タカラ プロ野球カードゲームの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ プロ野球カードゲーム タカラ プロ野球カードゲーム高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ プロ野球カードゲーム驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
タカラ プロ野球カードゲーム高額買取

タカラ プロ野球カードゲーム 関連買取実績

スポーツカード 注力買取品一覧

買取項目一覧

タカラ プロ野球カードゲーム高額買取

「タカラ プロ野球カードゲーム」とは?


タカラプロ野球カードゲームは、サイコロを二つ振って楽しむ野球カードゲームです。
守備時に振ったサイコロの目によってカード裏面に記載されたデータに従って、ストライクやボールとなります。打撃時もサイコロの目によって、ヒット、アウト、ホームランなど多様な結果を楽しめます。

本格的や野球戦術も再現でき、送りバントやヒットエンドラン、盗塁などは、事前に相手に宣告して、サイコロの目によって成否が決まります。
各12球団30名分のカードがあり、裏面に記載されているデータは前年度成績に基づいています。
新人の場合は、予測測定値で各能力の項目が決まっています。

「タカラ プロ野球カードゲーム」の歴史とは?

タカラプロ野球カードゲームは、玩具メーカーのタカラが1978年から1998年まで21年間に渡って販売した野球カードゲームです。
前身は同じタカラが販売していたプロ野球ゲームで、1994年より「カード」という言葉が加わって、プロ野球カードゲームとなりました。

各プロ野球の12球団ごとに毎年30名の選手がカードになっています。前年の個人成績がデータしとしてカードに反映され、攻撃面での能力の差別化が図られています。
1980年代には投手データや守備データも反映されるようになり、ゲームの幅も一層広がりました。

「タカラ プロ野球カードゲーム」のシリーズとは?

プロ野球カードゲームタカラは、毎年12球団30名の選手がワンセットになって販売されています。
選手の成績が毎年変わるので、シリーズによって同じ球団カードでも異なった選手や能力になっています。
また今では懐かしい太洋ホエールズや近鉄バッファローズ、ダイエーホークスなど、その時代を飾った往年の名選手がカードに再現されているため、シリーズごとにオークションでは常に人気の商品になっています。

コレクターの中には、好きな球団のカードを毎年更新して購入し、全シリーズを所有している人もおり、既にした選手たちの貴重な資料ともなっています。


タカラプロ野球カードゲームは、野球全盛時代に緻密な作戦やスター選手を自分で使えることが人気となり、1980年代から1990年代にかけて男子の間で大流行しました。
サイコロの目によって試合を進行できますが、既存のデータだけでなく、オリジナルの能力を加えて、自分たちのルールを決めて遊ぶ子供たちも少なくありませんでした。

今では、既に販売中止になっているために既存するプロ野球カードゲームはすべて貴重なコレクションとなっています。
名選手の若かりし頃の写真や、名監督の現役時代のデータなど、大人たちも懐かしさを感じながら楽しむことができる玩具と言えるでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!