アンプ ラジコン RCの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンプ ラジコン RC アンプ高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンプ驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンプ高額買取

アンプ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

買取項目一覧

アンプ ラジコン RC高額買取

「ラジコンアンプ」とは?


ラジコンアンプとは、ラジコンに搭載されたモーターの回転数を制御するものです。
ラジコンの受信機とモーターの間に接続されます。例えば、自動車のラジコンに搭載すると、自動車のスピードを決定づける重要な役割を担っています。内部回路は、トランジスターなどによる増幅回路にて構成されています。とくに、ブラシレスモーターなどを制御するための大電流に対応したアンプに関してはトランジスタの代わりにFETなどが採用されています。開発しているメーカーは、タミヤ、サンワ、アキュバンス、近藤科学、ヨコモなどの大手ラジコンメーカーです。

「ラジコンアンプ」のシリーズとは?

ラジコンアンプのシリーズとしては、大きく分けると、ブラシモータ用と、ブラシレスモーター用に分けることができます。ほとんどのブラシモーター用アンプには、トランジスタによる電流増幅回路が搭載されています。
ブラシレスモーターアンプは、大電流に対応するためにトランジスタの代わりにFETを採用したり、モーター破損を防ぐために、温度・過電流などに対する保護回路などが搭載されていて、ブラシモータ用アンプと比較すると高価な傾向にあります。
どちらのタイプも、低電流から高電流まで、安定した電流を供給できるように設計されています。

「ラジコンアンプ」の歴史とは?

ラジコンアンプの歴史としては、1974年には国内で戦車のラジコンが販売されましたが、この時はスピードコントロールの必要がなく、アンプは搭載されていませんでした。その後、1976年にはレーシングカーのラジコンが販売され、車速のコントロールが可能になりましたが、この時はまだスイッチング式が採用されていました。
その後、1980年代にはトランジスタ技術の革新的な進歩に伴い、アンプが登場するようになり、特製の安定化を実現し、細かい車速の制御が可能になりました。1990年代に入ると、ブラシレスモーターの登場により、FETアンプなども開発されるようになりました。


ラジコンアンプを選択する時には、容量に注意する必要があります。モーターの駆動可能な電流以上の出力を行うアンプを採用すると、モーターを破損させてしまうので注意が必要です。
また、特性を決める指標として、ターン数があります。23ターン、15ターン、10ターンなどのラインナップが一般的ですが、ターン数が少ないほど、大電流となり、高トルク・高出力を得ることが可能です。しかし、ターン数が大きいほど高速走行に向いているとも言えます。ただし、レース専用として開発されたアンプでは、23ターンなどの大きなターン数でも大電流が流れるので注意する必要があります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!