トミカ 赤箱 ミニカーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
9月26日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミカ 赤箱 トミカ 赤箱高額買取
9月26日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
9月26日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミカ 赤箱驚きの買取事例
9月26日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミカ 赤箱高額買取

トミカ 赤箱 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! トミカ 赤箱高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

トミカ 赤箱買取の査定の裏側を動画で大公開します!



ミニカー 注力買取品一覧

1/18 ミニカー
1/18 ミニカー
1/43 ミニカー
1/43 ミニカー
1/64 ミニカー
1/64 ミニカー
BBR
BBR
CMC
CMC
DyDo(ダイドー)
DyDo(ダイドー)
EXOTO(エグゾト)
EXOTO(エグゾト)
F1
F1
ホットワークス(HOT WORKS)
ホットワークス(HOT WORKS)
HPI
HPI
ixo(イクソ)
ixo(イクソ)
LESNEY(レズニー)
LESNEY(レズニー)
MRコレクション
MRコレクション
NZG
NZG
PMA
PMA
WELLY(ウィリー)
WELLY(ウィリー)
アーテル(ERTL)
アーテル(ERTL)
アシェット(Hachette)
アシェット(Hachette)
アマルガム(Amalgam)
アマルガム(Amalgam)
イーグルモス
イーグルモス
インターアライド
インターアライド
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
ヴィンテージ ビンテージ ミニカー
エイムス(AIMS)
エイムス(AIMS)
エブロ(EBBRO)
エブロ(EBBRO)
エムテック(MTECH)
エムテック(MTECH)
オートアート(AUTOart)
オートアート(AUTOart)
大盛屋
大盛屋
カーズトミカ
カーズトミカ
川端企画
川端企画
キャラウィール
キャラウィール
京商(KYOSHO)
京商(KYOSHO)
グリーンライト(GREENLIGHT)
グリーンライト(GREENLIGHT)
国産車名鑑
国産車名鑑
サクラペット
サクラペット
サンスター(SunStar)
サンスター(SunStar)
シュコー(Schuco)
シュコー(Schuco)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
ジョニーライトニング(JOHNNY LIGHTNING)
シンセイ
シンセイ
スパーク(SPARK)
スパーク(SPARK)
スロットカー
スロットカー
ダイヤペット(DIAPET)
ダイヤペット(DIAPET)
タメオキット
タメオキット
チョロQ
チョロQ
デイズゴーン(DAYS GONE)
デイズゴーン(DAYS GONE)
ディズニートミカ
ディズニートミカ
デコトラ
デコトラ
童友社(DOYUSHA)
童友社(DOYUSHA)
特注トミカ
特注トミカ
トミカ 黒箱
トミカ 黒箱
トミカ 青箱
トミカ 青箱
トミカ 赤箱
トミカ 赤箱
トミカ 日本製
トミカ 日本製
トミカ(tomica)
トミカ(tomica)
トミカダンディ
トミカダンディ
トミカリミテッド(TLV)
トミカリミテッド(TLV)
ドライブヘッド トミカ
ドライブヘッド トミカ
ドリームトミカ
ドリームトミカ
ノレブ(NOREV)
ノレブ(NOREV)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイウェイ61(HIGHWAY61)
ハイストーリー(Hi-story)
ハイストーリー(Hi-story)
ビアンテ(BIANTE)
ビアンテ(BIANTE)
ビテス(VITESSE)
ビテス(VITESSE)
非売品 ミニカー
非売品 ミニカー
ビンテージトミカ
ビンテージトミカ
ファインモデル(FINE MODEL)
ファインモデル(FINE MODEL)
フェラーリ
フェラーリ
ブラーゴ(Bburago)
ブラーゴ(Bburago)
フランクリンミント
フランクリンミント
プルバックカー
プルバックカー
プレーンズトミカ
プレーンズトミカ
フロンティアート
フロンティアート
別注トミカ
別注トミカ
ポストホビー
ポストホビー
ホットウィール(Hot Wheels)
ホットウィール(Hot Wheels)
ポリスティル(Polistil)
ポリスティル(Polistil)
ポルシェ
ポルシェ
香港 トミカ
香港 トミカ
マーベルチューン
マーベルチューン
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイクロチャンプス(MICROCHAMPS)
マイスト(MAISTO)
マイスト(MAISTO)
マジョレット(MAJORETTE)
マジョレット(MAJORETTE)
マッチボックス(MATCHBOX)
マッチボックス(MATCHBOX)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
豆ダッシュ(マメダッシュ)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニチャンプス(MINICHAMPS)
ミニ四駆
ミニ四駆
ミニ四駆 組立済み
ミニ四駆 組立済み
メイクアップ(MAKE UP)
メイクアップ(MAKE UP)
モデルカー
モデルカー
モデルペット(Modelpet)
モデルペット(Modelpet)
ヨネザワ
ヨネザワ
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ライオネルレーシング(LiONEL Racing)
ランボルギーニ
ランボルギーニ
ルックスマート(LOOKSMART)
ルックスマート(LOOKSMART)
レイズ(RAI'S)
レイズ(RAI'S)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レーヴコレクション(Reve Collection)
レッドラインモデルス(Red Line Models)
レッドラインモデルス(Red Line Models)

