ソノシート(フォノシート)の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ソノシート(フォノシート) ソノシート(フォノシート)高額買取
6月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
6月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ソノシート(フォノシート)WANTED
6月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ソノシート(フォノシート)驚きの買取事例

ソノシート(フォノシート) 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ソノシート(フォノシート)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ソノシート(フォノシート)買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

長崎県 M・Kさん

買取依頼品:ソノシート(フォノシート)ほか

昔からアニメや特撮関連のソノシートを集めていましたが、事情が出来て買い取ってもらわないといけなくなったので、宅配買い取りでお願いをしました。1枚あたりはとても薄いので箱にたくさん入り、破損するものもなかったので安心して発送することが出来ました。高く買い取ってもらえてよかったです。


福島県 K・Yさん

買取依頼品:フォノシート

フォノシートが好きで集めていたのですが、普通のリサイクルショップでは売れないかもしれないと思いここにお願いをしました。宅配買い取りでお願いをし、集荷依頼で自宅まで商品を取りに来てもらったので助かりました。査定結果はあまり傷がなかったことで高く買い取ってもらえました。


東京都 Y・Sさん

買取依頼品:ソノシート、ソフビなど

ソノシートを買い取ってもらいました。昔から集めていたので結構な枚数がありましたし、他にも古いソフビなどがあったので出張買取で自宅まで来てもらって査定してもらいました。まとめて収納していたので時間がかかることもなく、スムーズに対応してもらえたのでよかったです。また、お願いをしたいと思っています。



レトロ玩具 注力買取品一覧

買取項目一覧

ソノシート(フォノシート)買取のお取引方法を動画でご説明します!

ソノシート(フォノシート)高額買取


「ソノシート(フォノシート)」とは?

「ソノシート」はフォノシートとも呼ばれ、英語でFlexi discと言います。
「ソノシート」はフランスのS.A.I.Pというメーカーで開発されたレコード盤で、通常のレコードとは違い塩化ビニールで作られ、とても薄くて柔らかさもある仕様になっています。EPサイズ(17センチ盤)の大きさが一般的なものとなっていますが、8センチサイズの小型盤もあり、サイズ別のプレイヤーで鑑賞するものもありました。「ソノシート」が普及していた時代は、販売メーカーにより異なる商品名がついていましたが、現在では共通名称としてソノシートと呼ばれるようになっています。数百円でLPと同じくらい長時間収録をすることができましたので、安く音楽を聴きたい人に向けて作られた商品です。

「ソノシート(フォノシート)」のシリーズとは?

「ソノシート」には赤と青のシリーズがあり、雑誌の付録などでついていることが多くありました。どちらのシリーズも簡易的なものが多く、破損しやすいものであったため、残っているものは大変貴重なものと言えます。

「ソノシート(フォノシート)」の歴史とは?

「ソノシート」は1970~1980年代にかけて、付録として各学年誌にて扱われていました。この時代はCDはまだ普及しておらず、LPやEPレコードが主流でした。 日本において「ソノシート」が初めて雑誌に付属されたのは「歌う雑誌KODAMA」で、こちらは1950年代後半に登場しました。その後、ニュース記事やオリジナルの録音テープ、音楽などを収録できるということから話題になりました。 時代が進むにつれ、「ソノシート」は飽きられてしまうことにもなっていったのですが、テレビアニメや特撮などの主題歌や物語をダイジェストにしたり、読み切りマンガにして発売することで子供の人気を獲得することもできました。時代が変わるにつれてレコードが低迷していくと、「ソノシート」の需給も減少し、現在ではあまり見かけられなくなりました。 「ソノシート」が登場した当時は、安価な雑誌の付録についていたことから捨てるのは勿体無いと考え、大事なレコードと一緒に当時のまま保管していることも多いと思います。「ソノシート」を聴くことによって、当時の若い頃の記憶を鮮明に思い出すという方も多いことでしょう。 現在ではレコードを聴く機会が少なくなり、機器自体を持っているという人も減少しています。「ソノシート」は大変貴重ですので、大切に保存していたり雑誌の付録が未開封の状態であることなど、状態次第で高価な価格で買取をしてもらえる可能性があります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!