大協 ソフビ人形の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
大協 ソフビ人形 大協 ソフビ人形高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
大協 ソフビ人形驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
大協 ソフビ人形高額買取

大協 ソフビ人形 関連買取実績

画像商品名買取金額カテゴリ

ソフビ 注力買取品一覧

買取項目一覧

大協 ソフビ人形高額買取

「大協ソフビ」とは?

大協のソフビとは、恐竜などを人形に形取って発売したものです。

昭和当時には怪獣カードというものが発売されていましたが、これを人形という形に再現しています。これによってよりリアルな質感を感じることができるようになりました。大協ではたくさんの恐竜のソフビを作っていましたが、中でも飛ぶ鳥系の恐竜ではソフビでも見劣りを感じさせない、ジアトリマが作られていました。

ジアトリマは、オリジナル解釈もたくさんある当時ではマニアからの評判が高いソフビとなっています。大協のソフビは、これらを生きていた恐竜シリーズとして発売しています。

「大協ソフビ」のシリーズとは?

大協のソフビにはいくつかのシリーズがあり当時から人気が高くなっています。

生きていた恐竜シリーズは、現在の子供の目で見ると決してクオリティが高いものとは言えませんが、生々しい造形やワイルドなシルエットや表情をしたアレンジが人気となっていました。
ハリウッドの恐竜映画の人気も合わさって、吊りソフビがたくさん発売されていました。
このほかに大協のソフビといえば、世界の怪獣シリーズもあります。
このメインキャラクターはザゴラという山中の怪獣となっています。とげのある背中が特徴的で、怪獣と恐竜が混在していたような当時の雰囲気が良く出ています。

「大協ソフビ」の歴史とは?

大協のソフビの中でも、生きていた恐竜シリーズは非常に歴史があります。

このシリーズは1970年代頃に、大協が相島敏男さんの監修で発売をしています。生きていた恐竜シリーズのほかに怪獣シリーズもあります。
その中でもジアトリマは有名で、千万円前に北米で生息をしていた巨大な肉食の飛ぶことができない鳥のことです。
元の図を参考に丁寧に作られており、分割は頭だけではありません。
そして現在ではこの大協の精神を復刻堂が復活させています。ザゴラやマイティやジアトリマが復刻されているので、現在でもその姿を見ることができます。

大協のソフビは、当時としてはあまりなかった怪獣や恐竜にスポットを当てています。

その中で生きていた恐竜と怪獣シリーズがありますが、ここではケトラザウルスやエダフォザウルスがあります。
このほかにはイグアナドンと呼ばれる隕石で飛来した化石が組成した怪獣として登場しています。このほかにステゴザウルスもいます。
これは剣竜として遊星鳥人編の最終エピソードとして、角竜と一緒に登場しています。
大協のソフビは、生命感のある力強い造形と、おもちゃという要素が入った恐竜独自のソフビを展開して当時は多くの子供達に人気がありました。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!