ブラシレスモーターの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブラシレスモーター ラジコン RC ブラシレスモーター高額買取
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブラシレスモーターWANTED
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブラシレスモーター驚きの買取事例

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ブラシレスモーター高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ブラシレスモーター買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

岩手県 H・Tさん

買取依頼品:OS OMH-5825-520 ブラシレスモーター ヘリ用 700~800クラス

僕はラジコンが好きで、自分でパーツを組み替え、改造して楽しんでいます。部屋にはパーツがたくさんあり、宅配買取で査定してもらいました。古いモーターを売って新しいものを買おうと思い、買取をしてもらえただけでも嬉しかったのですが、結構高い査定になり良かったです。


東京都 T・Sさん

買取依頼品:ブラシレスモーター Hacker B50-8S 6.7:1

ラジコンパーツをたくさん持っているため、口コミでも評価の高いこちらに買取をお願いしました。細々としているものなので出張買取ではなく宅配買取で依頼したのですが、査定までにそれほど時間はかからずスムーズにできました。とても利用しやすいですね。


東京都 R・Kさん

買取依頼品:Scorpion HK3-5035-410KV ブラシレス アウトランナーモーター ほか

僕はラジコンが好きで集めているのですが、事情によりすべて買取してもらうことにしました。出張買取で来てもらったのですが、ラジコン完成品だけでなく、パーツ類も買取できるとのことでびっくりしました。買取を依頼しただけですべて見てもらえたので、とても嬉しかったです。



ラジコン 注力買取品一覧

買取項目一覧

ブラシレスモーター買取のお取引方法を動画でご説明します!

ブラシレスモーター ラジコン RC高額買取

「ブラシレスモーター」とは?


そもそも、モーターは、「ブラシ」と「コミュテーター」と呼ばれる電気的接点のある部品が使用されていました。
ブラシレスモーターは、このような電位的接点のある部品が存在していません。トランジスターなどのパワー素子を利用することにより、電子回路によりドライバ回路が構成されたものです。
電気的接点がないため、部品が磨耗することがなく、メンテナンスフリーなのが最も大きな特徴です。その他にも、速度制御範囲が広いことや、薄型であること、ハイパワーであること、トルクがフラットであることなど、様々なメリットがあります。

「ブラシレスモーター」のシリーズとは?

ブラシレスモーターの種類としては、ターン数で分けることができます。最近主流のものは18ターンのものと、12ターンのものですが、18ターンのブラシレスモーターの場合は28ターンのブラシモーターに相当し、12ターンのブラシレスモーターは23ターンのブラシモータに相当しています。
ターン数が少ないほど、電力供給量を大きくすることができ、ハイパワーが実現できますが、回転開始時の突入電流が大電流となるため、大電流に耐えうる高価なモーターコントローラを使用する必要があります。
また、モーターのターン数の違いにより、低域トルク優先や、高速優先などの特性が決まります。

「ブラシレスモーター」の歴史とは?

ブラシレスモーターの登場は1965年にドイツの学者により開発されました。その後、日本の電機メーカーなどでも研究が進められ、1980年代には家電用品などにブラシレスモーターを使用することの研究が始まりました。当時は、まだ高価であったため、ラジコンなどのホビーユースには出てきていませんでした。
1990年代になると、実際の家電製品に搭載されるようになり、モーターの生産数量も多くなってきたため、コストも下がり始めました。2000年代の後半になると、ホビーユースのブラシレスモーターも出現し始め、ラジコンなどでも使用されるようになりました。


ブラシレスモーターのホビーユースは、トルクが太く、高回転までスムーズに回る特性があるため、もともとラジコン飛行機での導入から始まりました。
しかし、最近ではメンテナスフリーなことが魅力で、ラジコンカーなどでも注目されるようになってきています。また、近年のラジコンカーでのドリフトブームによりハイパワーなモーターが必要になったことも、ブラシレスモーターの普及に拍車をかかっています。
ただし、ブラシレスモーターを使用する場合は、ハイパワーに耐えうる専用のアンプを購入しなければならないなどの、コスト的欠点もあります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!