MTG レガシーの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
MTG レガシー レガシー高額買取
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
レガシー驚きの買取事例
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
レガシー高額買取

レガシー 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! レガシー高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

レガシー買取の査定の裏側を動画で大公開します!



マジックザギャザリング 注力買取品一覧

買取項目一覧

レガシー買取のお取引方法を動画でご説明します!

MTG レガシー高額買取


「MTGレガシー買取」とは?

レガシーとはMTGの公式大会におけるエターナルというフォーマットの中の一つで、ヴィンテージとともに過去に発売されたカードのほとんどを使用することができるフォーマットです。
レガシーやヴィンテージはスタンダードと比べて初期投資に多少コストがかかるものの、同じカードで長く遊べるという点が魅力です。
古いシリーズのカードを使えることから、古参のプレイヤーの人気が高い一方、その新規参入のハードルの高さから競技人口が少ないことが問題視されてきました。
しかし近年は比較的新しいカードを中心に構築したデッキでも互角に戦えるようになり、その競技人口が増加しつつあるフォーマットです。

「MTGレガシー買取」のシリーズとは?

レガシーのフォーマットでは過去に発売されたMTGのカードのほとんどを使用することができます。
ヴィンテージとの最大の違いは制限カードが存在せず、禁止カードのみが存在することです。
ヴィンテージでは制限つきで使用可能なパワー9を筆頭とした強力なカードが、レガシーでは軒並み禁止されています。
一部の強力すぎるカードが禁止されてはいるものの、過去のカードのほとんどすべてを使用できることからプレイヤーのそれぞれのデッキが非常に強力なものとなるので、一瞬で決着がついてしまうような高速な試合展開になることが多いフォーマットです。

「MTGレガシー買取」の歴史とは?

かつてMTGのトーナメントにおける主な公認フォーマットであるスタンダードとは別に、それまでに発売されたほとんどすべてのカードを使用できるフォーマットとしてType1とType1.5というフォーマットが存在しました。
この二つのフォーマットが2004年9月にエターナルと名称が変更され、そのフォーマットの中の一つとして新しくレガシーのフォーマットが作られることになりました。
実質Type1からの名称変更であったヴィンテージとは異なり、レガシーは使えるカードセットは同じでもあるものの独自の禁止カードリストが設定されるなど、Type1.5の名称変更と言うよりもむしろまったく新しいフォーマットとなりました。

MTGのフォーマットの中でも、過去のカードを使うことができるレガシーのようなフォーマットでの使用に耐えうるカードはとても人気が高く、その価値が急騰したり価値を留めたりすることがあります。
1997年に発売された「テンペスト」に収録されたカード「不毛の大地/Wasteland」はスタンダード時代から人気のカードでしたが、スタンダード落ちしてからもレガシーやヴィンテージのようなエターナル環境での人気が高く、アンコモンのレアリティとは思えないほどの高値で取引されています。
今後もこれらのフォーマットにおいてその有用性が再発見されるようなことがあれば、過去のシリーズのカードの価値の再評価の可能性もあるかもしれません。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!