アンティーク おもちゃ 玩具の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンティーク おもちゃ 玩具 アンティーク おもちゃ 玩具高額買取
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンティーク おもちゃ 玩具驚きの買取事例
11月21日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
アンティーク おもちゃ 玩具高額買取

アンティーク おもちゃ 玩具 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! アンティーク おもちゃ 玩具高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

アンティーク おもちゃ 玩具買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

茨城県 T・Mさん

買取依頼品:ブリキのロボット複数

自宅には祖母から譲り受けたアンティークのおもちゃがありました。長年専用の箱に保管されていたため、目立つ汚れは少なかったけれど、古くて査定が受けられるのかが不安でした。

査定は出張買取を利用しました。指定した日時ピッタリに訪問したのですが、それからの作業は素早かったです。箱があり優良品だったため、高額で引き取ってもらいました。入金も早く良い取引ができました。


愛知県 K・Uさん

買取依頼品:アンティークおもちゃ(ブリキのミニカー・ロボット)

昔から趣味で集めていたアンティークのおもちゃを、引越しを機に整理するため買取を依頼しました。かなり大量にありましたが、一つひとつ丁寧に査定してもらえたので安心してお任せすることができました。買取金額も思っていたより高かったので、とても満足しています。


東京都 Y・Iさん

買取依頼品:野村トーイの電動ブリキおもちゃなど

ひょんなことで手に入ったアンティークのおもちゃを買取お願いしました。初めての買取でしたが、スタッフの方の対応が親切だったのと、査定額が思っていた以上によかったので満足しています。査定結果の連絡も、振り込みも、すぐにしてもらえたので安心できました。



レトロ玩具 注力買取品一覧

買取項目一覧

アンティーク おもちゃ 玩具買取のお取引方法を動画でご説明します!

アンティーク おもちゃ 玩具高額買取


「アンティーク おもちゃ 玩具」とは?

アンティークのおもちゃとは、骨董品的な価値のある玩具のことを指します。
コレクターが多くおり、一定の市場が確立されているものがアンティークに位置づけられます。
例えば戦後間もないころのミニカーやブリキのロボとなどは非常にコレクターも多く、アンティーク品として珍重されやすくなっています。

一方で戦前のセルロイド玩具の場合はそれほどコレクターもいないので、アンティークものとしての価値はそれほど確立されていません。
コレクターの多寡でおもちゃとしての骨董市場が形成されているか否か評価されることが多いのが現状です。

「アンティーク おもちゃ 玩具」の歴史とは?

アンティークのおもちゃとして現在珍重されているのは、戦後間もないころに製造されたブリキのミニカーやロボットが多いです。
これらの商品は日本国内で人気があったのはもちろんですが、それ以上に海外に輸出されることが多かったのです。

戦後10年ほどの期間は日本の玩具は輸出産業として、存在感を発揮している商品でした。
海外に殆どの商品が流出しているために、国内での現存数が非常に少なく、それだけに市場に残っているものは非常に高価格で取引されることも多くあります。
また古玩具を評価するTV番組や古物取引の専門店の登場も、アンティーク玩具市場の形成に一役買っています。

「アンティーク おもちゃ 玩具」のシリーズとは?

アンティークおもちゃで特に珍重されて高値で取引され安いのは、現在も存在する玩具メーカー増田屋コーポレーションが発売していたブリキのロボット、今はなき玩具メーカー野村トーイの発売していたミニカーなどになります。

またコレクターが増えるに従い、現在では昭和40年代に発売されていた商品もアンティークものとして扱われるようになってきています。
例としてはマルサン商店が発売していたウルトラ怪獣のプラモデルやソフビ人形、ポピーの超合金やジャンボマシンダーです。ものによっては市場に出回ると高値がつきやすくなっています。

アンティークのおもちゃコレクターは、昭和20年代のものを収集する人が多くいましたが、コレクターの高齢化や亡くなる人も増えてきており、ブリキの玩具に思い入れがある世代が減っていると言われています。
ブリキの玩具は今後はアンティーク玩具の中心ではなくなり、超合金やプラモデルがアンティーク玩具の中心になっていくとも言われます。

お金を持っている世代が思い入れのある商品が、一番アンティークおもちゃ市場で人気のあるジャンルになる現象が起きています。
もちろんそれまでアンティークとして扱われていたものが無価値になるわけではなく、今後も珍重されていく存在といえるでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!