MTG レアの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
MTG レア レア高額買取
レアWANTED

レア 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! レア高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

レア買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

宮崎県 H・Nさん

買取依頼品:MTG レア

MTGのレアカードやアンコモンカードをたくさん持っていましたが、仕事の都合で全く遊べなくなったため、全て売却することにしました。レアカードの査定は良く、高額で買取をしてもらえる事になりました。また、まとめて買取を依頼したためか、少し割増になっていたようですので嬉しかったです。


三重県 Y・Hさん

買取依頼品:MTG レア

MTGのレアカードをコレクションするのが好きで、様々な種類を手に入れていましたが、諸事情により手放す事にしました。買取コレクターさんは、コレクションカードにはとても強いと噂を聞いていたのでお願いしました。結果、噂通り良い値で買取をしてもらえましたので、とても安心しました。


山形県 Y・Mさん

買取依頼品:MTG レア

自分のコレクションはMTGの神話レアやレアカードがメインですが、ダブリなど不要なカードも多くありますので売り払いました。宅配買取で査定に出したところ、結構良い金額となりました。自分のカードが良い査定になると、なんだか嬉しくなります。



マジックザギャザリング 注力買取品一覧

買取項目一覧

レア買取のお取引方法を動画でご説明します!

MTG レア高額買取


「MTGレア買取」とは?

MTGのカードの裏面にはそのカードの稀少度が記されており、コモン、アンコモン、レア、神話レアの順番で出やすくなっています。
コモンやアンコモンよりも出にくいカードのため、より派手で強力なカードであることが多いのが特徴です。
ただし必ずしもトーナメントにおいてカードパワーが強いカードかというとそういうわけでもなく、そのカードが性質上複雑だったり派手だったり特殊だったりするものがレアとして分類されることが多いようです。

基本的には15枚入りのブースターパック1つにつき1枚の割合でレアか神話レアのカードが封入されています。

「MTGレア買取」のシリーズとは?

MTGのカードはカード裏面のエキスパンションシンボルの色によって判別することができます。
最も出やすいカードであるコモンは黒白、次に出やすいカードであるアンコモンは銀、珍しいカードであるレアは金です。
2008年にはより希少性の高い赤茶色のエキスパンションシンボルが記された神話レアが登場しました。
エキスパンションシンボルの色によって判別できるようになった1998年以前のシリーズのカードではレアカードであっても現在のコモンと同じ黒白となっています。

伝説のクリーチャーやプレインズウォーカーのようなストーリーにおける重要人物のカードは、そのほとんどがレアか神話レアに分類されます。

「MTGレア買取」の歴史とは?

1993年にアメリカで発売された世界で最初のトレーディングカードゲームであるMTGは、発売当初はカードに稀少度を記した記載がありませんでした。
そのため、どのカードがレアであるかの判別が難しいものでしたが、1997年に発売された拡張パック「エクソダス」からカードに稀少度を示すエキスパンションシンボルが記されるようになりました。

2008年までレアはMTGのカードの中で最も稀少度の高いものでしたが、2008年に発売された「アラーラの断片」においてさらに上の分類として新たに神話レアが登場したことで、神話レアに続く2番目の稀少度のカードとなりました。

レアカードはMTGのカードの中でも比較的高値で取引されることの多いカードです。
特にエキスパンションシンボルの色で稀少度が示されるようになった1998年以前に販売されたカードは、レアカードであってもコモンと同じ黒白のエキスパンションシンボルのため初心者には判別が難しく、価格が高くなる傾向があります。

2008年に神話レアが登場するまではMTGのカードの中で最も稀少度の高いものだったため、それ以前のシリーズに封入されていたレアカードはそれ以降に登場したレアカードと比較しても高値で取引されることが多いようです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!