Oゲージ 鉄道模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
Oゲージ 鉄道模型 Oゲージ高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
Oゲージ驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
Oゲージ高額買取

Oゲージ 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! Oゲージ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

Oゲージ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

茨城県 Y・Sさん

買取依頼品:Oゲージ 機関車 など

Oゲージの機関車を売りに出しました。前に買って忘れていたもので、美品だったのである程度の値段で買取してもらう事ができました。入金までもスムーズに進んで、あまり時間を取られなかったので、とても使いやすかったと思います。説明も丁寧で良かったですね。


長野県 Y・Nさん

買取依頼品:カツミ Oゲージ車両 など

Oゲージの鉄道模型を売りに出しました。昔に買った物ですが、最近あまり使用していなかったこともあり、押入れから出してきました。値段は元々が割と高い物だったのもあり、思っていたよりも良い値段で買い取ってもらう事ができました。丁寧に査定をしてもらえて満足しています。


大分県 M・Uさん

買取依頼品:曲線線路、直線線路 他

Oゲージの線路などを買い取ってもらいました。初めて郵送査定を使用しましたが、郵送する以外はほとんど負担がかからなかったので、とても使いやすかったです。多少、郵送をする際の品物を保護するのに気を使いますが、やりとりも丁寧にスタッフの方が説明してくれて良かったですね。



鉄道模型 注力買取品一覧

買取項目一覧

Oゲージ買取のお取引方法を動画でご説明します!

Oゲージ 鉄道模型高額買取


Oゲージの鉄道模型の買取はお任せください!

Oゲージ(オーゲージ)は、日本で16番が普及するまでポピュラーだった、ゲージ(2本のレールの間隔)が32mm、車両サイズはおよそ1/45スケール(蒸気機関車は1/43スケール)の規格です。
国内でOゲージが主流だったのは、昭和20年代~30年代前半まででした。
昭和30年代の中旬まで、数多くのOゲージの車両を製造していたカツミ模型店が、「特急こだま号」の発売を最後にHOゲージへ移行して以降、日本ではこの仕様の製品は珍しくなっています。

しかし、現在普及しているNゲージ(1/150スケール)や16番(1/80スケール)と比較して、非常に大きなサイズを活かした、極めて精密なディテールを盛り込んだ圧倒的な存在感で、今もなお愛好家の多い鉄道模型のひとつです。
Oゲージの当時の仕様を守ったペーパークラフトの車両や、1/45スケールを踏襲しながら、日本の在来線のレールの間隔に縮尺をあわせた24mmの「OJゲージ(オージェイゲージ)」の製品が、現在も複数のメーカーからリリースされ続けています。

Oゲージの代表的な鉄道模型メーカー

【カツミ(KTM)】

NゲージやHOゲージを主流とするカツミ(KTM)は、1950年代まではOゲージの専門メーカでした。真鍮プレス加工で精密に再現された当時物の製品は、現在も多くのファンを魅了し続けています。

【クマタ(クマタ貿易)】

1/45スケールの車両を、国内の在来線にあわせた24mmの「OJゲージ」規格の鉄道模型を積極的にリリースし続けているクマタ。日本型車両を中心に、その巨大なサイズを活かした実物に近い構造と緻密なディテールを持つ製品を販売しています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!