カルビー Jリーグカードの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
12月19日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カルビー Jリーグカード カルビー Jリーグカード高額買取
12月19日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
12月19日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カルビー Jリーグカード驚きの買取事例
12月19日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カルビー Jリーグカード高額買取

カルビー Jリーグカード 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! カルビー Jリーグカード高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

カルビー Jリーグカード買取の査定の裏側を動画で大公開します!



スポーツカード 注力買取品一覧

買取項目一覧

カルビー Jリーグカード買取のお取引方法を動画でご説明します!

カルビー Jリーグカード高額買取


「カルビー Jリーグカード 」とは?

カルビー Jリーグカードとは、カルビーが製造するJリーグチップスにおまけとして付属しているカードです。カードにはユニフォーム姿の選手の写真があり、裏面にはその選手のプロフィール情報が書かれています。
Jリーグカードの1番目のカードは当時横浜マリノスに所属していた野田知選手で、1992年と1993年は通し番号で合計394番まで発行されました。カードには選手の写真が入った通常のカードのほか、当たりカードとしてJリーグロゴやサッカーキングの絵が入ったカードがあるほか、各チームのクラブマスコットや選手たちの集合写真が描かれたチームカードがあります。当たりカードやチームカードはレアカードとして比較的高値で買取されています。

「カルビー Jリーグカード 」のシリーズとは?

カルビーJリーグカードにはJリーグの選手たちを扱ったJリーグカードのほかに、日本サッカーリーグ時代のJSLカードと2002年以降に発売されている日本代表カードの3種類があります。
JSLカードは1987年から1991年にかけて「日本サッカーリーグチップス」の付属のカードとして販売され、1987年版には岡田武史や松木安太郎、柱谷幸一などのカードがあり、1991年版には三浦知良、福田正博、中山雅史などのカードがありました。
2002年からは日本代表選手を扱った「サッカー日本代表チームチップス」が発売され、冬から春には日本代表チップスが、夏から秋にはJリーグチップスが発売されています。
カードの中でもJSLカードやJリーグ開幕当初のカードは希少価値が高いため、買取市場でも多く流通しています。

「カルビー Jリーグカード 」の歴史とは?

Jリーグカードは1992年にカルビーからJリーグチップスの付属として発売されました。しかしJリーグの人気が下火になるにつれて売り上げが伸び悩むようになり、1997年に一度生産が終了、その後1998年に再生産されるも、また生産終了となりました。
2002年には再び全国発売が開始され、同時に日本代表チップスも全国発売されるようになりましたが、2010年にカード制作費の高騰と人気低迷によってJリーグカードは三度目の生産中止。2011年にオンラインカードゲームの「FOOTBALL ALLSTAR'S」と提携することで販売が再開されました。
このようにJリーグカードはあまり人気のあるカードとは言えないため、中古の買取相場もそれほど高くありません。しかし当時の未開封カードなどは比較的高値で買取されています。

カルビーのJリーグカードや日本代表カード自体はそれほど価値の高いカードは少ないものの、その前身に当たるJSLカードの多くはプレミア価格で取引されています。特に1988年に発売されたJSLカードの1番目の奥寺康彦や9番目のラモス、1990年版の122番ロペスなどはかなりの高値で買取されています。
Jリーグカードや日本代表カードは1枚だけで売るのではなくそのシーズンを通したコンプリートセットにすると価値が上がります。とりわけJリーグ開幕初期の1992年から1995年頃が人気が高く、中古市場でも多く取引されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!