ヨネザワ(米澤玩具) ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
ヨネザワ(米澤玩具) ブリキのおもちゃ ヨネザワ高額買取
ヨネザワWANTED

ヨネザワ 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ヨネザワ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ヨネザワ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

徳島県 T・Sさん

買取依頼品:ヨネザワ ブリキ

ヨネザワの車を中心にコレクションにしていました。しかし、お金が必要な事情ができたので買取を依頼し、結構な数のブリキを買取ってもらいました。破損することが怖かったので丁寧に梱包し送りましたが、問題なく査定してもらえました。評価も上々で大満足。ありがとうございました。


東京都 T・Mさん

買取依頼品:米澤玩具 ブリキ

僕は昔から米澤玩具をはじめとするブリキが大好きで、たくさん集めていました。しかし今回買取をお願いしないといけなくなったので、出張買取をしてくれるこちらに依頼をしました。てきぱきと作業してくれましたし、買取額も良く、また、売りたいものが出てきたら再度利用します。


広島県 H・Aさん

買取依頼品:ヨネザワ ブリキ

ヨネザワのブリキが大好きだったのですが、収納場所が少なくなってきたのでお気に入りだけ残して買取してもらいました。大切にしていたものなので高く買い取ってもらえてうれしかったです。査定の結果を伝えると嫁も売りたいものがあると言っているのでまた利用します。



ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

ヨネザワ買取のお取引方法を動画でご説明します!

ヨネザワ(米澤玩具) ブリキのおもちゃ高額買取


ヨネザワ(米澤玩具)のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

ヨネザワ(米澤玩具)は、1950年代~60年代、日本の戦後復興の一翼を、ブリキのおもちゃ(ティン・トイ)の輸出が担っていた時代を代表する玩具メーカーのひとつです。

古くからバスや消防車など「働く車」のブリキ自動車を手掛けていたほか、電動ブリキ玩具の数々や、エイトマン・鉄腕アトム・鉄人28号・仮面ライダーなど、テレビ・漫画の人気キャラクターたちのブリキ玩具も制作していました。

ヨネザワ(米澤玩具)の当時物のおもちゃに付いている商標には2パターンありますが、どちらも桜の花びらをかたどったシンボルの上に、社名の頭文字「Y」が書かれた特徴のあるマークが印刷されています(Yonezawa ganguなど、ローマ字表記の場合もあり)。

ヨネザワ(米澤玩具)製の代表的なおもちゃたち

【1950~60年代の電動ブリキ玩具】

電動ブリキロボットの代表作・スモーキングロボット(SMOKING ROBOT)やアトミックロボット(MR ATOMIC)、カートリッジの型を入れ替えで9種類の絵をクレヨンで描くティデベア(TEDDY the ARTIST)、鼻の先からシャボン玉を吹き出すサーカスの象(Jumbo The Babble Blowing Elephant)など、今日でも人気の高い電動ブリキ玩具の数々を生み出しています。

【ダイヤペット(ミニカー)】

アサヒ玩具の「モデルペット」と並び、国産ミニカーの草分けとなった大盛屋の「ミクロペット」から金型を引き継ぎスタートした、米澤玩具のミニカー、「ダイヤペット」シリーズ。第一号モデルは、1965年に発売された「プリンス・グロリアDX」でした。

当時ミニチュアカーの主流だった1/43スケールより、少し大きな1/40を基準とし、現在のミニカーに通じる働く車を含んだ国産モデルを中心に展開。1971年からは、1/30スケールのオートバイシリーズも発売されました。

現在、「ダイヤペット」シリーズは、現存する日本最古のミニチュアカーシリーズとして、玩具メーカーのアガツマ社が引き継いでいます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!