1番ゲージ 鉄道模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
1番ゲージ 鉄道模型 1番ゲージ高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
1番ゲージ驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
1番ゲージ高額買取

1番ゲージ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



鉄道模型 注力買取品一覧

1番ゲージ
1番ゲージ
Bトレインショーティー (Bトレ)
Bトレインショーティー (Bトレ)
Gゲージ
Gゲージ
HOゲージ
HOゲージ
KATO カトー
KATO カトー
Nゲージ
Nゲージ
O.S.LOCOMOTIV
O.S.LOCOMOTIV
Oゲージ
Oゲージ
TOMIX トミックス
TOMIX トミックス
Zゲージ
Zゲージ
アサーン (Athearn)
アサーン (Athearn)
アスターホビー(ASTER HOBBY)
アスターホビー(ASTER HOBBY)
安達製作所
安達製作所
ウィスト WIST
ウィスト WIST
エンドウ
エンドウ
小川精機
小川精機
カツミ KTM
カツミ KTM
河合商会
河合商会
技巧舎
技巧舎
銀河モデル
銀河モデル
グリーンマックス GREEN MAX
グリーンマックス GREEN MAX
ザ・トラックコレクション(トラコレ)
ザ・トラックコレクション(トラコレ)
ザ・バスコレクション(バスコレ)
ザ・バスコレクション(バスコレ)
ジオコレ
ジオコレ
ジオラマ レイアウト
ジオラマ レイアウト
ストラクチャー
ストラクチャー
鉄道サボ
鉄道サボ
鉄道 部品
鉄道 部品
鉄道グッズ
鉄道グッズ
鉄道コレクション (鉄コレ)
鉄道コレクション (鉄コレ)
鉄道放出品
鉄道放出品
天賞堂
天賞堂
東京マルイ
東京マルイ
トミーテック TOMYTEC
トミーテック TOMYTEC
日本精密模型
日本精密模型
ノッホ NOCH ジオラマ用品
ノッホ NOCH ジオラマ用品
バックマン(Bachmann)
バックマン(Bachmann)
フライシュマン
フライシュマン
プラレール
プラレール
マイクロエース MICRO ACE
マイクロエース MICRO ACE
宮沢模型
宮沢模型
ムサシノモデル
ムサシノモデル
メルクリン marklin
メルクリン marklin
モーリン
モーリン
モデモ工芸 MODEMO
モデモ工芸 MODEMO
モデルバーン
モデルバーン
夢屋
夢屋
ロクハン
ロクハン
ロコ ROCO
ロコ ROCO
ワールド工芸
ワールド工芸

買取項目一覧

1番ゲージ 鉄道模型高額買取


1番ゲージの鉄道模型の買取はお任せください!

1番ゲージは、ゲージ(2本のレールの間隔)を45mm、車両サイズをおよそ1/30スケールと定めた鉄道模型の規格です。
現在日本の鉄道模型で主流となっているNゲージ(1/150)や16番(1/80)と比較すると、非常に巨大なサイズの模型です。
20世紀初頭、鉄道模型の動力の小型化が困難だった時代には、このスケールが「もっとも」小さなサイズの鉄道模型の規格だったことが、「1番(No.1)」というゲージ名の由来になっています。
やがて動力の小型化が可能になると、Oゲージなどより小さな規格が主流となりました。
しかし、1975年に日本のアスターホビー社が、イギリスの蒸気機関車「スクールズ級」の鉄道模型で、実物と同じように燃料を焚いて蒸気で走る「ライブスチーム」を実現するために1番ゲージを採用したのを契機に、ヨーロッパの代表的な鉄道模型メーカー・メルクリン社も再び参入。
実際の鉄道車両の内部構造まで再現できるその巨大なスケールの魅力が、改めて見直されました。

1番ゲージの代表的な鉄道模型メーカー

【アスターホビー】

実際の蒸気機関車とおなじように、ボイラーで燃料を炊いて作った蒸気の力で走る「ライブスチーム模型」。アスターホビーは、国鉄の蒸気機関車を代表する「D51」をはじめ、「ライブスチーム」で動く1番ゲージの蒸気機関車の模型を発売しているメーカーです。
※長期間使用していないボイラーは安全弁が固着していることがあり、同社のホームページでは中古で手に入れたユーザーへ周知するため、「中古品に関して」というページを設けて対処方法を掲載しています。

【メルクリン(marklin)】

ヨーロッパの老舗鉄道模型メーカー・メルクリン社の1番ゲージは、1969年を最後に中断していました。しかし、1978年発売のドイツP8型蒸気機関車を皮切りに、再び販売を開始しました。
日本でも人気を集めたイギリスのテレビ人形劇「きかんしゃトーマス」では、撮影用の複雑なギミックを組み込むため、同社の1番ゲージ鉄道模型が採用されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!