ヘリコプターの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヘリコプター ラジコン RC ヘリコプター高額買取
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヘリコプターWANTED
9月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヘリコプター驚きの買取事例

ヘリコプター 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ヘリコプター高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ヘリコプター買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

京都府 N・Hさん

買取依頼品:ALIGN 電動 ラジコン ヘリコプター T-REX450S

僕はヘリコプターのラジコンが好きで集めていました。子供が生まれたこともあり、なかなか飛ばせなくなると思ったので買取査定をお願いしました。丁寧に扱っていたので状態は良く、高く買い取ってもらえて嬉しいです。ありがとうございました。


埼玉県 H・Kさん

買取依頼品:HiSKY HCP100S ラジコンヘリコプター バッテリー付

以前子供と一緒に遊んでいたヘリコプターのラジコンを、買取査定してもらいました。中には状態が良いものが残っていたので、高く買取してもらえたのでよかったです。まだ家には子供が遊んでいたおもちゃもあるため、再度買取を利用したいと思っています。


茨城県 R・Tさん

買取依頼品:WLtoys V912 スカイダンサー SKY DANCER ラジコンヘリコプター

ヘリコプターのラジコンは父が大好きだったのですが、売りに出してほしいということもあり買取査定をお願いしました。査定をお願いしたものの中には思い入れのあるものも入っていて、良い値で買取ってもらえたことに驚いていました。私も売りたいものがあるので、再度利用させていただきます。



ラジコン 注力買取品一覧

買取項目一覧

ヘリコプター買取のお取引方法を動画でご説明します!

ヘリコプター ラジコン RC高額買取

「ラジコンヘリコプター」とは?


ラジコンヘリコプターは、電波を利用して遠隔操作する模型航空機のひとつで、ヘリコプター型のものをいいます。かつては、2サイクルグローエンジンなどの本格的なエンジンが使用されていましたが、現在はバッテリーの小型化・大容量化により、電動モーター式のものが増えています。
また、従来操縦は非常に難しく、操縦するためには、長時間の訓練が必要でしたが、現在は、加速度センサーの高性能化と低価格化が進み、自動的に安定飛行させることが可能になりました。よって、最近では子供用のおもちゃとしても販売されることが多くなりました。

「ラジコンヘリコプター」のシリーズとは?

ラジコンヘリコプターには、産業用とホビー用に別れます。
産業用では、農薬散布や災害時の調査、空撮などに使用されるもので、ホビー用では子供から気軽に楽しめるラインナップがあります。
エンジンとしては、グローエンジン、モーター、ガスタービン、ガソリンエンジン、ロータリーエンジンなどがありますが、現在は、センサーや電子回路の技術の進歩とバッテリー技術の進歩により、電動のものが多く普及しています。
最近は、4つのプロペラを搭載した「ドローン」という機種が話題になっていて、初心者でも安定した飛行を楽しむことができます。

「ラジコンヘリコプター」の歴史とは?

ラジコンヘリコプターは、1960年代から世界各地で開発がすすめられてきました。開発当初は、無線装置が充実していませんでしたが、1970年になると、トランジスタの普及に伴い無線技術も進歩し、国内でもラジコンヘリコプターが量産されるようになりました。
1970年代前半は海外製品の方が多くラインナップがありましたが、1976年になると、ヒロボー、神戸機工、TSKなどの国内メーカーのモデルも主流になり始めました。1980年に入ると、ヒロボーとヤマハ発動機の共同開発により農薬散布や空中撮影用の本格的なモデルも出現しています。


かつては、操縦が困難といわれていたラジコンヘリコプターも、現在では子供でも簡単に飛ばすことができるようになりました。
その背景には、リチウムイオン電池により、バッテリーが小型化・大容量化されたことがあり、原動機としてモーターが使用できるようになったことにあります。また、加速度センサーの小型化、高性能化により、ヘリコプターの姿勢制御がコンピューターにより自動制御が可能になったことも大きく貢献しています。更には、GPS装置を取り付けることにより、あらかじめ決められたルートを自動的に飛行するモデルも登場しています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!