完全再現、スポーツカーなどはテカテカの質感をダイキャストという素材を活かし見事に表現していました。また変わったところではコースで走らせて楽しむスロットカーの車体も発売しています。

「HPIミニカー」の歴史とは?

HPIは最初にダイキャストミニカーを発売したのは先程述べたように2006年でした。その後も順調にレースカーやサーキットカーを中心に商品化し、そのクオリティから多くのユーザーに支持されていました。東日本大震災後には競合のミニカーメーカー「エブロ」とコラボした商品を発売するなど、市場の活性化にも積極的でした。
しかしおりからの人件費の高騰、円安の進行などの影響により、2013年末にミニカー市場からの撤退を発表しユーザーに驚きと悲しみを与えました。現在でもユーザーサポートや在庫商品の販売は行っていますが、新製品の開発は凍結されたままです。


HPIのミニカーの特徴は、実車の忠実な再現性とミニカーのサイズに落とし込んだ際のディフォルメ具合の融和が高いことで定評がありました。モデルとなる車を徹底取材し、写真をあらゆる角度から撮影、それを元に3Dモデルを作成する工程を経て「見えないところまで作る」ことを謳っていました。
組み立てがしやすいようにプラモデルのようにパーツを分割し、塗装、タンポ印刷といった工程でもミスを許さない品質維持のための工夫を行っていました。内装の再現も抜かりがなく、手に持ってじっくり鑑賞する楽しみ方にも耐えうるクオリティを誇っています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!