買取項目一覧

トミカ 赤箱買取のお取引方法を動画でご説明します!

トミカ 赤箱高額買取


「トミカ 赤箱 」とは?

トミカは、タカラトミーが1970年から販売している車玩具で、男女問わず子供から大人まで長年愛されてきたブランドです。その証拠に、これまで30を超える国や地域で販売されその人気を確固たるものにしてきました。
そのなかで「トミカ赤箱」といえば、もっとも馴染みのある従来品であり、現在も新商品を続々と登場させています。もともと、トミカが販売された当初は黒と黄色のデザインの箱で「黒箱」と呼ばれ、その後外国車がラインナップに加わり青と白の新たなデザインで発売されたのが「青箱」です。
コレクターやファンの間では、この呼び名は一般的でオークションで取引される場合も箱が重要になってきます。とくに、絶版品となっている種類が高値で買取されるのが一般的です。

「トミカ 赤箱 」のシリーズとは?

もともとトミカといえば黒箱の国産車シリーズが始まりとなっていて、しばらく国産車に限定したラインナップで生産されます。その後、外国車シリーズが始まると、トミカで販売されているシリーズは黒箱と青箱の2種類となり、1988年に生産台数3億の大台を突破した年に黒箱のデザインを一新した赤箱シリーズが登場。1988年には国産車と外国車の統合によって、青箱は絶版となり赤箱シリーズのみになります。
トミカといえば赤箱と呼ばれるようになったのもこのころからですが、現行品とはいってもまったくの無価値というわけではありません。実は、赤箱には日本製と中国製のものがあり、赤箱の日本製は絶版となっているので買取価格が年々上昇する傾向にあります。

「トミカ 赤箱 」の歴史とは?

トミカの始まりである黒箱は、1970年代を代表する本格派ミニカーとして大成功を収めます。その後、約6年で生産台数が1億を突破すると外国車の青箱が登場。その時点ですでに180台もの種類が販売されていましたが、1980年に赤箱が誕生すると120台までに縮小し、青箱が廃止されてからは完全に120台体制になります。
赤箱は、1994年以降中国での生産が開始され、現在日本での生産は完全に行われていません。日本製がすでに絶版となっていることからプレミアが付き買取価格は高騰し続けています。肝心の見分け方は箱に日本製と表記されているかどうかですが、裏面でもMade in Japanで確認することができます。中国製にはそういった表記はまったくありません。

トミカ赤箱は、これまで多くの国外車種をミニカーとして販売してきました。黒箱・青箱はもちろんですが、赤箱もすでに絶版となっている日本製であれば幅広いコレクターに需要があり高額で買取されるケースが多くあります。トミカシリーズは、箱も非常に重要になってくるため現物と箱がともに状態が良いほど買取金額は高くなります。
トミカ赤箱をお持ちの方で売却や処分に困っていたら、ネットの買取サービスに申し込んでみませんか?ネット買取では、365日24時間対応している無料査定や、宅配・出張買取サービスを行っています。どちらの買取サービスも店舗に行く必要がないので、トミカ赤箱をいくつも所有している方は持ち運びの手間がかからずおすすめです。トミカ赤箱を売るなら、お得で便利なネット買取をぜひご利用ください。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!