ヨネザワ(米澤玩具) ブリキ玩具の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨネザワ(米澤玩具) ブリキのおもちゃ ヨネザワ(米澤玩具)高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨネザワ(米澤玩具)驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨネザワ(米澤玩具)高額買取

ヨネザワ(米澤玩具) 関連買取実績

ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

ヨネザワ(米澤玩具) ブリキのおもちゃ高額買取


ヨネザワ(米澤玩具)のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

ヨネザワ(米澤玩具)は、1950年代~60年代、日本の戦後復興の一翼を、ブリキのおもちゃ(ティン・トイ)の輸出が担っていた時代を代表する玩具メーカーのひとつです。

古くからバスや消防車など「働く車」のブリキ自動車を手掛けていたほか、電動ブリキ玩具の数々や、エイトマン・鉄腕アトム・鉄人28号・仮面ライダーなど、テレビ・漫画の人気キャラクターたちのブリキ玩具も制作していました。

ヨネザワ(米澤玩具)の当時物のおもちゃに付いている商標には2パターンありますが、どちらも桜の花びらをかたどったシンボルの上に、社名の頭文字「Y」が書かれた特徴のあるマークが印刷されています(Yonezawa ganguなど、ローマ字表記の場合もあり)。

ヨネザワ(米澤玩具)製の代表的なおもちゃたち

【1950~60年代の電動ブリキ玩具】

電動ブリキロボットの代表作・スモーキングロボット(SMOKING ROBOT)やアトミックロボット(MR ATOMIC)、カートリッジの型を入れ替えで9種類の絵をクレヨンで描くティデベア(TEDDY the ARTIST)、鼻の先からシャボン玉を吹き出すサーカスの象(Jumbo The Babble Blowing Elephant)など、今日でも人気の高い電動ブリキ玩具の数々を生み出しています。

【ダイヤペット(ミニカー)】

アサヒ玩具の「モデルペット」と並び、国産ミニカーの草分けとなった大盛屋の「ミクロペット」から金型を引き継ぎスタートした、米澤玩具のミニカー、「ダイヤペット」シリーズ。第一号モデルは、1965年に発売された「プリンス・グロリアDX」でした。

当時ミニチュアカーの主流だった1/43スケールより、少し大きな1/40を基準とし、現在のミニカーに通じる働く車を含んだ国産モデルを中心に展開。1971年からは、1/30スケールのオートバイシリーズも発売されました。

現在、「ダイヤペット」シリーズは、現存する日本最古のミニチュアカーシリーズとして、玩具メーカーのアガツマ社が引き継いでいます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!